ありがとうございました

創部125周年式典が無事終了しました。

最後に学生と先輩方が一緒に写真を撮りました。
20181208.jpg

201812081.jpg

201812082.jpg

201812083.jpg

201812084.jpg

82歳(成松先輩)から18歳(1年生)まで、全員がいい笑顔なのは

この写真を撮るにあたって実行委員の先輩たちが色々画策してくださっている中で
201812085.jpg

やらかした! 粗相(ソソウ)に爆笑の渦となった、ただそれだけではなく
201812089.jpg

懐かしい再会や思い出話に沸いた、この日がとてもいい一日だったからでしょう。

ご出席いただいた先輩の中から、大先輩だけ先にご紹介させていただきます。

成松先輩(35卒/82歳)
201812narimatsu.jpg
後ろの初心者マークがどうにも気まずいですが(冷や汗)、成松先輩がホームページをご覧になっていないことを祈ります。

川野先輩(38卒)と篠塚先輩(39卒)
201812088.jpg
川野先輩とは、同期の河村先輩や故安田先輩の話をしました。

井出先輩、平澤先輩、39卒同期
20181208_39.jpg

篠塚先輩、坪岡先輩、39卒同期
20181208_392.jpg
坪岡先輩は、タカツキを覚えていると言ってくださって、いつだろうと思ったら、7年前(!)の神奈川支部懇親会。あぁ! 大変失礼いたしました(冷や汗)。女性は久下先輩(H23卒)と二人だけだったから珍しかったのでしょう。覚えていて下さってありがとうございます。

久松先輩(41卒)、青山先輩(42卒)、成松先輩(35卒)、大島先輩(62卒)、下山先輩(41卒)、平澤先輩(39卒)、川野先輩(38卒)、一水先輩(38卒)
20181208daisempai.jpg
道場でお会いした久松先輩に「下山先輩!」と話しかけてしまい、「違う」 と叱られました(冷や汗) 分かってます。お二人ともよく存じ上げておりますのに・・・

川野先輩(38卒)、一水先輩(38卒)、平澤先輩(39卒)
20181208daisempai2.jpg

澤近先輩(47卒)、井出先輩、永江先輩(36卒)、岩田先輩(51卒)、松原先輩(40卒)、上西先輩(45卒)
201812087.jpg
剣友会の生き字引と呼ばれる永江先輩には、名簿の記載内容について、早速いくつかご指摘をいただきました。ありがとうございました。

なお大先輩方は名簿の番号に興味津々のご様子でしたが(笑)、この日参加された大先輩に、若い番号をお渡しさせていただきました(永江先輩は一桁、009番でございます)。

残りの名簿はこれから発送準備に入ります。お手元に届きます名簿の数字が、必ずしも年代の順番ではございませんこと、なにとぞご了承願います。

中村先輩(44卒)と、倉井先輩、大森先輩、46卒同期
20181208_46.jpg

この写真を撮った時は気が付きませんでしたが、中村先輩の手が気になります。何なのかしら・・・

あーーーっ!!
20181208_cup.jpg
しまった、カップがなかった・・・(冷や汗) 今日は冷や汗が多いな・・・

なお中村先輩にはこの日、大変貴重な品をご持参いただきました。

伝説の部誌、換気扇。
20181208kankisen.jpg

持つ手が震えます。
学園紛争の真っただ中、内外がひどく荒涼としたものだった当時、故金野憲昭先輩(44卒/享年58歳)が編集長となり、部誌を発行されました。御茶ノ水の道場(当時)で回っていた「換気扇」から命名し、文字通り、部内の空気の刷新を図ることを意図。そして故金野先輩は、卒業した年に剣道部が6回目の全日本優勝を遂げた報を聞き、「もう、換気扇はいつ無くなってもいい」と感じられたことを、「斌徳 第四号」(1989年発行)に寄稿されています。

よく存じ上げている先輩の名前があります。
20181208kankisen1.jpg

川畑先輩(46卒)
20181208kawabata.jpg

20181208kankisen2.jpg

熊谷先輩(47卒)
20181208kumagai.jpg

いずれも現在、故郷で、中央大学剣道部のためにご尽力いただいている先輩です。

じっくり、拝読することにします。

※編注
「換気扇」発行当時のエピソードは、「斌徳 第四号」(1989年発行)より抜粋させていただきました。
なお中村先輩(44卒)には、次回お会いした際に、ビールを注がせていただきたく存じます。大変失礼いたしました。

