中央大学剣友会

中央大学剣友会
 

大地へ。そして2部

パナの大地(H28卒)へ。
201612185.jpg

懐かしい写真だね。
昨年の12月、関西のOB戦で活躍した時の写真だね。
(編注:関西OB戦は団体戦です。個人戦ではなく)

読んでますか? 元気ですか?
アクセスしていないんじゃないかと・・・心配してますよ。

高先輩(H24卒)が、来月のOB戦のメンバーを教えてくれました。

男子1部 (敬称略)
先鋒 尾野 大成(H28卒・東海大四)
次鋒 吉村 大地(H28卒・明徳義塾)
中堅 岩根 佑馬(H25卒・九州学院)
副将 市原 真人(H17卒・日吉ヶ丘)
大将 北口 伊佐男(H7卒・和歌山東)

いつだったか、中四国OB戦の開会式の挨拶で、印象的なお言葉がありました。

かつて日本中を沸かしたであろう往年の名選手が
時間をかけて研鑽を積み
母校の名誉と、己の誇りをかけて、今日この場で技を披露する

大地! 読んでますか? 
2018年1月7日(日)、己の誇りをかけて戦うんですよ!

・・・・・・・・・とか何とか、後輩にハッパをかけたところで

OB戦の醍醐味は、かつてのライバルとお互いの健闘をたたえ合い、一年の無事に感謝し、来るべき年(歳)の息災を祈って笑って終わること。
本当は分かっているんですの。
_____________________

12月17日(日)に墨田区総合体育館で開催された第28回学連剣友剣道大会、男子2部のご報告です。前の試合が長引いて、先鋒と次鋒は30分位、メンを付けたままではなかったでしょうか。応援のワタシたちは30分以上待ちましたもの・・・。その間に54卒江畑先輩はお弁当を食べ損ね、1部は3回戦突破。ワタシは空腹のあまり、1部の試合場に歩く元気がなくその試合は見ていない。

先鋒 福永先輩(昭和60年卒)
20171219.jpg

福永先輩が試合をされるところを初めて見ました!
ずっとやっていないんだよ~と謙遜されていましたが、見事な一本勝ち。かつて日本中を沸かしたであろう往年の名選手~という上記のフレーズが頭の中でリフレイン。

次鋒 夏山先輩(昭和60年卒)
201712193.jpg

カラオケが抜群に上手い先輩だという印象が強すぎて(ジョンレノンですよね)剣道をされる姿にまだピンときません。

中堅 降矢先輩(昭和59年卒)
201712194.jpg

久しぶりにお会いして、警察官大会に飯蓋先輩(H21卒)が登録されていた話など、警視庁OBの近況報告を聞かせていただきました。

副将 田原先輩(昭和52年卒)
201712191.jpg

昨年に続いて二年連続出場。秋田からご家族が「じいじ」の応援に来られていました。この日のために鷲谷先輩(H16卒)が指導する高校まで出稽古に行かれたと聞きました(もう、高校生が帰宅した後だったそうですが・・・じいじ、ファイト!)。

大将 生地先輩(昭和52年卒)
201712183.jpg

おっと! お相手も上段をとられました。生地先輩は手前(白)。

この試合、5人で勝負が付かず代表戦となりましたが、勝負の行方は割愛します(まぁ、いいじゃないですか)。

こうして楽しい一日が終わりました。
一年の無事に感謝し、来るべき年(歳)の息災を祈って笑って終わりたいと思います。


大地! OB戦の結果、楽しみに待っています。そしてできれば、集合写真を。

女子の二試合目

12月17日(日)に墨田区総合体育館で開催された第28回学連剣友剣道大会の様子をご紹介します。

女子の部 (敬称略)
先鋒 今井 なぎさ(H28卒)
次鋒 田畑 都(H27卒)
中堅 佐口 真実(H26卒)
副将 林 史華(H19卒)
大将 小川 眞紀子(H8卒)

今年も小川父先輩と小川娘先輩が出場されました。
(2015年以来2年ぶりの父娘出場)
201712175.jpg

その小川娘先輩(まきちゃん)は大将で登場。
二試合目の対成蹊大学戦は、残念ながらすでに勝敗は決していましたが、一本勝ちで一矢を報いました。

YouTubeで直接見る場合はこちらをクリック(約3分30秒)

なおこの動画のもうひとつの見どころは、正面奥の国旗の左右に掲げられた外国旗です。この日、男子1部に3チーム、女子の部に1チーム、外国人で構成されたチームが招待されており、その選手の国の旗が掲げられていました。

まきちゃんへ
動画のUPは小川父先輩より許可をいただきました(本当です。ありがとうって)。

大会顧問の林先輩(40卒)や
201712176.jpg

弘友先輩(42卒)も応援に来られました。。
2017122410.jpg


・・・・・・実は。

女子の初戦が始まってからしばらく、「外国大学OB連合」チームと写真を撮ったりしていたので最初の方は見ていません(えっー)・・・。

その時の様子はこちらの記事をご覧ください。「外国大学OB連合」

二試合目も、既に試合が開始されていることに気が付いて、弘友先輩(42卒)と慌てて11試合場に向かったのですが、最初の方は見ていません(えっー)・・・。

先鋒の今井先輩は、3月の全日本OB戦(姫路)以来でした。その時も試合を観ることはできなかったので、楽しみにしていたんですが・・・
2017122411.jpg

初戦は二本勝ちで勝利に貢献! 
しかし二試合目は珍しく負けてしまったそうで・・・

ちょっと 何やってんのよ(怒) OB戦は若手が勝たないとダメなのよ(怒)
キタサンブラックなみにリードして後ろにつなぎなさいよ(怒)

わ~残念だったね~

(制作中)

3部、初戦突破

12月17日(日)に墨田区総合体育館で開催された第28回学連剣友剣道大会の様子をご紹介します。

こちら、3部(65歳以上)の初戦。
応援に駆け付けた小川先輩(41卒)も写っています。
201712181.jpg
お相手は東京農工大学でした。


ココでクイズです。本大会に選手として登録された先輩の最年長は何歳でしょう? 回答はこのページの一番下に。


さて中大は平均年齢約72歳、お相手は約67歳。
20171218.jpg
先鋒 小川 忠彦先輩(昭和44年卒)
中堅 中村 浩之先輩(昭和43年卒)
大将 久松 好弘先輩(昭和43年卒)

YouTubeで直接見る場合はこちらをクリック(約10分)

見どころは
応援に駆け付けた小川先輩(41卒)と弘友先輩(42卒)
先鋒の小川先輩が、一本にはならなかったけど、旗があがった惜しい技がふたつもあったこと
長身の中村先輩の豪快なメン
そして、久松先輩が開始早々に先取されて、あわやこの動画もお蔵入りか(えーっ涙)と思いきや、積極的にしかけられ、見事!逆転の二本勝ちだったこと。

わ~良かった! 

残念ながら、二回戦で国士館(矢野和久先輩、安永宗司先輩、桜木哲史先輩)に敗退されました。3部はこの、国士館が、高い壁なんです。
201712182.jpg

・・・3部創設以来、ほぼ優勝を独占。今年もやはり、優勝。

なお今年は女子の部以外は国士舘が優勝。
つまり、1部2部3部すべて、国士館が優勝されました。
おめでとうございました。


<クイズの答え>
選手の最年長は男子88歳、女子71歳でした。


中四国OB戦

今年は11月から2月まで、毎月、OB戦があります。

まず11月26日(日) 中四国OB戦(香川大学教育学部第一体育館)
              9時半~開会式

<熟年の部> (敬称略)
先鋒 好井 剛 (62卒)
中堅 若松 信夫 (56卒)
大将 福﨑 基夫 (56卒)

<成年の部> (敬称略)
Aチーム
先鋒 松本 明真(H24卒)
中堅 三尾 浩二(H15卒)
大将 篠田 貴志(H15卒)

Bチーム
先鋒 曽我部 敬逸(H5卒)
中堅 井上 圭二(H6卒)
大将 井上 隆二(H2卒)

昨年、熟年の部が優勝したことは記憶に新しく!

昨年の優勝報告記事 「岡山の奇跡」 はこちら

201612041.jpg

奇跡の再現、なるか。
(奇跡とか書くと、また好井先輩に叱られそうです)

そして三尾&篠田の同期コンビに期待します。

宮本兄弟編

2017年10月16日(月)、日本武道館で開催された
全国警察剣道大会の記事と

2017年8月5日(土)、埼玉県立武道館で開催された
第59回全国教職員大会の記事の

それぞれの、続編です。

まず全国警察剣道大会のこと。

今年も昨年に続き
宮本先輩(H26卒・神奈川県警察・兄、以下、大幹先輩)が
最後の試合に登場されました。

昨年その記事を書かなかったのは
20171022.jpg
・・・残念な結果だったからです。
一部の決勝戦で、大阪府警察に5-2で敗退。

一年経ったから、ではなく
今年の三位決定戦での活躍をみて
もう時効だろうと・・・上のスコアを掲載しました。

今年の三位決定戦で
神奈川県警察、北海道警察に3(5)-2(2)で勝利
大幹先輩は延長で飛び込みゴテを決めて勝利。
201710221.jpg

記憶が正しければ、大幹先輩の団体戦初勝利です。

YouTubeで直接見る場合はこちらをクリック(51秒)


大将戦を応援する大幹先輩。
201710222.jpg

そしてこの日
弟の宮本先輩(H27卒、以下、浩平先輩)に会い
ずっと気になっていたことを確認することができました。
8月5日の教職員大会で、北原哲也先輩(H5卒)と共に
優秀選手に選出! 遅れたけどおめでとうございました。

<補足>
教職員大会で浩平先輩が活躍したことは既報の通り。

その時の記事はこちら。

当然、優秀選手だと思ったのですが名前が呼ばれず
ホームページでは北原哲也先輩(H5卒)だけを紹介しました。
しかし後日、全日本剣道連盟のホームページには
浩平先輩の名前があり・・・

全日本剣道連盟の結果紹介のページはこちら

自分で見て聞いたことしか書かない主義なので

いつか確認しようと思っていたのですが
会場では名前の読み間違いがあったそうで
(やっぱり、ワタシの耳と記憶は間違いなかった!)
スッキリしました。

当日、少し遅れて賞状を受け取りに来た浩平先輩。
彼が選ばれないのはおかしいと思いつつも
誰かの代理で前に出てきたのかなと・・・
201710223.jpg

浩平先輩です(H27卒・東京都・中堅)。
201708055.JPG

最後の決勝で負けた以外は、ほとんど二本勝ちの圧勝で
その最後の負け方もヒーローっぽく

YouTubeで直接見る場合はこちらをクリック(5分40秒)

開始1分くらいで先取されましたが、3分くらいで獲り返し
最後は試合終了の笛と同時にコテを決められてしまいました。
終始、浩平先輩が押してたと思うんですけどね。
しかし、お相手もさすが。 決勝にふさわしい、いい試合でした。

