名簿 誤記載の訂正とお詫び

先輩各位

剣友会会費をご入金いただいた先輩に順次、名簿を手渡しあるいは郵送をしておりますが、P58の中央大学剣友会役員、相談役に間違いがありました。以下が正しい内容となります。

<相談役>
宮本照夫先輩(34卒)
臼井日出男先輩(36卒)
弘友和夫先輩(42卒)
眞島和已先輩(部長)(55卒) 以上4名

昨年10月末までに会費をご入金いただいた先輩には、全員、発送いたしましたが、現在は名簿の発送を停止しております。今後は訂正シール貼付の上、発送いたします。

先輩方には大変失礼をいたしました。今後、このような間違いがないようにいたしますので、なにとぞご容赦いただきたくよろしくお願いいたします。

※すでに名簿をお持ちで、訂正シールをご希望の先輩には郵送いたしますので、コメント欄等をご利用の上、ご連絡ください。

あっという間に時間が過ぎて、恒例のエールの時間。
司会者から、エールの学生が1年生で、これが初舞台だと紹介されました。えっ、いちねんせい?! この300人会場での祝勝会がデビュー戦?! えー ぴよぴよのエールって・・・ちょっと上原先輩(H16卒)、大丈夫なの?!

上原 : 大丈夫です。

そこに高野先輩(H22卒)。高校の後輩なんですと嬉しそうに、動画撮影の準備をしています。しかし、ぴよぴよだよ?! ちょっと上原先輩、本当に大丈夫なの?! 失敗できないのよ!!

上原 : 大丈夫です。

そして不安気なタカツキの声をかき消すかのように、エールが始まりました。

あ! 上原&高野先輩の気合が入り過ぎている掛け声から始まりますので(まったく、ビックリするじゃないの)
20190214.jpg

オフィスと通勤電車内での閲覧には十分にご注意ください。

YouTubeで直接見る場合はこちらをクリック(8分15秒)

無事終了。本当だ。間違えなかったし、「ぴよぴよ」じゃなかった。
嬉しそうなこのふたり。
201902141.jpg

そりゃ ここで失敗したらタカツキに叱られるから 大役を任せた1年生が無事に終えてくれたら、嬉しいよね。

なお動画を撮影していたのでこの時の先輩方の写真はないのですが
201902142.jpg

上のように画面を切り取って、何枚かご紹介しようと思います。

続 あぁ愉快なり

続といっても
2月2日の優勝祝勝会で「あぁ愉快なり」はなかったのですが(愉快ではあったけど、踊らなかったということ。分かるかな)、嬉しいことが続いているので「あぁ愉快なり」。

某日、この写真が送られてきました。
20190209oita.jpg
このメンバーは・・・大分?

大当たり! お分かりでしょうか。
岩田先輩、監督の他に、神田、武知、一丸兄弟、繁松、横山といった大分のOBに、白石、健太の長崎南山組。まだ優勝祝勝会が続いているような写真です。まだしばらくは、監督の行くところは「あぁ愉快なり」状態なのかもしれません。

そして、我々にとっての吉報が、まだ、あります。

春の選抜(甲子園じゃない方。春日井の)に
上記白石先輩(H5卒)率いる長崎南山高校が16年ぶり6回目の出場
20190209shiraishi.jpg
2月2日の祝勝会にて、左から
飯蓋先輩(H21卒)、白石先輩、山本先輩(H20卒)

そしてそして、鷲谷先輩(H16卒)率いる明桜高校(秋田)が初出場! ワシヤ! やったね!

ワシヤって? ほら。昨年12月の式典にやってきた、H16卒三人組の
20190209H16.jpg
名簿の住所が違ってますって、まぁ! 秋田で何度も会ってるのに今になって(怒) ・・・いや、そんな小さなコトはもう言うまい。そんなことより、明桜高校のホームページに選抜初出場が大きく紹介されています。

明桜高校剣道部、選抜初出場の記事はこちら

ナンコーに勝つ日が来るなんてねぇ・・・(涙) 良かったね。 きっと あの日、剣友会会費を払って運が回ってきたんだよ 今までの努力が実を結んだね! 魁星旗も楽しみです!
※あの日預かった二人分の会費は、責任をもって剣友会に振り込みました。