式典の参加者とQ&A

記事の一覧は、こちらから確認することができます。

式典の参加者リスト、最新版を入手しました。
知らないうちに94名(!)になっていました。他に学生が参加します。先輩方は、北は秋田、南は佐賀、熊本から、参加されるようです。石塚先輩(H13卒)の、スペシャル名札の準備は間に合うかな?
201812ishizuka.jpg

用意した名簿が足りないのでどうしようかと思って(笑) 
いや、別の場所に在庫はあるのですが、こんなに参加されるとは思わず(全員にお渡しするわけではないのですが)、保管場所から運ぶのも重くて・・・(余ったらお持ち帰りだし・・・)

何名かの先輩には、他の先輩の分をお持ち帰りいただけないか交渉するつもりだったのですが(1冊か2冊ですよ)(数十冊渡すワケじゃなくて)、ご本人の分だけで、ギリギリかもしれません。
2018meibo.jpg
足りなくなったら、高槻の同期は後日の手渡しにしようと思います。

参加者リストに鷲谷先輩(H16卒/明桜高校剣道部監督)の名前を見つけました。 まぁ!
2015032907s.jpg

アイツ、わざわざ秋田から、何しに来るのかしら・・・

確認しました。稽古もするそうです! 2020年の合宿地である秋田からは3名も上京されます。ありがとうございます。東京は暖かいですよ。

式典に向けて、よく聞かれそうなQ&Aを作ってみました。

Q.参加でハガキを返送しましたが、欠席してもいいですか?
A.もちろんですが、今回は諸々の準備がございますので、お手数ですが事前に欠席の旨をご連絡いただけると幸いです。

Q.式典はどこで開催されますか?
A.教職員食堂だと思います(すいません、断定でなくて)。場所を口頭でご説明するのが難しいのですが、中大までお越しいただくと、おそらく道案内の学生がいるのではないかと?思っています。

Q.稽古の見学はできますか?
A.もちろんです。ただ今回は稽古される先輩が多く、学生もいますので、椅子をご用意できるかどうか(そのスペースがあるでしょうか)。立見になるかもしれませんこと、なにとぞご了承願います。

Q.合言葉「草のみどり」 をいえば、名簿がもらえますか?
A.・・・全員ではありませんよ。大変恐縮ですが、手元にあるのは10月末時点の入金者リストなので、11月以降にお振込みいただいた先輩は、その旨、高槻にお知らせください。

Q.当日、剣友会会費を払って、名簿を持ち帰ることはできますか?
A.はい。高槻が承ります。また、12月中旬に振込用紙が再送されますので、そちらをご利用いただいても構いません。

Q.式典参加のお土産はありますか?
A.記念誌「斌徳」をお渡しする予定です。稽古されない先輩におかれましては、よろしければ、お持ち帰り用の袋をご持参いただけますと幸いです。こちらでも袋を用意しております。

ご質問は、コメントにご記入いただけますと幸いです(公開されませんのでご安心ください)。

また10月末までに、289名の先輩方に今年度の会費あるいは協賛金(43卒以上の先輩方/任意)をお振込みいただきました。式典の記念品代も127名の先輩方にお振込みいただきました。記念誌「斌徳」は、できるだけ12月中にこれらの先輩方にご送付できるよう、準備中です。
(こんな強気なこと書いて・・・遅れましたら大変申し訳ありません)

12月8日(土)の式典が近づいてきました。

念のため、2019年2月2日(土)の優勝祝賀会とは別物です。
12月8日(土)は、剣道部設立110周年(創部125周年)をお祝いする式典です。なお剣道部の黎明期については今回の「斌徳」(注:ふとく、と読みます)で眞島部長と上西剣友会会長が詳しく述べられていますので、そちらをお楽しみに。

そもそも「斌徳」ってなに? 
という点については今、高槻が、学生にも分かるようなものを用意しているので(えっ、今ごろ!?)、8日にご案内できる予定です。状況許せば、事前にこのホームページでもご紹介したいです。

過去の「斌徳」たち。
2018futoku_3.jpg

当初、式典には79名のお申し込みをいただいておりましたが、数名追加申し込みがあったようです。今回、石塚先輩(H13卒)が工夫を凝らして参加者の名札を用意してくれていて・・・
201812ishizuka.jpg
裏面もまた充実してるんですよ! どうぞお楽しみに!