やった。教職員大会のレポートも完結しました。

残るは全日本実業団の、パナ優勝レポート(社内報版)。
忘れてないから。
20171016.jpg

だから、ちょっと待ってて。


このサイトならでは2

このサイトならではの情報、後半です。

この日、ワタシが二番目に前のめりで観戦したのがこの対戦。

1部の最初のリーグ戦、警視庁と熊本県警察の中堅戦。
畠中選手(2014年警察剣道選手権優勝)と
西村選手(2015年選手権優勝)。
2017101621.jpg

引き分けて、熊本県警察勝利の可能性が残りました。
西村選手が獲り返した時は場内が沸いて沸いて・・・

しかしこのホームページの性格上、時間を巻き戻します。

この試合の、熊本県警察の先鋒に前田先輩(H23卒・九州学院)。
2017101622.jpg

後ろで登場する印象が強い前田先輩ですが
この日は先鋒と
2017101623.jpg

次鋒で登場。
2017101624.jpg

調子がいいように見えたので
二試合しか応援できず(=熊本リーグ戦敗退)、残念でした。

なお、前田先輩が警視庁の遅野井選手と対戦中に
隣の試合場で山形県警察と栃木県警察が対戦していて
つまり両県警とも監督が中大OBでした。

こちら、山形県警察の阿部先輩(H23卒・酒田商業)。
2017101625.jpg

(白石先輩、申し訳ありません、いい写真が撮れなくて)

そして、前田先輩が試合を終えた頃に
その試合場で長崎県警察と岐阜県警察が対戦することになり

お分かりでしょうか。
2017101626.jpg

長崎県警察の小野田先輩(H12卒・監督)と藤山先輩(H19卒)
後ろで厳しい顔をしている島田先輩(H7卒・長崎県警察前監督)
この試合場の主任審判、下川先輩(57卒)

(東永先輩もこの試合場で審判をされていました)

島田先輩、穏やかな方ですが (口は悪いけど)
この日は厳しい顔をして長崎県警察の試合を見ていました。
2017101631.jpg


そしてこの日、ワタシが三番目に前のめりで観戦したのが
長野県警察と長崎県警察との大将戦。
この日唯一の同門対決となった
溝邊先輩(H18卒)と藤山先輩(H19卒)の試合でした。
2017101627.jpg

既に大差がついて
長野県警察の降格は決まっていたのですが
2017101628.jpg

溝邊先輩を応援する長野県警察の他の選手が一生懸命で
なんとか、長崎県警察から一本獲ろうという気持ちが伝わってきて

その時、この試合会場にスポットライトが当たっているようで
団体戦っていいなぁと 今さらにして、しんみり。

藤山先輩が勝利、長崎県警察は完封勝利だったのですが
2017101630.jpg

清々しい気持ちでこの同門対決を見ることができました。


やった。9年目にして、選手のOBを全員紹介できました。

あと宮本兄先輩(神奈川県警)も忘れていません。
この後、別枠で紹介します。

参加された先輩方、お疲れさまでした。

全日本組み合わせ

男女とも、全日本の組み合わせが発表されています。

全日本学生剣道連盟のサイトはこちら

男子は10月29日(日) 全日本学生優勝大会(日本武道館)
4試合場の2試合目に仙台大学と対戦します。

女子は11月12日(日) 全日本女子学生優勝大会(愛知県春日井市総合体育館)
1試合場の4試合目に酪農学園大学と対戦します。

応援をよろしくお願いいたします。
___________________________

NTTグループ剣道大会の結果を
藤原先輩(京産大OB)に教えてもらいました。

■結果(各部優勝のみ)
 ○団体
 ・男子一般 コミュニケーションズA ※兵藤君
 ・男子壮年 西日本A(上記) ※大森先輩
 ・女子   コミュニケーションズA
 ○個人
 ・男子四段以上 渡部(ファシリティーズ)
 ・男子三段以下 上島(中国支部)
 ・男子壮年   平尾(コムウェア)
 ・女子     小澤(ファイナンス)

・・・そうか、兵藤先輩、昨年のリベンジだったんだ。

<昨年の結果>
団体戦 男子一般の部
優勝  西日本A(NTT西日本連盟)
準優勝 コミュニケーションズA(NTTコミュニケーションズ連盟)
2016101624.jpg

翌日が警察官大会だったので最後まで見ないで帰りました。
兵藤先輩、おめでとうございました!

このサイトならではの

全国警察剣道大会の結果は、他のサイトに詳しく書いてあります。

全日本剣道連盟のサイトに全試合結果があります

LET'S KENDOさんのサイトに写真もあります

ということで
ココではそれにない情報を提供しないと意味ないんですよね。
(・・・ハードル上げちゃって)

この日、ワタシが最初に前のめりで観戦したのがこの対戦です。
2017101611.jpg

2部のリーグ戦、大分県警察と千葉県警察
2(2)-1(2)で迎えた大将戦。
竹下選手(2015年選手権3位)と小谷選手(2013年選手権2位)。

写真の通り小谷選手がコテを先取、そのまま試合終了
2(2)-2(3)で千葉県警察が勝利されて大歓声があがりましたが
実はこのリーグ戦を抜けたのは岡山県警察でした。

・・・このホームページの性格上
OBのいないこのリーグ戦についてこれ以上の記載は控えますが
この大会の入場料無料が本当にありがたいです。

(あんなに盛り上がったのに、他のサイトに全然書いてないなんて)

さて、上から追った先輩方をご紹介します。

田島先輩(H25卒・埼玉県警察)
いつも中大のメンタオルなので、すぐに分かります。
2017101613.jpg

2試合目のお相手は愛知県警察の長身、北村選手
8分の長い試合にはらはらドキドキ(引き分け)。
2017101612.jpg

溝邊先輩(H18卒・長野県警察)は
主務だったので大学時代からやりとりがありました。
2017101614.jpg

その彼が今年、33歳となり、選手登録されたOBの最年長
になったことに感慨があります。
2017101629.jpg

笹川先輩(H14卒)が監督を努められている佐賀県警察は
ここ数年試合がおもしろくて、目が離せないんですが
2017101617.jpg

神奈川県警とのリーグ戦初戦
これは佐賀が勝った! と思ってちょっと目を離したら
(隣で慎二の試合が始まったから)
2017101615.jpg

がーん 大将で逆転、2(5)-2(4)で神奈川県警察の勝利
応援団から大歓声が上がりました。
2017101616.jpg

(あんなに盛り上がったのに、他のサイトに全然書いてないなんて)

宮崎県警察の監督、大重先輩(H14卒)と松崎先輩(H23卒)
2017101618.jpg

この日、大重先輩がずっと厳しい顔をされていて
松崎先輩は気合が入っていて、強かった。
2017101619.jpg

試合終了後、大重先輩と廊下ですれ違いましたが
声をかけることができませんでした。

宮崎県警察の二試合目、対北海道警察戦が終わり
なかなか立ち上がることができなかった松崎先輩が印象的でした。
(・・・足がしびれていたわけではないよね)

彼は、この日、二勝しました。
リーグ戦、抜けたかったよね。悔しかっただろうな。
2017101620.jpg

後ろ二人が・・・安藤選手と地白選手が高い壁でした。


一気に書きたかったのですが
書いているといろいろ思い出して長くなってしまったので
後半戦を書くことにします。

いざ、選手権へ!

この全国警察剣道大会は、ワタシにとって一年の集大成です。

あくまでもワタクシ個人の話であり

この後、学生の全日本やOB戦が残っていることを考えると
ボヤっとしている場合ではないのですが
毎年この記事が「制作中」で終わってしまうのは
それだけ感動と「やりきった感」が強いからです。
(見ているだけで、何をやりきったワケでもないけれど)

この大会の取材を始めて9年目になりますが
(2011年は震災のため中止のため取材は8回目)

初めて飯蓋深水先輩(H21卒・九州学院・警視庁)が
選手登録されたことを確認しました。
201710163.jpg

面識がないので
お顔を拝見するのも初めてでしたが、嬉しかったです。
警視庁で中大OBが選手登録されるなんて・・・
201710164.jpg

来年は、是非、試合が観たいです。
同期の大亀先輩、飯蓋先輩に伝えておいてください!


さて。

11月3日の全日本選手権に出場される先輩2名が
この大会に出場されていました。

ひとりは三浦慎二先輩(H23卒・高輪・愛媛県警察、以下慎二)。
201710165.jpg

昨年3部で準優勝した愛媛県警察は、今年は2部に昇格。
初戦の対皇宮(昨年まで1部)戦に見事、本数差で勝利!
次鋒の慎二が菊地裕志選手(秋田商業→日体大)に引き分けて
後ろにつないだのが大きかったと思います!

YouTubeで直接見る場合はこちらをクリック(8分15秒)

試合時間5分と延長3分。8分の長い試合です。

愛媛県警察はこの後の奈良県警察にも勝利
201710166.jpg

最初のリーグ戦を抜けましたが残念ながら愛知と岐阜に敗退
2部で4位でした。

なお慎二が二本勝ちをするたびに
(そういう試合に限ってビデオを撮っていなかったのですが)
二階席の遠藤先輩(54卒)が大喜びされるのが
遠目に見ていて面白かったですが・・・
201710167.jpg
  ↓
分かる人は分かると思います。
遠藤先輩がいる場所って(笑) 音楽隊の・・・


もうひとりは、村方孔哉先輩(H19卒・長崎南山・福岡県警察主将)。
201710168.jpg
後ろに藤本先輩(H25卒)

松崎桂一郎選手(国士館大学時代に全日本3位)、
國友鍊太朗選手(昨年選手権2位)といった有名選手を従え
昨年同様、大将を務められましたが
201710169.jpg

福岡県警察としては残念な結果で むにゃむにゃ
2017101610.jpg
(宮崎の次鋒はH23卒の松崎先輩です!)