もうひとつ、ワタクシにも嬉しいことが。弘友先輩から「衆参議員剣友会の歩み」という資料をいただきました。
201902091.jpg
祝勝会でお会いした際に、政治に進まれた先輩のことを教えていただきたいとお願いしてありました。

剣道部のOBが岡山県の知事を務めたことを、もう知らないOBの方が多いかもしれません。
20190209kato.jpg
歴史に埋もれさせてはいけないと思うのです。

中村先輩(44卒)にいただいた伝説の部誌「換気扇」と共に、大切に、読み込むことにします。お忙しいところコピーしていただきありがとうございました。

祝勝会の写真をこの後でUPします。

この季節になると、どうしても書きたくなります。
高木先生は平成12年(2000年)2月10日にご逝去
中倉師範はその前日、2月9日にご逝去
すでに、お二人を知らない先輩、学生も多いのですが。

2月10日の命日に、高木先生のお墓参りに行きました。
20190210takagi.jpg

予想通りたくさんのお花が供えられ、写真の通り、たった今、どなたかが水をまかれた気配があり、お線香もまだ残っていました。一週間くらい前から(2月2日の前後から)、高木先生は大忙しだったでしょうね。剣道部のOBが次から次へとやってきて。

ちなみに置いてあった八海山は・・・B歳先輩?
  ↓
後日確認、別の方でした。

先日、上原助監督より、紐の長さを調整したと連絡がありました。
20190113takagi1.jpg

・・・よし、命日に間に合ったなと、心の中でつぶやきましたよ。
実は式典の日は命日をスッカリ忘れており、後日、しまった、あの日、お墓参りに行けばよかったと後悔したのですが

20170209takagi.jpg

遠方から上京してくれた後輩が翌日に行ってくれたと聞いて、嬉しくなりました。

二年前の記事を見つけてくれたのでしょうか。

ただ、お二人とも、会場に、いらっしゃっていたような気も・・・します。

祝勝会開催にあたり、多くの先輩方が尽力されました。当日は学生もいろいろとお手伝いをしてくれました。

13時開始の1時間前、12時にJR市ヶ谷駅の改札を出たら、もう、学生がいました。
20190206.jpg

信号を渡ったところ、地下鉄の出口にも学生がいました。
201902061.jpg

徒歩2分で会場の入り口に到着。
初めて市ヶ谷駅に降り立った方も、無事に到着できたはず。
201902062.jpg

ねーねー、手に持ってるもの、見せて~
201902063.jpg

わ~もうここで笑顔になるなぁ~泣きだすOBだっているかもよ~

おや? 大会名のところに「学生」が2つあるけど・・・まぁいいでしょう。今日は何も言いませんよ。

涙と笑いをこらえて3階に進むと、受付で先輩と学生が出迎えてくれました。
201902064.jpg

2008年の式典も、こんな雰囲気でしたね。
201902066.jpg

下の写真、手前の机の上には、24年ぶりの全国制覇を伝える「中大スポーツ」が置いてあります。当日の参加者に配布されました。
201902065.jpg

著作権がありますので紙面の雰囲気だけをお伝えしますが
20190206cyusupo.jpg

選手アンケート「6.好きな女優は?」に注目しました。
20190206cyusupo1.jpg
9名中2名が有村架純。参考まで。


2008年のあの日、ずっと走っていた細川先輩(H3卒)は、今回も健在。
201902067.jpg

式典が始まっても、外で待機してくださっていました。
201902069.jpg

こちら会場の中。
えっと、キミたちは樽酒担当かな? いつものことですが1年と2年はアルコール禁止でした(年齢ではなく学年です。これからもご協力お願いします)。
201902068.jpg
手に持っている升には「祝 優勝 第66回全日本学生剣道優勝大会 中央大学剣道部」と書かれており、希望される方にお持ち帰りいただきました。

ほら、ここにも・・・
2019020610.jpg
法政の仲田助監督が、升をお持ちです。お忙しいところありがとうございました。これからもよきライバルとしてお付き合いください。