大変お手数ですが、ハガキを返送されておらず、しかし当日参加しようかな~と考えていらっしゃいます先輩は、6日(木)中に連絡いただけますと幸いです。

<連絡方法>
・この記事のコメント欄に記入
・高槻メアド(ご存知の場合)あるいは下記にメール

chuo_kendo*infoseek.jp
(迷惑メール対策のため@を*に変えてあります。お手数ですがメール送信の際は*を@に戻してから送信してください)

なお、当日の参加にも対応できますよう、石塚先輩が頑張っていますので、どうしようか検討されている先輩はぜひ、お越しください。

名簿が納品されました。
2018meibo.jpg

24年ぶりに、全日本の試合会場で高らかに歌い上げた校歌の歌詞をヒントに、この色を選びました。

草のみどりに風薫る♪♪

ここ数回、「メンタオルに近い色」が選択基準でしたが(中大ブルーってこと)、今回はワタクシの一存で、この色を選びました。納品された今も、この色がベストだと思う(キッパリ)。全日本優勝の年の名簿です。

なお、これから毎年のように優勝して、その都度、表紙は「みどり」なのか・・・と聞かれても困ります。それはその時に考えます(そうだな、どうしようかな)。

今回も、全冊、ナンバリングして管理させていただきますのでご了承願います。
2018meibo1.jpg
ちなみに001は眞島部長に、002は監督に、お届け予定です。

新たに、QRを入れました。
20181meibo2.jpg

5年半ぶりの改訂となったため、既存のページすべてに何らかの修正が入ったと言っても過言ではなく、またH25卒~H30卒の先輩方を追加しました。すべて高槻がひとりで入力しました。何が言いたいかというと、修正モレ、転記ミス等、すべてワタクシの責任でございます。オトコらしく(?)、逃げも隠れもいたしません。お気付きのところは、遠慮なくご指摘ください。至らぬ点が多々ございますこと、切にお詫び申し上げます。

名簿は、会費で制作しているという事情により、今回も、今年度の会費あるいは協賛金(43卒以上の先輩方/任意)をお振込みいただいた先輩にお渡しします。

12月8日(土)の、中大での稽古会、祝賀会に参加され、入金確認が済んでいらっしゃる先輩には、当日、お渡しさせていただきます。合言葉は「草のみどり」。高槻を見かけたら、お声がけ下さい。

また8日以降の名簿のお渡しについては、別途ご報告させていただきます。大変恐縮ですが、ご質問等はメールか、このホームページのコメントをご利用いただけますと幸いです。

なお制作過程で、多くの先輩にご協力いただきました。ありがとうございました。

先輩各位

ご案内が遅れて恐縮ですが、12月8日(土)の稽古会&式典にご自身のお車で来校される場合は、剣道部でとりまとめて、大学へ事前申請しますので、5日(水)中にご連絡をいただきたくお願いします。

・この記事のコメント欄に記入
・高槻メアド(ご存知の場合)あるいは下記にメール

chuo_kendo*infoseek.jp
(迷惑メール対策のため@を*に変えてあります。お手数ですがメール送信の際は*を@に戻してから送信してください)

<必要な情報>
・車名(車種)
・ナンバー
・運転責任者名と同乗者数

5日(水)までにご連絡いただいた情報を、6日(木)に大学に提出します。

初稽古、OB稽古会などで来るまで来校されたことのある先輩もいらっしゃいますが、今回、久しぶりに来校される先輩も多いと思います。同期、職場等でこの情報をご共有いただきたく、どうぞよろしくお願いいたします。
なお記念式典に参加され、アルコールを楽しまれる先輩におかれましては、公共機関でのご来校をお願いいたします。
______________________________

12月8日(土)
〇合同稽古会
時 間  11:00~12:30 (10:30集合)
場 所  中央大学剣道場
参加費  無 料

〇記念式典
時 間  13:30~15:30 (受付開始13:00)
場 所  中央大学多摩校舎1406号室
参加費  8,000円

中大へのアクセスはこちら
   ↑
一番近いのは『多摩都市モノレール』の「中央大学・明星大学駅」です。
201810moyorieki.jpg

立川駅で乗り継ぐと、分かりにくいかもしれません。分かりやすいのは、京王線の「高幡不動駅」でモノレールに乗り換えること、あるいは「多摩センター駅」でモノレールに乗り換えることです。

昔を思い出しながら京王線の「多摩動物公園駅」から歩きたい先輩もいらっしゃると思いますが、人通りが少ないので寂しく(20~30年前と違って)、あまりお勧めはしません。なお「多摩センター」や「聖蹟」からのバスは、もうなくなったはずです(多分)。時間に余裕をもってお越しください。