廊下ですれ違ったんですが、声をかけることができず。
今思えば、選手権はがんばってと、言えばよかったかな。
まぁいいか。話しかけられる雰囲気はなかったし

二人とも、この日は納得できない結果だったと思いますが
幸い、11月3日にリベンジのチャンスがあります。

村方先輩は第一試合目で林田選手(福井県)と

慎二は十三試合目で大石選手(大阪府)と対戦されます。
応援をよろしくお願いいたします。

全日本選手権の組み合わせはこちら


今年は「制作中」で終わらないように
この後も、他の先輩方の試合を紹介しますので。
松崎先輩、見ていますか。

2017警察官大会

2017年10月16日(月)、日本武道館で
全国警察剣道大会が開催されました。

※選手として登録された先輩方

溝邊先輩(H18卒・長野県警察)
藤山先輩(H19卒・長崎県警察)
村方先輩(H19卒・福岡県警察)
飯蓋先輩(H21卒・警視庁)
前田先輩(H23卒・熊本県警察)
三浦先輩(H23卒・愛媛県警察)
松崎先輩(H23卒・宮崎県警察)
田島先輩(H25卒・埼玉県警察)
藤本先輩(H25卒・福岡県警察)
宮本先輩(H26卒・神奈川県警察)
荒木先輩(H26卒・富山県警察)

また監督として
小野田先輩(H12卒・長崎県警察)
白石先輩(H13卒・栃木県警察)
大重先輩(H14卒・宮崎県警察)
笹川先輩(H14卒・佐賀県警察)
阿部先輩(H23卒・山形県警察)
のお名前が

審判として
福﨑先輩(56卒)
東永先輩(H12卒)
のお名前がありました。

廊下で背の高い二人とすれ違い、ビビッときました・・・
荒木先輩(H26卒・新潟商業・富山県警察)だっ!
201710161.JPG

お隣は国士館OBの野崎司先輩。
知らないおばさんに突然話しかけられ
二、三歩後ずさりしながら疑心暗鬼な荒木先輩とは逆に
終始ニコニコしていらっしゃいました。
野崎先輩をご存知の方は、よろしくお伝えください。

疑心暗鬼にもなるよね・・・荒木先輩と前に会ったのは
2010年8月28日(土)、一橋大学体育館で開催された
中倉清先生生誕100年祭の稽古会。あれ以来だから。
20160131.jpg

加えてこのホームページの存在を知らない(悲)
同期の渡部先輩か、宮田先輩か、いくま(いくまママでもいい)が
彼にこのURLを伝えてほしい。

なお荒木先輩はこの日、一勝一分でした。
201710162.jpg
二試合とも、ちゃんと見てたよ。

また来年会おう。

(後日、他の先輩方の試合の様子などをご紹介します)

お会いした先輩方

この日お会いした先輩方をご紹介します。

201710154.jpg

201710155.jpg

201710156.jpg

201710157.jpg

201710158.jpg

201710159.jpg

2017101510.jpg

2017101512.jpg

2017101513.jpg

中島先輩(H3卒)の嬉しそうな顔の理由は、伏せますが
2017101515.jpg

・・・カツのメンが・・・あのメンは・・・
2017101514.jpg

今日は田門先輩(H22卒)と話をすることができて
剣友会メールが届かない問題が解決しました。
2017101516.jpg

若松先輩(H23卒)、強かったね~
2017101517.jpg

2017101518.jpg

なお川口先輩(63卒)と兵藤先輩のいい写真が撮れず
以前の写真で代用させていただきます。

まず兵藤先輩。
先の全日本実業団、ベスト8の表彰のとき。
2017101522.jpg

2017101523.jpg

そして川口先輩の30年前。
2017101524.jpg

すいません! あの頃の写真の方が探しやすくて・・・
先輩方、あまり変わっていないから許されますよね(えっ)。

最近の写真を探せと叱られる前に

明日は警察官大会で朝、早いものですから
NTTグループ剣道大会のレポートは
これで失礼させていただきます。

参加された選手のみなさま
応援に駆け付けられたみなさま、お疲れさまでした。

会えなかった先輩たち

ゼロックスの辻村先輩、中尾先輩、上原先輩、丸ちゃん、この日の最年長選手OBとなった伊藤俊先輩、市原真人と仲間たち(今村&尾野先輩)、ジョージ、いくま、廣瀬先輩などは【先輩たち後半】でご紹介します・・・が(あ、モリタも)。

しかしその前に
会えなかった先輩たちを優先すべきではないだろうか。
うんうん。

ということで、会えなかった先輩たちです。

まず久保田先輩(H21卒)。
関東実業団ですれ違った気が・・・
それが気になっていて、上から追っていました。
20170925.jpg

今回はちゃんと挨拶して、写真も撮らせてもらおう!

初戦、久保田先輩のメンが決まり、2(2)-0(0)でリード。
201709251.jpg

この試合が終わったら下に降りて声をかけようと思っていましたが、残念、チームが負けてしまったので遠慮することに・・・声をかけることができないママでした。


田門先輩(H22卒)も探していました。
最近、剣友会メールが届かなくて(笑) 

0(0)-1(1)の不利な状況で、大将の田門先輩登場。
3分で2本獲りたいところですが、こうなると、なかなか・・・
201709252.jpg
引き分け。お相手も強かった。

田門先輩にも声をかけづらくて、そのままになりました。
剣友会メールは・・・

この試合場には、先輩が多くいました。
201709253.jpg

ホームページ的には

NTT東日本 VS 凸版印刷
凸版印刷 VS 西日本シティ銀行
それらの勝利チーム VS カミナガ販売

・・・を期待しましたが、そう都合よくはいきません。

上記、凸版印刷には、若い二人の先輩がいました。
201709254.jpg

後ろには試合を控えた、強豪 西日本シティ銀行の面々が
つまり、ゆうほ(ルーキーOB)も、います。

手に汗握る展開に、五人で勝負付かず、代表戦へ。
201709255.jpg

・・・事情により、これ以上のレポートを控えます。
この後、8時間飲んだと聞きました(笑)
佐藤&村上両先輩(H28卒)にはまた、楽しい席で、会いましょう。


さて、こちらは三菱東京UFJ銀行とNTT西日本の先輩たち。
201709256.jpg
おなじみの先輩ばかりです。左から
元ホームページ担当の三浦生雅先輩(H26卒/いくま)
北田先輩、今村先輩(H22卒)、市原先輩、尾野先輩(H28卒)

しかし、北田&市原(H17卒)先輩の同期の浅野先輩と
ひとつ下の八巻先輩にはいつも声をかけることができないママ。
今回、八巻先輩が試合をしているところは見ましたが、何の面識もなく、勝手に写真を載せるのも・・・。機会を探していたのですが、それっきりになってしまいました。

会えなかった先輩たちに、よろしくお伝えください。

全日本実業団パナ優勝

全日本実業団は、沢山の先輩が活躍して嬉しい限りです。

まずは、この写真から。
20170918.jpg

9月18日(祝)、日本武道館で開催された
全日本実業団剣道大会(第60回記念大会)でパナソニックES本社が優勝。
パナソニックとしては2年連続(昨年は門真が優勝)の優勝となりました。

優勝 パナソニックES本社(次鋒 吉村先輩、副将 高先輩)
準優勝 東レ滋賀(副将 各務先輩)
三位 パナソニックES門真(次鋒 岩根先輩、副将 永井先輩)
三位 西日本シティ銀行本店(先鋒 佐藤先輩)

上の写真には、優勝メンバーである
副将の高先輩(H24卒/以下、高優司)
次鋒の吉村先輩(H28卒/以下、大地)
そして別チームで出場した森田先輩(ルーキーOB/以下、モリタ)
が写っています。

大地は昨年も門真チームで優勝しているので
なんと! 2年連続の優勝ですが
彼の特集を組むのはまだ早いので、紹介だけにとどめます。

昨年のパナ門真優勝の記事はこちら

そして上記、昨年の記事でワタシから
『早く帰って、出直し再スタートよ!』
と叱咤された岩根先輩(H25卒/以下、佑馬)ですが、ビックリ! パナ門真の次鋒に入った佑馬は連戦連勝、時には運まで味方にして、3位入賞に貢献しました。
201709181.jpg

副将にはいった永井先輩(ルーキーOB/以下、ゆきちか)も写っています。
佑馬もゆきちかも、勝ち星を重ねる重ねる・・・強かった! 特に佑馬! 初めてほめます! 大変よくできました!!(藤田さんと引き分けた時は、ちょっと感動したよ)

そのパナ門真を、長い長い代表戦で破り、決勝にコマを進めたのは東レ滋賀。
201709182.jpg
副将が各務先輩(H25卒/以下、じゅんき)でした。

近畿実業団で三連覇するなど、優勝のイメージが強い東レ滋賀ですが、じゅんきに確認したところ、彼が全日本実業団の決勝に進んだのは初めて。後で調べたら東レの決勝進出も9年ぶりで、ちょっと意外でした。

もうひとつの3位入賞は、上位入賞の常連、西日本シティ銀行本店。
先鋒が佐藤先輩でした(ルーキーOB/以下、ゆうほ)。
201709183.jpg

強豪、西日本シティ銀行の、錚々たるメンバーじゃないですか!

実はこの写真、メンバーが集まっているところに走っていき、中大のOBなんですけど、ゆうほと一緒に写真を撮らせていただけませんか、とお願いしました。

勘違いした誰かがワタシのカメラを取ろうとしたので、違います!!皆さんと一緒にゆうほを撮りたいんです!!(泣) と、繰り返しお願いしました。

(ゆうほとワタシの写真を撮ってどうするんだ・・・父兄参観じゃないんだから・・・)

そしたら、どなたか、じゃあ、ゆうほは真ん中にと言ってくださって、新人なのにこの位置に。

ウチの本川先輩(H25卒)もそうですが
201709184.jpg

西日本シティ銀行のみなさんはいつもさわやかで、感じが良くて、気持ちがいいです。お時間いただいて、ありがとうございました。

(でも今ごろゆうほに、もう変なおばさん連れてくるなとか、言ってたりして)

実業団、ベスト8

ベスト8にもたくさんの先輩がいました。それぞれが活躍してくれて、取材冥利に尽きるとは、今日の一日のことをいうのだと思います。

(仮に活躍しなかったところで、何かを後悔したこともありませんが)


※敢闘賞(ベスト8)
東芝テック(本社)/NTT/富士ゼロックス(大阪)/日通商事(本社)


全日本実業団で東芝テックがベスト8に残るのは、初めて?か、ずいぶんと久しぶりではないか?と思うのですが。
201709185.jpg

実は関東実業団の後、パナの高優司に、テックがコートを抜けたこと、新人が活躍していたことなどを伝えました。全日本もテックがくるよ~と予言していたので、期待通りで鼻が高いです。

最後(対西日本シティ銀行本店)も紙一重でした。
鈴木先輩(H25卒)に許可をもらったので、その試合をUPします。
前4人が引き分けて、大将(鈴木先輩)にまわってきました。

YouTubeで直接見る場合はこちらをクリック(約3分)音が出ますのでご注意を

この大会、ベスト8までは試合時間が3分しかなく、先取したほうが圧倒的に有利なのに、しかも勝負がかかったこの土壇場で、よく獲り返しました~。諦めてなかったね。

鈴木先輩は引きメンを2本獲られたことを反省していましたが、ココに至るまで、勝負がかかった試合をいくつもこらえ(対東洋水産戦もがんばりました)、主将の責任は果たしたのではないでしょうか。

なおテックの別チームに、佐伯先輩と宮田先輩が出場されていました。

宮田先輩(H26卒)と
201709186.jpg

応援する佐伯先輩(H11卒)
201709187.jpg


NTTも、印象に残る試合がいくつかあったのですが、諸事情により割愛します。
(書けないことも多い、一日であった)

201709188.jpg

201709189.jpg

彼らがさわやかに笑っているのは、試合内容に満足しているからだと思います。準優勝した東レ滋賀と、長い長い代表戦の末に敗退となりましたが、どちらが上がってもおかしくない試合内容でした。

若松先輩(H23卒)にも会いました。一番右にいます。
あら? 真ん中はどなた?
2017091810.jpg

すいません、今日はココまで。まだまだ写真があるので後日UPします。

参加された選手の皆さん、審判の労をとってくださった先輩方
全国から応援に駆け付けられた皆さん、お疲れさまでした。
台風が列島を直撃したのに、沖縄や北海道の企業の辞退はなく
(アナウンスによると、天候事情の出場辞退はなかった模様)
いつもどおりの熱気あふれる大会でした。