今回の司会は丹羽先輩(H19卒・左)。津村先生のお通夜以来の再会でした。
2019020611.jpg

ご紹介が遅れましたが、昨年12月の創部125周年式典の司会は中井先輩(H11卒)。
2019020612.jpg
みんながビールを注ぎに来るけど飲んでる時間なんかなくて、そのまま置かれていました。

なおこれ以降、女子の先輩が司会をする際にビールを注ぎに行くのは禁止です! 先輩にすすめられたら断れないんだから! 業務優先として会のスムーズな進行にご協力ください。なお勝手に手酌で飲む分には自己責任の範疇なので何も言いません。

リハーサルの時間はほとんどなかったと思いますが、二人ともお上手でした。ありがとうございました。

式典が終わっても、仕事は続きます。会場にきれいに展示してあった各種優勝カップ、これから寮に持ち帰るようです(どうやって?車だったのかな?)。
2019020613.jpg
これは大役だ。ひとつとして、紛失するでないぞ。破損するでないぞ。二次会とか行けないもんね。

全員を紹介できずに申し訳ありませんが、準備と片付けに携わってくださった先輩と学生のお蔭で無事にこの祝勝会を終えることができました。本当にありがとうございました。

・・・また来年、よろしくね。

祝勝会 ご来賓の挨拶

この日、多くのご来賓にご臨席の栄をたまわりました。
中央大学、他体育会運動部の監督や先輩方、関東学生剣道連盟から他大学の先輩、田島剣友会、故津村耕作先生の奥さまなど、50名強。
201902024.jpg

ご挨拶として、祝賀会にふさわしい素晴らしいお言葉をいただきました。

関東学生剣道連盟の佐藤成明会長(昭和36年東京教育大学卒)
201902021.jpg
ご挨拶の中で、関東学連のゆかりの中大OBとして故川原大三郎先輩、故須郷智先輩(二代目監督)、故白和三郎先輩のお名前を挙げていただき、大変光栄なことと、背筋が伸びました。

※三名はお言葉の通りの順番に記載しました。
※故川原先輩(昭和15年卒)については最新の「斌徳」6号にて林先輩(40卒)が偲ばれていますのでご一読ください。
※故白和先輩(昭和29年卒)は第一回全日本学生剣道優勝大会で中大が優勝した時の大将、2-2で大将戦となり勝利。「白和のメン」は後世の語り草となった。昭和62年12月16日稽古中に倒れ、享年56歳(「斌徳」4号より抜粋)。

中央大学の理事長、大村雅彦様
20190202rijicyo.jpg
中大の剣道部といえば津村先生を思い出します、という大村理事長(ゴルフ部部長)は、故津村先生にゴルフの初歩的なことを教えていただいたというエピソードを語っていただきました。またゴルフも「紳士のスポーツ」と評されること等からゴルフと剣道の共通点を感じられているそうです。

中央大学の総長、酒井正三郎様
20190202socyo.jpg
直近の10年間で準優勝が3回、第三位が2回という実績のその先に優勝があり、創部125年の記念式典の年であったことはまさに雌伏雄飛(※)、この時を待ってと思わせるものがあるという、お言葉をいただきました。

(※)雌伏雄飛
活躍の機会をうかがいながら、やがては大いに活躍すること。

中央大学の学長、学友会の会長、福原紀彦様
20190202gakucyo.jpg
故津村耕作先生が海外留学の際に一年だけ剣道部の部長をしたこと、試合では故高木友之助先生と故橋本龍太郎先生(元内閣総理大臣、慶応OB)の間に挟まれて若い自分が応援する時に、中大剣道部の伝統を感じたことをお話しいただきました。

・・・実は剣道部の部長だったんですよ、と控え目なご発言でしたが、前回(2013年)発行の名簿から採用した歴代師範、部長、監督の一覧にお名前がありますので、多くの先輩が存じ上げており、この日は福原部長時代の先輩も列席していました。
2019020215.jpg
(平成9年度、今から22年前になります)

