中央大学剣友会

中央大学剣友会
 

創部100周年について

中央大学剣友会会長  古関 実

fig_img_koseki.jpg

先輩各位におかれましては ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。
またいつもご多忙の中、中央大学剣道部及び剣友会の活動にご理解ご支援頂き、誠に有難うございます。
 さてこの度、中央大学剣道部は平成20年に創部100周年を迎えることになります。
中央大学剣道部は、優秀な人材の輩出・輝かしい戦績など、この一世紀の間 大学剣道界発展の一翼を担ってきた事は、自他共に認めるところであります。
 記念行事の内容については、4年後の事であり具体的にはまだ決まっていませんが、中大らしさを前面に出し、この100周年を有意義に且つ盛大に盛り上がる記念行事を行いたく「100周年記念準備委員会」を設置いたしました。すでに「100周年記念準備委員会」では各分科会を設け活動に入っているように聞いていますが、まず第1段階として、ホームページ「初心」を立ち上げてもらうことになりました。常に最新の剣道部及び剣友会の活動状況をお知らせ致しますが、先輩各位の情報交換・交流の場として活用頂ければ幸いです。
100周年記念を素晴らしいものとするため皆様に、ご協力・ご支援いただくことが多々あろうかと思いますが宜しくお願い申し上げます。
なお最後になりましたが、無事に100周年を祝うことができますのは、ひとえに、有形無形にて我々を支えてくださった、数多くの先輩方の努力の賜物と存じます。今までのご支援に心からお礼を申し上げると共に引き続き剣道部に応援をいただきたく宜しくお願い申し上げます。

(2004年2月吉日)


創部100周年記念準備委員会発足について

  

 日頃より中央大学剣道部及び剣友会に多大なご支援・ご協力を賜り感謝申し上げます。
 さて我が中央大学剣道部は平成20年に100周年を迎えます。これまで数多くの有名選手を輩出し、全日本優勝も7回と最多回数を誇る剣道部としましては、下記日程で盛大な記念行事を計画しております。
 準備委員会も若手を中心に構成され、準備に入りましたことをご報告させて頂くとともに、皆様方からも、良いお知恵をお借りできればと存じます。
 記念誌の記事、寄付金等は別途ご連絡させて頂きますので、今後とも何卒宜しくお願い申し上げます。

準備委員会委員長 上西昌男(昭和45年卒)