警察官大会個人戦

2017年9月5日。
日本武道館で警察官大会の個人戦が開催されました。

2010年から6年連続して会場で応援していましたが
今年はどうしても時間を作ることができず。

後で調べたところ
個人戦初出場の先輩の名前もあり・・・わー残念・・・
日本武道館で、見たかったな。

※今年出場された先輩

長崎県警 藤山先輩(H19卒)
福岡県警 村方先輩(H19卒)
愛媛県警 三浦先輩(H23卒)
宮崎県警 松崎先輩(H23卒)
神奈川県警 村山先輩(H24卒)
神奈川県警 宮本先輩(H26卒)
富山県警 荒木先輩(H26卒)

なお、2010年の本大会に参加されていた先輩はこちら。

長崎県警 小野田先輩(H12卒)
埼玉県警 東永先輩(H12卒)
大阪府警 木和田先輩(H13卒)
栃木県警 白石先輩(H13卒)
宮崎県警 大重先輩(H14卒)
大分県警 横山先輩(H15卒)
長野県警 溝邊先輩(H18卒)
福岡県警 村方先輩(H19卒)
大阪府警 升田先輩(H20卒)

上記の松崎先輩が関東個人戦で優勝された年でした。
小野田先輩と東永先輩の対戦を覚えています。
________________________

余談です。

いいタイミングで
今から16年前の1999年10月17日の写真をいただきました。
20170906.jpg

何となくうなだれているのは、全日本の決勝で
鹿屋体育大に逆転負けした直後だから・・・だそうですが

<この時のメンバー>
小野田先輩・東永先輩・菊川先輩・一丸先輩(H12卒)
尾塚先輩・木和田先輩・太一(=松尾先輩)(H13卒)
後藤先輩(H14卒)
友井先輩(H15卒)

この中に、のちの警察官大会で活躍する先輩が5名います。

小野田先輩、東永先輩、木和田先輩
太一(長崎県警)、友井先輩(大阪府警)

長崎を訪問した時に(多分、小野田先輩の選手権壮行会)
この試合の話を聞いた記憶があります。
詳しく教えてくれたのは太一だったかもしれないけど
小野田先輩が、大学時代に一度も優勝できなかったことを
悔しそうに話していたことがとても印象的でした。

だから

2014年の長崎国体で
小野田先輩が長崎県の優勝を決めたと知った時は
nagasaki_kokutai.jpg
大学時代の無念が少しは晴れたかな・・・と思いました。

※2014年10月の長崎国体の記事はこちら
________________________

16年前の写真は、菊川先輩(H12卒)からご提供いただきました。
小野田主将、東永副主将をはじめとして10名が新宿で同期会を行い、その時の写真もご提供いただきましたので、近日中にご紹介する予定です。
201709061.jpg
秋葉先輩、蝦名先輩、内川先輩は分かります。
増田先輩は実業団の試合でお見かけすることがあります。話しかけていいものかどうか、いつも考えます。
一丸先輩と山本先輩と林田先輩は参加されなかったんですね。
三角先輩と猪俣先輩と斉藤先輩はお会いしたことがないと思うのですが、ご紹介する機会があって良かったです。

201709062.jpg

少々お待ちください。

3月の干支対抗戦

そういえば

3月に大正大学で開催された
アラフォーが集まった第3回干支対抗戦の記事が
今月発売される、有名剣道雑誌 『K道時代』様 に掲載されます。
20170815.jpg

原稿送付が遅れたイイワケに聞こえるかもしれませんが

いやぁ時差ボケのまま参加して、ボーっとしちゃったんでねぇ

少し時間が経って読み返してみるのも、いいものですね。

この集合写真が大きく掲載されます。
201703111.jpg

参加された皆さま、お楽しみに。

そしてぜひ、ご購入くださいませ!

ゴールデンウィークを過ぎて提出した原稿と写真を採用していただき
『K道時代』様 には感謝しています。ありがとうございました。

3月11日に開催された、干支対抗戦の記事はこちら

佐賀、大阪に勝利

このタイトル自体 ↑ が佐賀県剣道界に対して
失礼ぢゃないかしら・・・という危惧もあったのですが
(50卒秋吉先輩から叱られるんじゃないか・・・という不安とともに)

教職員大会に限っては、プログラムによると

平成だけで11回も3位以内に入賞している大阪府に対して
(その内、H8卒今泉先輩の名前が5回も!)

佐賀県は1回だけ、だったので(平成元年に3位)
20170809.jpg

今回の28年ぶりの3位入賞
そして殊勲の北原哲也先輩(H5卒)は盛大に称えられるべき!!
と信じ、全85万の佐賀県民に向けてこの記事を書きます。

佐賀県の初戦のお相手は栃木県。
1(0)-0(0)のビハインドで迎えた副将戦、
ココで北原先輩が貴重な一本勝ちでタイにして大将につなぎ
20170808.jpg

大将が見事に二本勝ち! 佐賀県、初戦突破。
201708081.jpg

個人的には、実は対大阪府戦より
この初戦の哲也先輩の活躍の方が印象に残っています。

(編注)
栃木県の先鋒は、H27卒大久保先輩ではなく。


いよいよ対大阪府戦。
先鋒と次鋒の活躍で、佐賀県が2(3)-1(2)とリードして
副将の哲也先輩登場。
引き分けて、リードしたまま大将へつなぎましたが

YouTubeで直接見る場合はこちらをクリック(約5分)

大将の一本負けで2(3)-2(3)と追いつかれ
201708082.jpg

ココで、5人の中で唯一引き分けた哲也先輩が代表戦に登場。

長いですよ。

YouTubeで直接見る場合はこちらをクリック(約13分)

この日、代表戦がいくつかあった中で
一番長かったのでは・・・と思います。
集中力途切れず、最後は文句なしの一本で
佐賀県が、前年度優勝の大阪府に勝利されました!

これでベスト8入り。

ココで、西野先輩(56卒・大将)率いる茨城県と対戦。
この試合もすごかったんですよ・・・
2017080512.jpg

5人終わったところで、もし代表戦がまた哲也先輩だったらと
少し 期待 心配 しましたが、今回は次鋒が再試合。
無事勝利されて、ベスト4決定!

準決勝のお相手は、地元埼玉県。
沢山の学生さんたちが拍手で埼玉県を応援していました。

ココでワタシが夢見ていたのは決勝の 東京都 VS 佐賀県。
両方にOBがいるので、ホームページ的には
どっちが優勝しても問題ナシ。

準決勝の二試合です。
左が 宮城県 VS 東京都、左が 佐賀県 VS 埼玉県
201708092.jpg
手前がレッツ剣道さん。

先鋒の桜木先生、次鋒の門田先生と連勝されましたが
201708091.jpg

埼玉県は、ココからが強かった。本数で埼玉県が勝利。 
わ~ 佐賀県は残念だったけど、堂々の3位
繰り返しますが28年ぶり
20170805.jpg

(決勝での浩平先輩についても書きたいのですが、それは後にして)

閉会式で、哲也先輩は予想通り優秀選手に選出されました。
2017080515.jpg

佐賀県の選手のみなさま、おめでとうございました!
大将が勝負を決めた試合もあれば
2回の代表戦は、それぞれ大将ではない選手が勝利され
若手とベテランの両方が活躍された、いいチームでございました!


なお、大活躍の哲也先輩を、会場で同期が応援していました。
20170810.jpg

哲也先輩も高槻も、多分、10年ぶり位だったと思います。
カメラを嫌がっていましたが、哲也先輩と並んだ時だけ
コッチを向いてくれました。

佐村先輩(H5卒)。
同期(哲也先輩と白石先輩)と熊本県の応援に来ていました。


鶴先輩! お待たせしました~これで完成しました!

私的ベストマッチ

大会役員だった山本先輩(H20卒・川越高校)に
銘菓、川越ポテトをいただきまして
2017080511.JPG

夜中に食べながら(だから太るんだ)、動画を見直しています。

山本先輩とは、今年3月の魁星旗の懇親会で
『埼玉に来られる機会があったら、お土産を用意します』
とか、そんな話をした記憶があります。
本当にいただけるなんて、嬉しいです。
(したよね? 川越は花で有名だとか、話したよね?)

(編注)
この文章は、後輩に手土産を期待するものではありません。
単に、山本先輩のお人柄を、述べているのみ。
 

個人戦にはOBは出場しないのだろうという先入観があり
会場に到着したのは団体戦が始まる、お昼前でした。
(星山先輩の試合を見ることができなかったのは、この事情)
2017080513.jpg

団体戦に出場された先輩方の試合はすべて観ました。
直接の同門対決はなかったけれど
両チームにOBがいる試合も3試合あり、ハラハラしながら
初めての教職員大会を楽しませていただきました。

和歌山 VS 長崎

長崎 VS 東京
2017080514.jpg

佐賀 VS 茨城
2017080512.jpg

圧倒して強かったのが宮本浩平先輩(H27卒)
(書いてもいいと思うが、最後の負け方もヒーローっぽかった)

優秀選手選出は、満場一致だったはずの、北原哲也先輩(H5卒)
(昨年団体優勝、優勝候補筆頭の大阪府を、代表戦で撃破)
2017080515.jpg


なお、ワタクシ的なベストマッチは 大阪府 VS 愛知県 の次鋒戦
村上雷太先生 (大体大監督) VS 福間隆二先輩 (H24卒)

YouTubeで直接見る場合はこちらをクリック(約4分)

・・・桐蔭学園の同級生ですね。白が福間先輩。

彼らが大学4年(2011年)の全日本団体戦決勝は筑波VS中大。
先鋒から大将(筑波が村上先生)まですべて引き分け
大将同士が登場した代表戦の結果は、もういいとして
あの時の決着が付くかしら、と楽しみでした。

付かなかった。福間クン譲らず、堂々互角。

最終章はまだまだ先のようだよ<高優司。

大阪府の初戦、場内から注目されていたと思います。
レッツ剣道さんのカメラもこの試合場を向いていました。
大阪の先鋒の二本勝ちで勢いがついたかに見えましたが
愛知は次鋒、中堅と引き分け、勝負は大将戦に。
2017080516.jpg

あやわ愛知の大金星かと期待された試合でした。


もうひとつ挙げるなら、秋田県 VS 東京都 の中堅戦
鷲谷和先生(つまりH16卒鷲谷弟) VS 宮本浩平先輩(つまり宮本弟)

YouTubeで直接見る場合はこちらをクリック(約4分)

鷲谷先生はH16卒鷲谷翼先輩(下)の弟さん。
鷲谷先輩が、このホームページをよく見てくれているので
ご報告がてら掲載しました。
03293.jpg
いい試合だったから載せていいよね。あとなんぼがだったべ

和(わたる)先生は個人、団体とも三位入賞経験がある
教職員大会の常連ですが、この試合は浩平先輩勝利。

東京都の初戦だったこの試合は、まったくの五分で進み
代表戦までもつれました。
もし、ココで、秋田が勝っていれば・・・

東京都は、浩平先輩連戦連勝の活躍もあり
勝ち進んで、準優勝でした。
2017080517.jpg

なおこの動画、角度が良くないので、どうしようかと思いましたが
写っているレッツ剣道さんのカメラが大阪VS佐賀を追っていたので
ワタシが記録しなければ!
という責任感の中で撮影を続行した次第です。

翼先輩へ。
和先生に、よろしくお伝えください。

あとなんぼがだったべ

教職員大会結果

※8月7日追記

岐阜県の先鋒が佐藤光先輩(ルーキーOB・麗澤瑞浪)
201707304.jpg

玉竜旗の懇親会の写真を整理していて
ふと嫌な予感がして・・・プログラムを探したら
岐阜県の先鋒に、佐藤光という名前が・・・しまった!!