レスリング部の会長、関正様
2019020214.jpg
まさか剣道部がこんなに長い間優勝から遠ざかっていたとは夢にも思わず驚いているけど、中大剣道部が戦前戦後を通して剣道界を牽引したことは間違いない。これから勝利を重ねていかれることを祈っている。勝負に勝ったらそれでいいというのではなく、大学においては勉強という課題をクリアし、剣道を通して人間形成していただきたいが、これは生半可な気持ちではできない。私は、全力投球をして初めて自分の道が開けると感じている。剣道部の皆さんがこれからも全力で稽古されますようにと、学生に対しての激励の言葉で締めくくっていただきました。

なおレスリング部は、昨年、全日本学生選手権のフリースタイルで36年ぶりに優勝されています。おめでとうございました。来年の東京オリンピックでのご活躍も祈念しております。

経験と実績を積まれた大先輩からのお言葉の素晴らしさはさることながら、どなたもメモを見られることなく、第66回全日本剣道優勝大会という正式名称や剣道部部長、監督、助監督の名前などをよどみなく話していただき、大変光栄に思います。

2019020213.jpg

全員をご紹介できず申し訳ありませんが、ご来賓の皆さまのお蔭で、祝賀会を開催することができました。たくさんのお祝いと励ましの言葉をいただきました。剣道部、剣道部卒業生一同、心からお礼を申し上げます。

また中央大学の学友会体育連盟各部のご活躍をお祈りいたします。

(剣道部以外の優勝祝賀会にも行ってみたいものだと思いました)


優勝祝勝会 序章

2019年2月2日、優勝祝勝会が無事、終了しました。
優勝メンバーに贈る記念品は、稽古着、袴と決定しました。
この場に列席された先輩だけでなく、記念品代をお振込みいただきました100名を優に超える先輩にも心からお礼を申し上げると共に

剣道部はこの日、四年生の送別会を終え
20190202sobetsu.jpg
連覇に向けてスタートを切ったことをご報告します。


2月2日夜。ある学生のお母さまにご挨拶をしたらお土産をいただいて、それを食べながら書いています。
20190202momiji.jpg
もみじまんじゅう。 

学生のご家族も約30名が列席されました。

そのお母さまに「今日はご子息と一緒に写真を撮って、それぞれホームページ作るんですの。おほほほ・・・」とご挨拶した以上
20190202moniji1.jpg

何のレポートもしないで寝るわけにはいかない。
20190202.jpg

いい一日でした。24年ぶりって、何回聞いたかな。
201902022.jpg

私事ですが、もみじまんじゅうも、美味しい。挨拶して良かった 気を遣わせてしまって申し訳ないです、工藤ママ。

写真で会場の様子をご紹介します。

2008年のあの日(11月1日、創部115周年記念式典)とは違う方向に金屏風が置かれました。
201902023.jpg

ご来賓の机に近いところに部長、監督、学生が並んで開会となりました。
201902024.jpg

木和田先輩の全日本優勝祝勝会(2012年)と同様、今回も中山先輩(58卒)から樽酒をいただきました。
201902025.jpg

201902029.jpg

2019020210.jpg

2019020211.jpg

色々と無理をして集まってくれた後輩たち(と、部長)
201902026.jpg

名古屋、大阪、宮崎から、みんながんばって来てくれて
201902027.jpg

いつすれ違っても、みんな、いい笑顔でした。
201902028.jpg

静岡から、大阪から
2019020212.jpg

木和田先輩(H13卒)は2月3日(日)に神奈川県立武道館で開催される第6回全日本選抜剣道七段選手権大会(横浜七段戦)に出場されます。

下記の2枚は、熊谷先輩(47卒)から送っていただいた写真です。

秋田、新潟、福岡、佐賀、長崎、熊本から
20190202yaekofan.jpg

八重洲での47卒同期会
2019020247.jpg

ありがとうございました。
他の先輩も、この機会に掲載希望の写真があればぜひ、ご連絡ください。

アルカディア市ヶ谷へのアクセス

地図はこちら

地下鉄有楽町線、南北線「市ヶ谷駅」1またはA1出口から徒歩2分
都営地下鉄「市ヶ谷駅」1またはA1出口から徒歩2分
JR「市ヶ谷駅」徒歩2分
__________________________