土曜日の東京は、天気予報では少し寒そうです(ただし今年の東京を基準としています。秋田やトロントや紋別基準ではありません)。

どうぞよろしくお願いいたします。


ビックリしました。冗談だとばかり。

hita-miyakis.jpg

後日、写真を追加します。

関東OB戦 1部

記事の一覧は、こちらから確認することができます。

2018年12月2日、綾瀬の東京武道館で第29回学連剣友剣道大会が開催されました。

今年の1部は、初出場が4名もいました。
20181202.jpg
尾原先輩(H5卒)と早苗先輩(H7卒)。今まで出場していなかったのが不思議なくらいに会場になじんで、それぞれ見事に初勝利をあげました。

ルーキーがふたり。
201812021.jpg

佐藤大洋先輩は、今年の実業団で会えなかったので、やっとホームページで紹介することができました。

初戦は動画を撮って、選手にUPの許可をもらいました。

YouTubeで直接見る場合はこちらをクリック(約23分)

二試合目は、男子3部の試合と女子の試合が重なったので遠くから見ていましたが、中澤先輩が引き分けた勝利確定の瞬間は確認しました。
201812022.jpg

三試合目は武道専修コースをもつ大学がお相手でした。この写真には、上西監督、細川先輩(この試合場の審判)、斑目先輩(H7卒)、小川先輩(H9卒)が写っています。
201812023.jpg

見事勝利しましたが、ここで会場を後にしました。最後まで応援できずに申し訳ありません。

なお、一年の締めくくりにふさわしい、見応えのある試合が多く
序盤の 専修大VS明治
20181202sensyumeiji.jpg

序盤の 国士舘VS法政
20181202kokushikanhousei.jpg

お腹いっぱいです。

応援に駆け付けてくださった先輩方も、お疲れさまでございました。
20181202toru.jpg

東京武道館の一日

このページは後で整理します。中大の応援席とは反対側に座り、スコアが見える位置で応援していました。滞在時間は短かったのですが、濃い一日でした。

3部、初戦突破
201812023bu.jpg

3部の試合会場に審判のOBを発見。ご挨拶できず申しわけありません。
201812023bu1.jpg

新村先輩(61卒)をお見かけして、丁寧に挨拶をしました。
201812022bu.jpg

つい先日、記念誌『斌徳』の件で、子息、新村太郎(H27卒)に厳しく指導したことは、もちろん内緒です。もちろん愛情の裏返しですから、えぇ。

下で何回かまきちゃんに声をかけてもらいましたが、大混雑で、女子の試合も応援席から見ていました。

ルーキーOGの笠原先輩(H30卒)。今年、試合会場で会う機会があったのに見つけだすことができず、やっとここでご紹介です。
20181202jyoshi.jpg


広報の山本君(2年)にちょっとした差し入れをしました。ちゃんと工藤君(3年)に渡してくださいね。

本間君(3年)が、ワタシに気が付いて、挨拶に来てくれました。ホームページ、ありがとうございましたって。
20181028honma.jpg

その記事はこちら。10月28日、全日本優勝の日。

ちゃんとお礼を言ってくれて、感心です。親御さんと、九学の米田先生(H4卒)のご指導の賜物かと思いますが

「本当は10年早いからね」

とクギを指すことも忘れないのが、ワタシのいいところです。ちなみに本間君

「分かってます」

だって(爆笑)

昨夜、『タネコ負傷で、中四国、暗雲』 と書いたのに、熟年の部で優勝! 
成年の部も、ベスト16!
20181202cyushi.jpg

びっくり。

後で写真UPします。

優勝おめでとうございました。これで4回目。うふふ

*全日本団体
*男子新人戦
*関西OB戦 1部
*中四国OB戦 熟年の部

中大全体が盛り上がってるって

土曜日、関西OB戦終了後の懇親会も終わったであろう頃に、市原先輩(H17卒)から連絡があり
2018ichihara.jpg

さんざん自身の自慢話をした後の、最後の言葉が印象的でした。

中大全体が盛り上がってる気がして嬉しいです!

そうだね。その通りだね。

・・・そして、彼には言えなかった。日曜日の中四国OB戦のために、鳥取から広島の呉に入ったタネコ(H2卒)が、土曜の前日稽古で負傷したことを。

中四国、暗雲。

おいおい種子! 大丈夫かっ!?
中四国OB戦は負傷率が高く、無事に年を越すための鬼門・・・と書いたのが、つい数日前なのに。トホホ

同時に、ココで負傷すると、翌年は活躍するとも書きました。とりあえず明日のOB戦は無理をしないで乗り切っていただいて、タネコには来年、活躍していただければと思いますけど。