佐藤先輩、読んでますかーっ
今度はワタシが写真を撮ってお返しする番だったのに・・・
気が付かなくて申し訳ありませんでした!!
__________________________

8月5日(土)、埼玉県立武道館で
第59回全国教職員大会が開催されました。

団体優勝 埼玉県/昭和45年(1970年)以来、47年ぶり
準優勝 東京都(中堅にH27卒宮本浩平先輩)
三位 佐賀県(副将にH5卒北原哲也先輩)、宮城県

ベスト8
茨城県(大将に56卒西野先輩)
沖縄県、兵庫県、京都府

佐賀県は平成元年(1989年)以来、28年ぶりの3位入賞。
北原先輩は優秀選手にも選出される大活躍でした。
20170805.jpg

斜め前でレッツ剣道さんがLIVE配信されていました。
201708051.jpg

序盤、カメラの向きは、昨年の優勝チーム、大阪府のいる
第1試合場だったように見えました・・・
ということで、ワタシが書かなくても北原先輩の活躍は
皆さんはとっくにご存知かもしれませんが・・・

それにしても今日は、中大OBが大活躍。
台風を気にされて、早めに会場を後にされた清水先輩(55卒)
とも、中大勢が活躍してますね~!! という話をしました。

<出場された先輩>
夏目先輩(55卒・和歌山県・大将)
201708059.jpg

西野先輩(56卒・茨城県・大将)
2017080510.jpg

北原先輩(H5卒・佐賀県・副将)
201708053.jpg
(笑顔の向こうに、久しぶりに会う同期がいました。後述)

白石先輩(H5卒・長崎県・副将)
201708052.jpg

福間先輩(H24卒・愛知県・次鋒)
201708056.JPG

宮本先輩(H27卒・東京都・中堅)
201708055.JPG

そして会場役員として山本先輩(H20卒)
201708054.JPG

以上、会場で確認した先輩です。

もうひとり
会場の壁に貼ってあった、個人戦の組み合わせの
この名前に心当たりがあります。
201708057.jpg

以前、玉竜旗の懇親会でいただいた名刺と所属が違い
確認したかったのですが、探し出すことができませんでした。
台風だから・・・早く帰ったのかな・・・

もし星山先輩(H25卒)だったら
声をかけられず、試合の応援ができず、申し訳なかったです。
2014h252.jpg

同期の佑馬! 読んでますか?
星山先輩によろしくお伝えくださいね。
(もし同姓同名の別人だったら、教えて)

なお上記の清水先輩(55卒)は、大阪府個人戦代表の
清水大智先生の応援に来られていたようです。


台風が九州に近づいて、飛行機の欠航も見受けられます。
出場された選手のみなさま、無事にお帰り下さい。
59年ぶりの埼玉開催に尽力された関係者のみなさま
ありがとうございました。

来年は第60回の記念大会として
大阪府(岸和田総合体育館)で開催されるとアナウンスがありました。

201708058.jpg

そのまた、後日談

九州北部地方で発生した
豪雨災害の被災者の方々に心よりお見舞い申し上げます。
被災を乗り越えて玉竜旗に出場される高校剣士がいたら
あたたかい拍手が贈られますように。
__________________________

近畿実業団の後日談をUPしたら
またものすごい勢いでメールが入ってきたので
さらなる後日談を書く羽目になりました。

その前に、もう一度、西日本勤労者大会でのこと。

馬渡先輩(H6卒・以下カツ)に会った時
20170718.jpg

「今日は転ばないようにします」とつぶやかれました。

あぁ・・・あれね。
昨年10月15日のNTTグループ全国剣道大会
201610164.jpg

13年ぶりに出場したけど、足がもつれて転んでしまった、あれね。
2016101612.jpg

同じチームだった齋藤先輩(H25卒)と渡部先輩(H26卒)が
おそらくこの日、初対面だったのでしょう、心配そうに
上目遣いで応援していたのが印象的でしたが
(コイツ、大丈夫か、みたいな)

・・・知らないだろう。
カツは、君たちが生まれているかどうかの平成4年10月11日
全日本優勝大会の決勝(対筑波大)の中堅戦で
竹中健太郎先輩(PL学園→筑波→鹿屋体育大学監督)に
二本勝ちをしたオトコなんだよ。 

ビックリだよね

(試合は三将のH5卒白石先輩が引き分けたところで優勝決定)


カツの昔話はともかく、そうそう、このNTTの大会で
市原先輩から藤原先輩を紹介されました。
2016101634.jpg

高橋先輩や河村先輩(38卒)に大変お世話になっていて
京都産業大学のOBだけど、このホームページを
毎日見ていると言ってました(へー何がおもしろいかな)。

市原先輩のメールで思い出し、前の記事の通り

> 藤原先輩(京都産業大学・H8卒)はどうだったのかな。

と書いたところ、期待通り、すぐに本人から連絡がありました。

> ご報告が遅れましたが、今年1月より大森先輩の後を継いで
> 当剣道部の監督に就任し、近畿実業団は監督として参加しておりました
> ※大森先輩は総監督に就かれました。

えーーーーーー!! 監督ご就任、それは失礼(笑)
オオモリ総監督就任のことも、知らなかった。

今大会のNTT西日本は
Aチーム(副将にH28卒尾野先輩)がベスト8
Bチーム(大将にH17卒市原先輩)がベスト4/前の記事の通り

東レ、パナ、トールといった強豪が複数のチームで参戦する中
藤原新監督の下で、久しぶりに、揃っての上位進出となりました。

> 今回の結果を活かし、9月の全日本実業団ではベスト8以上の
> 結果が残せるように取り組んで参りますので、
> 是非、ご注目いただけると幸甚でございます。

・・・ということで、これはつまり
今村先輩(H22卒)を含めて中大OBを3名擁する
NTT西日本からの宣戦布告かしら。
全国の実業団チームのみなさーん、読んでますか~っ

そして、NTTグループ全国大会(10月15日)では
藤原先輩自身が二連覇を狙うそうですが

覚えているよ・・・決勝での二本負け。
2016101624.jpg
(昨年の決勝スコア)
(オオモリが二本勝ちしたから良かったものの)

健闘を祈ります。
2016101632.jpg

近畿実業団、後日談

6月11日に開催された近畿実業団で
東レの四連覇を阻止して、パナが優勝したことは既報の通り。

優勝 パナソニックES本社A
準優勝 パナソニックES本社C
3位 グローリー/NTT西日本B

速報記事で

> なおパナ以外のチームからも
> 自慢話、敗者の弁、全日本への意気込みなど を待っています。

と軽い気持ちで書いたところ
ものすごい勢いで自慢話が送られてきました。

まぁ! 良かった。
昨年の全日本実業団はあんだけ落ち込んでいたから・・・
2016091915.jpg

市原先輩(H17卒)が大将として率いたNTT西日本Bは
中大OBを3名(永井・大地・佑馬)擁したパナBに
3(5)-1(3)で勝利、ベスト4入り。
親切にもその大将戦のスコアまで・・・

    市原 ココ × メ  勝見  ※ 市原コ⇒勝見メ⇒市原コ

市原先輩が先取したものの
勝見先輩が二本勝ちすれば代表戦につながるという僅差。
この緊迫した展開の中で、市原先輩が二本目のコテを獲った
その瞬間を見たかったものです。
(試合時間短いからね。勝見先輩からよく獲ったね)

藤原先輩(京都産業大学・H8卒)はどうだったのかな。
2016101633.jpg


それにしてもこの日のパナときたら

(敬称略)
Aチーム 優勝
先鋒 日下
次鋒 山田
中堅 小野
副将 高(H24卒)
大将 足達
(決勝は代表戦で小野勝利)

Bチーム ベスト8
先鋒 永井(H29卒)
次鋒 吉村(H28卒)
中堅 磯口
副将 岩根(H25卒)
大将 勝見

Cチーム 準優勝
先鋒 古田
次鋒 森田(H29卒)・・・決勝であの山田クンに一本勝ち
中堅 若旅 
副将 笹森 
大将 有田

ビッグネームがずらりと並んで・・・
どこが優勝してもおかしくないんじゃない?!

新戦力の、中大OBの活躍もあったとはいえ
この層の厚さにはビックリでした。
秋の大会(全日本実業団)はまた、ガラっとメンバーが変わるんだろうね。

ねっ! 佑馬! 楽しみだねっ!!

(編注)
岩根佑馬先輩を叱っているワケではありません。

木鶏会 前編

お待たせしました。
前の記事で紹介した、圭二の原稿です。
少しずつUPさせていただきます。
__________________________

25年ぶりのチーム結成! チーム名「木鶏会」  
井上圭二(H6卒)

私にとって、今年最大のイベントが終わった。

平成29年6月11日(日)、高知市で開催の「第56回西日本勤労者剣道大会」に同期3人で出場。この話がいつ成立したか未定だが、それ以来3人の共通目標となり、それぞれ動き出した。

卒業以来25年ぶりのチーム結成。その興奮は今でも収まらない。

同期3人とは、平成6年卒の山下忠典(宇治高)、馬渡勝宏(高千穂高)、そして、私、井上圭二(新田高)で、平成4年の全日本団体優勝メンバー(当時3年)でもある。現在、三井住友海上勤務の山下は群馬県、NTT九州勤務の馬渡は福岡県、松山市役所勤務の私は愛媛県とバラバラだが、前日、松山に集結。
前回会ったのは、昨年10月、全日本団体(大阪開催)の応援以来で、それほど懐かしさ感はないが、同期との再会はやはり嬉しい。ただ松山空港で、先に到着した馬渡とともに山下を出迎えた時、山下は時間の流れを感じる我々の頭に、試合への不安が立ち込めたそうである。
20170711.jpg


早速、事前に無理を頼んでいた大亀健太先輩(H21卒)が今年4月オープンさせた揚げたて天ぷら「さくや」にて昼食兼朝食(時刻9:40の開店準備中)。健太氏のもてなしで、キンキンに冷えたビールで乾杯、アツアツの天ぷらを食した。
201707111.jpg