2019年1月31日。
平成最後の1月が終わるこの日、雪の中を小走りに帰宅すると、中央大学から「学員時報」が届いていました。
20190131.jpg

故安田征史先輩(38卒)が、一昨年6月(亡くなる2ヶ月前)に、秋田を訪問されていたこと(秋田県支部の総会に学員会副会長として出席)
現学員会副会長の松原先輩(40卒)が、昨年12月の東京都北区支部の総会に来賓として参加されていたこと・・・などが掲載されていますが

メインの記事は「年頭のご挨拶」
201901311.jpg

ここでご挨拶をいただいている4名さまとも、2月2日の優勝祝賀会にご出席いただけることは、剣道部にとっても我々学員にとっても大変誇らしいことです。

中大剣道部の「優勝祝賀会」を初めて経験する後輩たちへ。
これは、内輪の会ではありません。久しぶりに会う同期などと話が尽きないのは十分理解していますが、他大学の剣道部先輩など、錚々たるご来賓をお迎えするのですから、さすが中大剣道部は日本一だと祝福のお言葉をいただけるような言動を心がけましょう。またそれが、この会の開催に尽力してくださった先輩に対して何よりのお礼になると思います。

え? いまさら言われなくても分かってる? そだねー

沢山の先輩に声をかけて、自身も遠方から参加してくれる某後輩から「久しぶりに厳しく指導していただけるのが楽しみです」と言われ
20190131ogame.jpg

まぁ! いつもガミガミ怒ってるオバさんだと思われてるんだわ(怒) と憤慨しつつも、そういえばいい機会だから何か云う事なかったかしら・・・と考えて書きました(彼にとっては踏んだり蹴ったりだ)。

なお残念ながら体調不良等により急遽欠席のご連絡をいただきました先輩におかれましては、一日も早い回復をお祈りし、また、次の機会での再会を楽しみにしています。


<附録>

ふと思いついて、昭和の最後のそれを「斌徳」4号(平成元年発行)から探してみました。
201901312.jpg

ときに1988年(昭和63年)12月3日。
ホテルニューオータニ17階ブルースカイラウンジ。

天皇ご不例の情況の中でこれを祝賀会とせず、優勝報告会と銘打ち控え目な会を行った(「斌徳」編集代表 故大矢先輩の文章より抜粋)。

(もちろんワタクシはこの時の写真を持っていますが、何だか自慢たらしいので、掲載を控えます。ふふふ・・・)

控え目な会とありますが・・・しかしこの時、参加者280名。写真の通り学長・学友会会長、学員会会長、学員体育会会長に来賓のご挨拶をいただきました。学連関係、体育連盟各部、そして北海道から九州までの多くの先輩のご出席を賜り、自粛のご時世の中で、このブルースカイラウンジで喜びが爆発していたことは言うまでもありません。昭和天皇崩御の35日前のことでした。

あれから30年。
堂々と「優勝祝賀会」として、アルカディア市ヶ谷に、30年前とほぼ同じ人数を集めて盛大なお祝いが開催されます。


斌徳の弁ー1965年発行の「斌徳」二号より

kitajima01.jpg

 礼は徳の大本と云う事がある。
礼儀を守る事が道徳を守る第一歩であり徳を身に着ける基になると云う事であろう。
 剣道は礼に始まり礼に終ると云はれている。稽古の始めと終りに敬礼を正しくすると云う事ではなく稽古中は勿論日常も亦節度ある言動が身に着く様心掛くべきであると云う事であろう。
 従って稽古の心構えとしては相手を尊敬し如何に初心者と雖も無理をせず刃筋を正し可るべく対等の力を以って稽古し人も導びき己も修行するよう考うべきである。初心者にはそれなりに美点があり教えられる事が多いものである。内心我が師と看做す位の心得が有つて欲しい。下級者に対しても"ホラ、ホラ"と云うが如き態度は見苦しい限りである。
 形より格に至り格より形に至ると云う事がある。
 基本原則を反復練習し充分身に着ける様心掛けている内に風格を備える様になる更に工夫研究するとその人の風格から滲み出る独特の持味ある形が生まれると云う事である。換言すれば奇矯なる剣技を避け心身の正しき練磨に心掛ければ風格ある剣技が生まれると云う事であろう。
 島田虎之助先生は"心正しければ剣亦正し"と云はれた相である。味はうべきである。
 道は遠いが修行急がず一歩々々踏み締め倦まず弛ゆまず修行する事が肝要である。
 学生生活中は又と無い好機である。悔い無き部生活を送られん事を希う。