2日は関東OB戦も開催されます。盛り上がってる中で、結果が出るといいですね。

このページの上部へ

サイト内検索

プロフィール

中央大学 剣友会のホームページです。文字の大きさを変えることができますので(大中小)お試しください。住所変更などは記事のコメントをご利用いただくか、下記までご連絡ください。

chuo_kendo*infoseek.jp

(迷惑メール対策のため@を*に変えてあります。お手数ですがメール送信の際は*を@に戻してから送信してください)

最近のコメント

月別アーカイブ

  1. 2018年12月 [11]
  2. 2018年11月 [8]
  3. 2018年10月 [23]
  4. 2018年9月 [17]
  5. 2018年8月 [15]
  6. 2018年7月 [10]
  7. 2018年6月 [18]
  8. 2018年5月 [10]
  9. 2018年4月 [13]
  10. 2018年3月 [9]
  11. 2018年2月 [10]
  12. 2018年1月 [10]
  13. 2017年12月 [13]
  14. 2017年11月 [10]
  15. 2017年10月 [18]
  16. 2017年9月 [15]
  17. 2017年8月 [11]
  18. 2017年7月 [15]
  19. 2017年6月 [13]
  20. 2017年5月 [10]
  21. 2017年4月 [9]
  22. 2017年3月 [18]
  23. 2017年2月 [10]
  24. 2017年1月 [8]
  25. 2016年12月 [14]
  26. 2016年11月 [10]
  27. 2016年10月 [15]
  28. 2016年9月 [17]
  29. 2016年8月 [13]
  30. 2016年7月 [11]
  31. 2016年6月 [10]
  32. 2016年5月 [14]
  33. 2016年4月 [6]
  34. 2016年3月 [12]
  35. 2016年2月 [7]
  36. 2016年1月 [12]
  37. 2015年12月 [15]
  38. 2015年11月 [12]
  39. 2015年10月 [11]
  40. 2015年9月 [19]
  41. 2015年8月 [11]
  42. 2015年7月 [12]
  43. 2015年6月 [16]
  44. 2015年5月 [14]
  45. 2015年4月 [12]
  46. 2015年3月 [15]
  47. 2015年2月 [11]
  48. 2015年1月 [7]
  49. 2014年12月 [12]
  50. 2014年11月 [3]
  51. 2014年10月 [18]
  52. 2014年9月 [15]
  53. 2014年8月 [9]
  54. 2014年7月 [16]
  55. 2014年6月 [13]
  56. 2014年5月 [6]
  57. 2014年4月 [14]
  58. 2014年3月 [9]
  59. 2014年2月 [9]
  60. 2012年2月 [4]
  61. 2012年1月 [4]
  62. 2011年12月 [15]
  63. 2011年11月 [4]
  64. 2011年10月 [12]
  65. 2011年9月 [4]
  66. 2011年7月 [11]
  67. 2011年6月 [9]
  68. 2011年5月 [4]
  69. 2011年4月 [4]
  70. 2011年3月 [3]
  71. 2011年2月 [4]
  72. 2011年1月 [2]
  73. 2010年12月 [11]
  74. 2010年11月 [6]
  75. 2010年10月 [10]
  76. 2010年9月 [6]
  77. 2010年8月 [6]
  78. 2010年7月 [5]
  79. 2010年6月 [9]
  80. 2010年5月 [11]
  81. 2010年4月 [6]
  82. 2010年3月 [3]
  83. 2010年2月 [1]
  84. 2010年1月 [4]
  85. 2009年12月 [9]
  86. 2009年11月 [5]
  87. 2009年10月 [7]
  88. 2009年9月 [6]
  89. 2009年8月 [10]
  90. 2009年7月 [3]
  91. 2009年6月 [6]
  92. 2009年5月 [6]
  93. 2009年4月 [7]
  94. 2009年3月 [3]
  95. 2009年1月 [3]
  96. 2008年12月 [7]
  97. 2008年11月 [11]
  98. 2008年10月 [9]
  99. 2008年9月 [5]
  100. 2008年8月 [15]
  101. 2008年7月 [10]
  102. 2008年6月 [5]
  103. 2008年5月 [14]
  104. 2008年4月 [8]
  105. 2008年3月 [3]
  106. 2008年2月 [7]
  107. 2008年1月 [4]
  108. 2007年12月 [5]
  109. 2007年11月 [1]
  110. 2007年10月 [2]
  111. 2007年9月 [2]
  112. 2007年8月 [1]
  113. 2007年5月 [4]
  114. 2007年3月 [2]
  115. 2007年2月 [1]
  116. 2006年7月 [1]
  117. 2006年6月 [1]
  118. 2004年10月 [1]
  119. 2004年9月 [2]
  120. 2003年12月 [3]