腹ごしらえも済み、健太氏とともに店を切り盛りしている信田氏(前トール勤務)と記念写真。
201706118.jpg


一路高知を目指したが、山下は2回目、馬渡は初めてということで、まずは桂浜へ向かい、龍馬像や太平洋をバックに修学旅行ばりに楽しんだ。
201707112.jpg


14:30。試合会場となる高知県立県民体育館へ。私の同僚松山市役所チームと合流し、約1時間の合同稽古。市役所メンバーも往年のスターとの稽古で、緊張しつつも充実した汗を流した。ただ、私達は学生時代でもあまりお互い稽古したことがなく、変な感覚を覚えたがこれもまた嬉しかった。

18:00。高知市内の居酒屋「三郷」にて市役所チーム合同での懇親会。市役所メンバーは山下と馬渡の話に興味津々で、触れてほしくない昔話等も遠慮なしに飛び交った。

(続く)

(編注)
・関東在住の山下先輩の本大会参加について、事前に大会関係者さまから了承を得ています。
・ドライバーである圭二はビールを飲んでいません。

未だ木鶏足りえず

未(いま)だ木鶏(もっけい)足りえず

タイトルの意味が分かる方は
大相撲のファンか
昭和54年の全日本優勝を知っている時代か
あるいは 過去の「斌徳」(ふとく)を熟読しているか
それ以前に、知識人か。

(編注)
斌徳3号(昭和54年12月1日発行)中では
「木鶏に似たり」で紹介。
201707071.jpg

この記事では、故高木友之助先生(前部長)に
ゆかりの深い、双葉山の言葉として有名な
「未だ木鶏足りえず」で紹介します。

そういえば、あるところに「武徳」と書いてありましたが
それ、違うから。

そもそも「斌徳」とは
戦前、戦後を通じて北島先生命名の剣道部機関誌で・・・
いや、その話は今度にしよう。

そう、「木鶏」の話。

西日本勤労者剣道大会(高知)の前日
こんな写真が送られてきました・・・あ! これは・・・
20170707.jpg

平成6年卒の井上(先鋒)、馬渡(中堅)、山下(大将)で
チームを組んだ「木鶏会」だ!

土佐の三志士気取りかっ!
IMG_2322.JPG

(編注)
高知駅前に、三志士像があります。
左から武市半平太先生、坂本龍馬先生、中岡慎太郎先生。

よほど嬉しかったんだろうね。
201707072.jpg
鹿児島の三浦武道具店で垂ネーム新調したりして。
大人の修学旅行だね。

チーム木鶏の活躍ぶりは
常光先輩がコメントに書いてくださった通りなのですが

(この記事のコメントです)

3試合目に、香川県教員チームに堂々の敗退。
スコアも、恥ずかしいものじゃないから、載せていいだろう。
201707073.jpg

試合時間は4分。
このメンバー相手に、この年齢差で、互角でした。
(分かりますよね。お相手は元筑波大の主将とか)

香川県教員チームはこの後、九電工Aに本数勝ち
本川先輩のいた西日本シティCに勝つなどして勝ち進み
20170604mirei3.JPG

準決勝で惜敗したものの、3位入賞。
201707077.jpg

チーム木鶏の3試合は
二本勝ちはあっても、誰ひとり二本負けはなく
年齢と稽古不足は、チームワークと
何か不思議な力でカバーして、お見事な試合ぶりでした。
201707074.jpg

常光先輩も、担当の試合会場を離れて応援に来てくださって
201707076.png

なんか、中大剣道部っていいなぁと思った瞬間でした。
(えっ 今さら?!)

隆二先輩(H2卒)は心配そうでしたけどね。
201707075.jpg


なお井上先輩より、本件について
長文の、ホームページ用原稿が送られてきました。
長いんですけど・・・載せなきゃダメ?
次号の「斌徳」でいいんじゃない?

> なんで「斌徳」やねん(怒) せっかく書いたのに。

長過ぎるのはどうだろう。

> もちろん、長いわい(怒)

というやりとりがあり 
仕方ないので せっかくなので、紹介させていただきます。

でもこの文章は
「斌徳」に永遠に残したほうがいいと思うんですけどね。
201707078.jpg

あ、もう夜遅いので、今日はこの辺で。
圭二先輩の原稿は、後日ちゃんと掲載します。
東京でもヒアリが見つかったというニュースを心配しながら
そろそろパソコンを落とします。わ~眠いな~  

・・・未だ木鶏足りえず
(そんな安易に使う言葉ではないという、批判の声も聞こえます)
(29連勝くらいしないと)


(編注)
関東在住の山下先輩の本大会参加について
事前に大会関係者さまから了承を得ています。

(編注)
7月6日の愛媛新聞でも、この言葉が紹介されています。
大城戸功先生(範士八段)の紹介記事文中です。

西日本勤労者大会

高知新聞を見て、ミレーを食べながら、高知の話を書きます。

201706119.jpg
常光先輩と、チーム木鶏のみなさん(左から圭二/忠典/勝)

西日本勤労者大会のいいところは
警察官、刑務官、実業団、教職員、公務員、隣近所
あるいは「チーム木鶏」のような任意団体が
年齢性別関係なく、団体戦で対決するところです。

そしてフレンドリーなこの大会は
機動隊に所属する後輩や
2017061111.JPG

俳優さんや(イケメン過ぎてメンを外せない事情)
2017061110.jpg

元全日本チャンピオンに檄を飛ばすという
2017061112.JPG

・・・ちょっとした勘違いも実現したりします。

(木和田先輩は監督だったので試合はしていません)
(後ろは中村憲刀さん)

さて慎二の初戦。
愛媛機動隊A(村上・慎二・渡部) VS M菱T京U銀行某。

前日の高知新聞でも決勝トーナメント出場が有力とされていた
慎二のチームは、あれっ! 先鋒が引き分け、中堅の慎二登場。
機動隊の錚々たるメンバーが見守る中で、タカツキから

「慎二! 気合い入れていけよっ!」

と大声でゲキを飛ばされた慎二の心中やいかに・・・

YouTubeで直接見る場合はこちらをクリック(約4分)

わ~良かった~二本勝ち~(お相手は七段の実力者でした)。
負けたら、下を向いて試合会場からそっと離れるところでした。

この日の慎二は絶好調。
まるで、昨年の警察官大会団体戦(あとひとつで全勝賞)を
彷彿させるような活躍でした。 慎二! 良かったぞ!

まさかチームが二回戦で負けるとは、夢にも思わなかったけど。


なおこの日の慎二の真骨頂は剣道ではなく(えっ、じゃあ何?!)

タカツキを見つけて喜んでくれたこと
(昨年、愛媛県警は欠場。会わなかったんだよね)

2015年12月、松山での中四国OB戦の折に
お買い上げいただいた竹刀袋を持参してくれていたこと
201706115.JPG
使い込んですっかり色が落ちて・・・(感動)

そして何より元ホームページ担当者としての自覚がうかがえる

「今日の写真を送ろうと思っていたんですよ!」

という、ありがたい一言にあります・・・まあ! 聞かせたい後輩がいます。

いくま!! 読んでますか?!

※補足 
いくまこと、三浦生雅先輩(H27卒)も、学生時代にホームページ担当

そのいくまは、二回戦で刑務官のチームと対戦。
2017061113.jpg

このまま代表戦となり、はらはら長い試合になりましたが
お相手の体力・気力が、ほんの少し、一枚、上でしたかね。
いくまは、この大会初出場だったと思いますが、上がるには
警察学校、警官、刑務官、そして教職員といった
稽古量豊富なチームに勝たなければいけないので
実業団の強豪も、そんなに簡単には上がれないんだよ。

(だから昨年も今年も決勝トーナメントに残りながら
 一度も負けてない本川先輩は偉いと思うのだ)


そういえば慎二。
ルーキーOBのゆうほ(元主務・高千穂)なんだけどね。

ルーキーらしく、ちゃんと記録もとっていたし
2017061115.jpg

確実にポイントを重ねてチームの勝利にも貢献していたけれど
2017061114.jpg

このホームページ見たことないっていうの!!
あなたのことはそれほど的な対応だったの!!

(あ! 秋田と北海道はTBSないんだった・・・分かるかな)

写真載せるから見てねって言っておいたけど、どうだろう・・・(弱気)
隣にいた同じ職場の先輩の方が、見てる確率高いと思う。

これからはアクセスしてくれるといいね。
指導をよろしく頼みます。


西日本の2大会

6月11日(日)は
大阪で近畿実業団が
高知で西日本勤労者剣道大会が開催されました。

近畿実業団は、パナソニックが東レの四連覇を阻止!
決勝はパナ同門対決となり
優勝チームの副将に高先輩(H24卒)が
準優勝チームの次鋒にルーキーOBの森田先輩が入りました。

なお先鋒に永井先輩(ルーキーOB)
次鋒に吉村大地(H28卒)
副将に岩根佑馬(H25卒)が入った別チームも
初戦で優勝候補の筆頭だった東レ(近畿三連覇中)を撃破!
ベスト8入りしたと聞きました。

201609192.jpg
昨年2016年9月19日(祝)、全日本実業団優勝の後で
大地と永井君(当時4年)。
この写真、撮っておいてよかったよ。

この写真の感動の余韻が残る中で
なんだか久しぶりに、近畿を制しましたねー。
中大OB達も活躍したようで、良かった良かった。
おめでとうございます!

なおパナ以外のチームからも
自慢話、敗者の弁、全日本への意気込みなど を待っています。
中大OBに限りません(笑)


さてワタシは今年も高知にいました。
関西の実業団チームが来ないから寂しいと思っていたけど
全然そんなことはなくて、むしろ忙しかったです!