北島辰二(中央大学学生部次長・剣道部部長)
______________________

これは、斌徳(ふとく)二号(1965年発行)の巻頭にある北島部長(当時)の文章です。なるべく忠実にと、一字一句そのままを書き写しましたが一カ所、練磨の「磨の旧字」(だと思うのですが)を入力することができず、文脈から「今でいう『練磨』だろう」と推測させていただきました。間違っていたら大恥ですが、やむなし。この時の編集委員の数名が2月2日の優勝祝賀会に参加されますので
1965futoku.jpg
コッソリ、確認しようと思います。

初稽古で、剣道部の今年のスローガンが『初心』であると知った時から、この北島先生の文章を紹介したいと思っていました。
2019kitajima.jpg

これから43年後、「斌徳」五号(2008年発行)で、古関剣友会会長(当時)は、【初心とは】というタイトルで原稿を書かれるにあたりこの文章を引用され、最後に

北島先生の流麗な剣道姿を想い起こし、私もこの年令に至り初心がここにあったならばと納得できるような気が致します。

そして

ここに学生諸君には改めて、明治の時代の大学剣道の本文を"初心"として、稽古に精進し、益々の活躍をされんことを祈念いたします。

と結ばれています。どれだけ温かい言葉であるか、私も気が付くのに時間がかかりました。

北島先生(1979年1月16日没)や古関先輩(2014年6月17日没)の境地に達してものを理解するというのは、私にはまだ何十年も先のことですが、たまたま初稽古に参加したことで、先人の文章を思い出すことができました。

監督からも「学生はいい言葉を選んでくれた」という発言がありましたが、それぞれ受け止め方は違っても、我々OBにとってもこのスローガンは、とても大切な言葉であろうと思います。

初稽古、行って良かったな。お得感がありました(笑)

そして、このホームページにアクセスしてくださる「北島世代」の大先輩たちに、学生の意気込みをお伝えすることができたなら、幸いです。

2019kitajima2.jpg
洞爺湖合宿にて 左から
故松浦先輩(39卒・和歌山商)
故北島先生(大正15卒)
河村先輩(38卒)
松川先輩(32卒)

いつの洞爺湖合宿だろう・・・

そういえば、この剣友会のホームページ名が「初心」。ご存知ですか。
高木先生の字ですが、改訂後、パソコンで見ると判読しづらく(以前から知っていればともかく)、スマホで見ると「初心」が表示されません・・・直さなくちゃ

剣道部のホームページが更新されました。

こちらをご覧ください。

今年のスローガンは「初心」。
2019syosin.jpg
選択理由は、剣道部のホームページに書いてあるとおりです。

北島先生(初代部長/昭和27年~40年)の時代から、剣道部員にとって一番なじみ深い言葉でもあります。この日の最年長の黒田先輩(41卒)が、最後のご挨拶で早速、「初心」に言及されていました。
201901134.jpg

ここで上原助監督に事務連絡です。
写真を撮っていて気が付いたのですが
20190113takagi.jpg

高木先生のお写真、紐の長さを調整お願いします。
20190113takagi1.jpg
なんか、落ちそうで・・・

最後にスローガンをバックに集合写真を撮りました。
20190113syugo.jpg

上原助監督が指示をして
20190113syugo1.jpg

おっ まとまってきましたね。
20190113syugo2.jpg

20190113syugo3.jpg

20190113syugo4.jpg

この後、新年会が開催されました。参加されたみなさん、長い一日、お疲れさまでした。

このページの上部へ

サイト内検索

プロフィール

中央大学 剣友会のホームページです。文字の大きさを変えることができますので(大中小)お試しください。住所変更などは記事のコメントをご利用いただくか、下記までご連絡ください。

chuo_kendo*infoseek.jp

(迷惑メール対策のため@を*に変えてあります。お手数ですがメール送信の際は*を@に戻してから送信してください)

最近のコメント

月別アーカイブ

  1. 2019年2月 [7]
  2. 2019年1月 [9]
  3. 2018年12月 [23]
  4. 2018年11月 [8]
  5. 2018年10月 [23]
  6. 2018年9月 [17]
  7. 2018年8月 [15]
  8. 2018年7月 [10]
  9. 2018年6月 [18]
  10. 2018年5月 [10]
  11. 2018年4月 [13]
  12. 2018年3月 [9]
  13. 2018年2月 [10]
  14. 2018年1月 [10]
  15. 2017年12月 [13]
  16. 2017年11月 [10]
  17. 2017年10月 [18]
  18. 2017年9月 [15]
  19. 2017年8月 [11]
  20. 2017年7月 [15]
  21. 2017年6月 [13]
  22. 2017年5月 [10]
  23. 2017年4月 [9]
  24. 2017年3月 [18]
  25. 2017年2月 [10]
  26. 2017年1月 [8]
  27. 2016年12月 [14]
  28. 2016年11月 [10]
  29. 2016年10月 [15]
  30. 2016年9月 [17]
  31. 2016年8月 [13]
  32. 2016年7月 [11]
  33. 2016年6月 [10]
  34. 2016年5月 [14]
  35. 2016年4月 [6]
  36. 2016年3月 [12]
  37. 2016年2月 [7]
  38. 2016年1月 [12]
  39. 2015年12月 [15]
  40. 2015年11月 [12]
  41. 2015年10月 [11]
  42. 2015年9月 [19]
  43. 2015年8月 [11]
  44. 2015年7月 [12]
  45. 2015年6月 [16]
  46. 2015年5月 [14]
  47. 2015年4月 [12]
  48. 2015年3月 [15]
  49. 2015年2月 [11]
  50. 2015年1月 [7]
  51. 2014年12月 [12]
  52. 2014年11月 [3]
  53. 2014年10月 [18]
  54. 2014年9月 [15]
  55. 2014年8月 [9]
  56. 2014年7月 [16]
  57. 2014年6月 [13]
  58. 2014年5月 [6]
  59. 2014年4月 [14]
  60. 2014年3月 [9]
  61. 2014年2月 [9]
  62. 2012年2月 [4]
  63. 2012年1月 [4]
  64. 2011年12月 [15]
  65. 2011年11月 [4]
  66. 2011年10月 [12]
  67. 2011年9月 [4]
  68. 2011年7月 [11]
  69. 2011年6月 [9]
  70. 2011年5月 [4]
  71. 2011年4月 [4]
  72. 2011年3月 [3]
  73. 2011年2月 [4]
  74. 2011年1月 [2]
  75. 2010年12月 [11]
  76. 2010年11月 [6]
  77. 2010年10月 [10]
  78. 2010年9月 [6]
  79. 2010年8月 [6]
  80. 2010年7月 [5]
  81. 2010年6月 [9]
  82. 2010年5月 [11]
  83. 2010年4月 [6]
  84. 2010年3月 [3]
  85. 2010年2月 [1]
  86. 2010年1月 [4]
  87. 2009年12月 [9]
  88. 2009年11月 [5]
  89. 2009年10月 [7]
  90. 2009年9月 [6]
  91. 2009年8月 [10]
  92. 2009年7月 [3]
  93. 2009年6月 [6]
  94. 2009年5月 [6]
  95. 2009年4月 [7]
  96. 2009年3月 [3]
  97. 2009年1月 [3]
  98. 2008年12月 [7]
  99. 2008年11月 [11]
  100. 2008年10月 [9]
  101. 2008年9月 [5]
  102. 2008年8月 [15]
  103. 2008年7月 [10]
  104. 2008年6月 [5]
  105. 2008年5月 [14]
  106. 2008年4月 [8]
  107. 2008年3月 [3]
  108. 2008年2月 [7]
  109. 2008年1月 [4]
  110. 2007年12月 [5]
  111. 2007年11月 [1]
  112. 2007年10月 [2]
  113. 2007年9月 [2]
  114. 2007年8月 [1]
  115. 2007年5月 [4]
  116. 2007年3月 [2]
  117. 2007年2月 [1]
  118. 2006年7月 [1]
  119. 2006年6月 [1]
  120. 2004年10月 [1]
  121. 2004年9月 [2]
  122. 2003年12月 [3]