ざっと時系列に並べます。
なお登場人物は下記の通り。
OBの年齢差56歳というのは、取材する側としてちょっと自慢です。

常光先輩(36卒)
本川先輩(H25卒)
佐藤雄法先輩(ルーキーOB、以下ゆうほ)
中山先輩(H22卒)
三浦生雅先輩(H27卒、以下いくま)
松本明真先輩(H24卒、以下明真)
木和田先輩(H13卒)
天野浩成さん
中村憲刀さん(元、高輪高校剣道部主将)
石塚一輝先輩(H14卒、以下かずき)
三浦慎二先輩(H23卒、以下慎二)
篠田先輩(H15卒)
松山市役所のみなさん
チーム木鶏のみなさん(圭二/勝/忠典・・・えっ、誰?!)
井上隆二先輩(H2卒、以下隆二)
そして
さくや(松山市)のみなさん

西日本シティ銀行のみなさんから
元主務のゆうほ(高千穂)が入行したことを教えてもらいました。
20170611.jpg

中山先輩を探して大同特殊鋼のみなさんに声をかけたら
「あっ、ホームページの・・・」という声が聞こえました・・・
素性がばれてるようです。
201706111.jpg

それにしても大同特殊鋼はイケメンぞろいで
行くべきは東海実業団かもしれません(えっ その前に九州実業団へ)

いくまがいました! 
ワタシを見て本当にビックリしたみたいで、しばらく唖然。
嬉しいのか悲しいのか、ハッキリしなさい。
201706112.jpg

常光先輩に木和田先輩を紹介しました。
201706113.jpg

天野さんと中村さんは目立ちすぎて(さすが俳優さん)
みんなが振り返ってました。わ~カッコいいね~
201706114.JPG

昨年は大声で呼んでも振り向かなかった明真ですが
今年は声をかけてくれました。
あれっ、近畿実業団は?! 「こっちに来ちゃいました」
IMG_3991.JPG

いくまと違って、慎二は、ワタシとの再会を喜んでくれました。
201706115.JPG

このふたりは久しぶりの再会だったようです。
ワタシもかずきと久しぶりでした。篠田先輩はよく会うんですけど
201706116.jpg

隆二 with松山市役所 andチーム木鶏
201706117.jpg

そして、前日に撮られたこの写真は・・・
201706118.jpg

昨年、「夢追組」としてこの大会を盛り上げた二人(信田君と健太)が
また別の夢を追っているようだ。 大会への復活も待ち望まれます。

昨年の夢追組についてはこちら(昨年のこの試合の記事)

いずれも詳細は後日。

なお本日(6月12日)、新聞休刊日のため
次回は明日の高知新聞が手元に到着するのを待って
ホームページをUPしたいと思います。


昨年、2016年6月13日(月)の高知新聞朝刊一面は
優勝メンバー日下クン(西大寺→法政→パナ)の笑顔。
準優勝も東レと、実業団チームが大躍進。
20160613.jpg

今年は高知県警A(中澤、西村、西山の各先輩)が
3年ぶりに優勝を奪還。準優勝も香川県警。
実業団チームでは
本川先輩が中堅を努めた西日本シティ銀行Cのベスト8が最高でした。

昨年、サミットの警備などで稽古量が十分でなかった
各県警察チームの面目躍如といったところでしょうか。

参加されたみなさま、お疲れさまでした。

関東実業団 後編

第59回関東実業団剣道大会

優勝は富士ゼロックス(本社)、二連覇。

関係者のみなさま、おめでとうございます。

準決勝を前に武道館を後にしたので表彰式の写真がなく
来ていなかったんだろうと誤解されていると思いますが
2017060418.jpg

見てました<上原先輩。
2017060419.jpg

東洋水産戦が印象に残っています。
対戦前から組み合わせを見てワクワクしましたが、見ごたえありました。

(表彰式の写真をお持ちであれば、お送りいただけたら
 紹介しますのでよろしくお願いします)

家に帰って、頭の中の記憶と手元のメモをみながらホームページを作ろうとしたら、関東実業団剣道連盟のサイトに早速結果がUPしてあって驚きました。かなり早い時間にUPしていただいて、これも関係者のみなさま、ありがとうございます。

ベスト16のチームと、決勝のスコアはこちら


優勝 富士ゼロックス本社(二連覇) 中堅に上原先輩(H16卒)
準優勝 伊田テクノス本社
三位 日通商事本社
三位 NTT東日本東京 次鋒に若松先輩(H23卒)

ベスト8
東洋水産(本社)
日本通運(本社)
三井住友海上(神田)
三井住友銀行

(制作中)

久保田先輩(H21卒)によく似た人にすれ違った気がする・・・
声をかけることができなかったのですが
あれは久保田先輩だったんだろうか・・・写真撮りたかったな・・・

関東実業団 中編

(制作中)

10時前に撮った写真です。
2017060420.jpg

この中に、新鷲先輩(H9卒)、寺田先輩(H29卒)、鈴木賢太郎(H25卒)、丸家先輩(H24卒)、齋藤先輩(H25卒)、試合を控えてメンを付けた渡部先輩(H26卒)、そして大将戦を控えてメンを付け始めた久保田先輩(H21卒)がいます。

えっ? 分からない? そうだよね~ でもホントなんです~
おそらく名前が挙がった本人は自分がどこにいるか分かると思います。

これは11時ころだったと思います。
尾方先輩(H元卒)率いるカミナガ販売と
清武先輩(H9卒)率いるALSOK(西東京)の試合が始まります。
2017060421.jpg

これも小さくて見えないから説得力ないでしょうけど

ほら、これからスコアボードがひっくり返されます。
2017060422.jpg
カミナガの副将に浅田先輩(H8卒)

この試合、カミナガが勝ったと思ったのですが・・・


さておき、こんな風に上から双眼鏡で眺めながら先輩を追っています。16試合場あるので、下に降りるとその間に試合を見逃すことも多く、なかなか下に降りるタイミングが難しい。

しかし今回は出場チーム数が減ったんじゃないの?という位に人が少なくて(実際には昨年比微増なんですが)、開会式の挨拶の通り、運動会に行った家族も多かったのか、写真を撮りやすかったです。

古一先輩の他にもうひとり、ルーキーOBに会うことができました。
201706046.jpg
剣友会非公式グッズの ↑ 自腹ボールペンを進呈

GWの稽古会にも参加していたのに、写真を撮る機会がなかった村上先輩(桐蔭学院)。声をかけてくれた山下先輩(H6卒)に聞いたらすぐソコにいて、良かった。
   ↓   ↓
GWの稽古会の記事。最後に書いてある、紹介できなかったルーキーOBが村上先輩

隣の試合場には三菱東京UFJ銀行の辻先輩(H28卒)がいました。
この日はやたらと強く、二本勝ちとかしちゃって!!
チームの勝利に貢献していましたが
201706047.jpg

3試合目で、清武監督(H9卒)率いるALSOK(西東京)に敗退。
201706048.jpg

清武先輩を知らないというので試合後に挨拶に連れて行ったら、清武先輩の方から握手してくれて、メンタオルですぐに気が付いたと言ってくれて、次の試合まで時間もなくて慌ただしい中だったのに、清武先輩いいヒトだなぁ!

なお同行の城田先輩、北田先輩、いくま、益田君、寺田先輩には会えず(見ていたけど追い切れず)。残念でした。また今度、焼肉でも誘ってください。ワタシが深夜高速バスに乗らない日に(あれからもう、一年か・・・)。

昨年の7月7日、晴れの日に、高級焼肉を食べました。

こちら、その寺田先輩(三菱東京UFJのルーキーOB)
デビュー戦は引き分けでした。勝ち負けより竹刀が気になりましたよ。
2017060413.jpg


3位入賞の若松先輩。紅白幕の前がふさわしい活躍でした。
2017060414.jpg

昨年準優勝だった廣瀬先輩(H19卒)
2017060415.jpg

ゼロックスのまるちゃん
2017060416.jpg

佐口先輩
2017060417.jpg

今年は今井先輩に会えなかったな~

(制作中)

関東実業団 前編

2017年6月4日、日本武道館で
第59回関東実業団剣道大会が開催されました。

今回、14試合場に多くの先輩が登場されましたので
201706043.jpg

まず14試合場周辺を紹介します。

試合前に気合が入る東芝テック。
2017060412.jpg
手前に ↑ 宮田先輩(H26卒)
そういえば、ダイエットは成功したんだろうか?

20170604.jpg

201706041.jpg

・・・こらっ! 凸版の佐藤! しれっと2回も入ったな!


これらの写真を撮る前のこと。
凸版印刷(本社)は初戦で日本通運(航空事業支店)に0(0)-1(1)で惜敗。その一本は先鋒戦で高須先輩(H18卒)が村上先輩(H28卒)から決めたものでした。
初太刀で。

獲り返そうとする村上先輩(赤)と
2017060411.jpg
左端に、凸版の大将、村木先輩(H11卒)。

先鋒のふたりとも、お相手が中大OBと知らなかったそうで、いい機会なので紹介しました。まだまだこれから先も、試合場で会うでしょうから。
201706042.jpg

今回の勝負、高須先輩の完勝だったね~!というと、村上先輩は、いやボクのツキがどうのこうのと鼻息荒く言い返してきました(笑) 
・・・聞こえなかったよ(高須先輩は認めていたよ。紳士だね~)。

そして伊藤忠商事(青山)。
201706044.jpg

この日を待ってたんですよ。ルーキーOBの古一先輩。
201706045.jpg

昨年のこの試合で、偶然、就活中だった古一君(当時4年)に会いました。その時は写真は遠慮して、また来年会えたらと伝えたのですが、会うことができました。
一年越しの写真です。

そして、お隣13試合場では凸版印刷(朝霞)の中堅に新鷲先輩(H9卒)
201706049.jpg

引き分けましたが、残念ながら二試合目でチームが敗退。
2017060410.jpg

あ、一試合目も、見てたよ。 今回はいまひとつだったね~


中編に続きます。

4月29日動画

(制作中)

前述のとおり、到着してすぐ
大亀先輩と松崎先輩の試合がすぐに始まることに気が付きました。

結論からいうと、ふたりとも一本勝ちでした。

二回戦、福岡対愛媛、五将の大亀先輩の試合。
この通り遠いので、移動しようかとも思ったのですが
すぐに松崎先輩の試合が始まるので、そのまま遠くから撮りました。

YouTubeで直接見る場合はこちらをクリック(約7分)

そして松崎先輩、本当にゴメン。
ぶれたな~とは思ったのですが、肝心なところが・・・初太刀だったのに

YouTubeで直接見る場合はこちらをクリック(約5分)

次回、警察官大会で。

この日、録画したのはこの2試合だけ。
その2試合でそれぞれが活躍してくれて、良かった。

エディオンアリーナ

昨年の都道府県対抗の記事を書いていたら
やはり今年も観たいという気持ちに駆られ
201704291.jpg

長くは居れないけれど、少しだけでも行くことに。

会場に到着してすぐ
福岡VS愛媛、栃木VS宮崎に気が付きました。わーい、ラッキー!
201704292.jpg
向こう側、6試合場が福岡VS愛媛。
手前に栃木VS宮崎。立っているのは宮崎の次鋒、染矢君です。

そして大亀先輩(H21卒・愛媛)と松崎先輩(H23卒)の勝利を確認。
残念ながらココで敗退してしまった宮崎県の選手を探していると
偶然、染矢君、そして松崎先輩に遭遇!

20170429.jpg

この日、唯一会うことができたOBが
警察官大会でいつも会うことができない松崎先輩だったことは
ワタシにとっては大きな収穫です。はじめまして。

警察官大会でいつも上から見ていること
でもなかなか会うことができず
いい写真が撮れないことを話しました。
同期の慎二(愛媛県警察)にはよく会うんだが・・・

この後、早々に会場を後にしました。

(茨城 VS 愛媛は観ました)

中大OBに限らず、参加された選手、監督、関係者のみなさま
審判を務めてくださったみなさま(清水先輩がいました)
お疲れさまでした。

試合の結果詳細は全日本剣道連盟のホームページをご覧ください。


ご報告<全日本OB戦

平成29年3月26日(日)に
兵庫県立武道館の第二道場(帝京科学大学道場)で開催された
第8回全日本学連剣友剣道大会の結果をご紹介します。

★熟年の部、関東がベスト4

優勝された近畿大(関西)に0-1で惜敗。
20170328.jpg
(中四国の監督、H2卒井上先輩が入っています)

関西も予選トーナメントを抜け、ベスト8で国士館(関東)に惜敗(代表戦)。
中四国は残念ながら予選トーナメントで敗退しました。

*熟年の部
優勝  近畿大学(関西) 
準優勝  中京大学A(東海)
第3位  同志社大学(関西)/ 中央大学(関東)

勝負がかかった大将戦、生地先輩を応援する西野先輩と大島先輩
201703287.jpg


★成年の部、関西がベスト4

優勝された関西大(関西)に0-2で敗退。
201703281.jpg

関西OB戦を連破(昨年、一昨年)してこの大会に臨んだ関西大は
副将の磯口先輩(パナソニック)以外を警察官で揃えた
きらびやかなメンバー。
201703282.jpg

中大だって・・・きらびやかさでは負けてないけど・・・

先鋒の佑馬は よくぞ一本負けでこらえました 
惜しい技がいくつもあって応援席を沸かせました。
北口先輩のお相手は、いや~強いな~と思ったら
〇〇県警察の先生だそうで・・・(そりゃ強いはずだ・・・)

なお決勝のスコアがこちら。
201703283.jpg

み、見えませんが、先鋒から副将まで関西大の四連勝、圧勝。
特に次鋒、中堅、副将がそれぞれ2-0の三連勝。うーん・・・
中大を、決勝の場で(試合時間4分で)戦わせてやりたかったなぁ

*男子成年の部
優勝 関西大学(関西)   
準優勝  京都産業大学(関西) 
第3位  熊本大学(九州)/ 中央大学(関西)


★女子の部

3大会ぶりの出場でしたが、残念ながら予選敗退(1勝1敗)でした。
201703284.jpg

でも前回(京都)は、ワタシの記憶が正しければ
一本も獲れなかったと思うので・・・一勝できて良かったです。

*女子の部
優勝  清和大学(関東)
準優勝  関西学院大学(関西)   
第3位  國士舘大学(関東)/ 日本女子体育大学(関東)

なお女子の決勝は、長い長い代表戦になりました。
201703285.jpg

関西学院大の鳥井先輩とは鳥井先輩(53卒)のお嬢さま。
試合後に声をかけたら
「恥ずかしい試合をお見せしました」
いや~恥ずかしいって試合内容では決してなかったんですけど

清和大学は初出場で初優勝。
関西学院大学の初の決勝進出と合わせて
今まで体育大学が上位を独占していた「女子の部」に
新しい風が吹きました。

東京から金子先輩(56卒)が応援に来てくださいました!
同期がふたり、出場されていましたからね。
201703286.jpg

出場された選手の皆さまだけでなく
審判の先輩方、応援に来てくださった先輩方
長い一日、お疲れさまでした。


全員で撮った写真もありますし
前日の稽古会で撮った写真もいただきましたので
後日、それらの写真をご紹介します。

(すいません、睡魔に勝てず寝ました。27日筆)

干支対抗戦、開催

2017年3月11日(土)、大正大学 武道場で
アラフィフ剣士が集う、第3回干支対抗戦が開催されました。
(目途として中大でいうと昭和60年卒~平成3年卒の代)

201703118.jpg

折しも、東日本大震災から6年の節目を迎えた日であり
開会式では全員で黙とうを行いました。

その後、まず全員で記念撮影。
虎の会、辰巳39会、ひのえ会、ひつじ、お猿の5年代で
最終的には50名強の参加でした。
201703111.jpg

身体が途中で切れてしまい申し訳ないのですが
写真を拡大しましたので、懐かしい顔を探してみてください。
201703112.jpg

201703113.jpg

201703114.jpg

201703115.jpg

あ!初参加の中大OB3人だ! 全員平成3年卒の申(さる)です。
201703116.jpg

曽根先輩は先月も名古屋で会いました。 その記事はこちら

3人とも強かったけど、決勝戦の大将、細川先輩が見事な二本勝ちだったと聞きました(先に退場したため後で同期に聞きました)。10代の頃からよく知ってる後輩が今でも変わらず強いのは、嬉しいですね。 

こちらは中大の先輩方。7名の参加は過去最多でした。
パソコンでこの写真をクリックすると、拡大されます。
   ↓   ↓
20170311.jpg

コートを勝ち抜いた2チームで決勝戦。辰巳39会 対 お猿。
それまでのなごやかムードがピリッと引き締まり
いい緊張感の中で真剣勝負が展開されました。

YouTubeで直接見る場合はこちらをクリック(先鋒戦のみ/約3分30秒)


   ↓   ↓ 
辰巳39会の先鋒、大島先輩(62卒)

良く知った剣友が集まって、なごやかに、時に真剣に、いい会でした。
参加された先輩方、お疲れさまでした。
久しぶりに頑張った おじさんたち みなさまには、お身体、ご自愛ください。
____________________________

第1回大会の様子はこちら 一昨年の2月28日でした。

第2回大会の様子はこちら 昨年の2月20日でした。

あの日の京都

2009年の全日本OB戦(於:京都)のことを書きます。

第1回(2003年)からの入賞大学一覧はこちら(PDFにリンク)

覚えていたのは、先斗町と清水寺の夜桜。

あれ? 剣道は? ということで
当時のカメラのSDカードで写真を探してみました。

あ!こんな集合写真、撮ってたんだ! これから8年経ちました。
kyotoyusho.jpg

選手だけでなく
応援に来ていただいた先輩や
審判をしてくださった先輩方が並んでいます。
kyotoyusho1.jpg

うまく写真を分けることができなくて
kyotoyusho2.jpg

お顔がギリギリで入っている先輩には申し訳ありません。
kyotoyusho3.jpg

懐かしく思い出しながら・・・でも何が驚いたって
kyotoyusho4.jpg

あの日、あの時、あの会場に
楢崎先輩(H14卒)のお父様がいたことに
8年経ってやっと気が付きました。

そうだったんだ・・・

この日、成年の部で優勝した関西チームは
優勝メンバーをひとりだけ残して、フレッシュなメンバーで臨みます。

抜かるでないぞ

全日本OB戦(京都)

記憶をたどりながら、資料を探しながら
プレイバック!全日本OB戦(過去3回のみを予定)。
        ↓  ↓  ↓
第1回(2003年)からの入賞大学一覧はこちら(PDFにリンク)

ワタシが初めてその、全日本OB戦なるものを知ったのが
2008年の記念式典の翌年。つまり2009年のコト。
京都の祇園に桜が散っていた記憶があります。

この時は、関西の2チームが大活躍。

成年の部、決勝戦。
無制限一本勝負の代表戦で升田先輩(H20卒)が勝利! 
men.JPG

お相手はベスト16で中大(関東)を破って
勝ち上がってきた筑波大学でした。

升田先輩(大阪府警)はこの7年後には
世界大会の選手に選抜され、また全日本選手権にも2回
出場されるなど、この大会を足掛かりにして大きく飛躍されました。
(えええっ それはちょっと大げさでは・・・)

熟年の部も決勝戦進出。
準決勝は、代表戦で鳥井先輩(53卒)が勝利されました。

jyukunen.JPG

惜しくも中京大学(関西)に1(1)-0(0)の僅差で敗れましたが、
早稲田大学、中京大学(関東)などの強豪を破っての、価値ある準優勝でした。

わ~思い出してきた!
昨日のことのように、思い出しました。

この記事は続く・・・かもしれません。

全日本OB戦(新木場)

記憶をたどりながら、資料を探しながら
プレイバック!全日本OB戦(過去3回のみを予定)。
        ↓  ↓  ↓
第1回(2003年)からの入賞大学一覧はこちら(PDFにリンク)

前々回(4年前)は2013年3月17日。
東京のBumB(ぶんぶ)東京スポーツ文化館。
この時、関東の成年の部が準優勝でしたが・・・

あ! 青山先輩(42卒)だ!
201702097.jpg

北信越連盟から
他大学の先輩とチームを組まれて参加されていました。
当日、試合場にお姿を見つけてビックリしました。
(2年後、岡山の時は事前にお電話しましたが、参加されず)

昨年、このBumB(ぶんぶ)東京スポーツ文化館に
3年7か月ぶりに出向き、NTTグループの大会を観ました。

九州から参加した今村先輩(H22卒・昨年の10月16日)。
201610166.jpg

・・・実は、ホームページに写真をUPした後
参加していたNTTの先輩方に報告のメールをしたのですが
丁寧に返信をくれて、自身の写真掲載を喜んでくれたのが今村先輩。
(他の先輩が丁寧ではないとか、そういう話ではないので笑)
(今村先輩は、いつも返信をくれるので)

そんな彼のメールを読みながら
ワタシが思い出していたのがこの試合。
2013年3月17日、このBumB東京スポーツ文化館で開催された
全日本OB戦、成年の部、決勝戦
20130317.jpg

国士館大学剣道部、男子監督の武井先輩が
大島先輩(62卒)に勝利され、代表戦に持ち込んだ後
ものすごい熱気と高揚感を漂わせながら
カメラを構えていたワタシの前を通って自席に帰って行きました。

内心は悔しかったけど、試合展開がおもしろすぎて
201303176.jpg

この後の代表戦 今村先輩VS中山先輩 の試合結果はともかく
(それはもう、いいんだ・・・いいんだよ)

何が言いたいかというと

この日、対戦相手に一本も許さず
全試合完封、圧勝で決勝まであがってきた国士館に対して
先鋒の今村先輩がメンを先取した瞬間に
国士館チームの雰囲気がガラッと変わった(気合が入った)
そう、あのメンが、本当に印象的でした。

あの日、代表戦に向かう今村先輩。あれからもう4年経つのか~
201303171.jpg

立派な準優勝でした(関東の成年の部)。
201303172.jpg

東京駅での 『お疲れさま会』 も楽しかったけど
201303173.jpg

この日、成年の部で出場した関西チームが
不本意にも早々に敗退(予選は抜けたけれど)

大森、今泉、石塚、市原、大亀といった面々が・・・
大阪を出るときから優勝した気分で自信満々だった彼らが
決勝戦を私服で応援していたことが残念でした。
201303174.jpg

まだ怒ってるからね<O亀

なおこの大会には、関西から熟年チームも参戦されました。
55卒夏目先輩、53卒中尾先輩、鳥井先輩。

前日、懇親される関西の先輩方
201303175.jpg

予選を抜けて、ベスト16だったと記憶しています。

全日本OB戦(岡山)

先日、ある機会に石塚先輩(H13卒・清風)が
kiwada0704.jpg
上の写真、中央で指紋が見えているのが石塚先輩

「2年に一度の全日本OB戦って、いつも出てるんですかぁ?」

とつぶやいているのを聞きました。いつものワタシであれば

『ホームページを見なさい(ピシャリ)』

と突き放すところですが、あれ、そういえば・・・
知らない先輩もいらっしゃると思います。そりゃそうですね。
実は、ワタシも、詳しくありません。

ということで、記憶をたどりながら、資料を探しながら
プレイバック!全日本OB戦(過去3回のみを予定)。
        ↓  ↓  ↓
第1回(平成15年)からの入賞大学一覧はこちら(PDFにリンク)
______________________

前回(第7回)は岡山県の桃太郎アリーナで開催されました。

試合結果詳細は全日本剣道連盟のホームページをご覧ください。

中大からは3チームが参加されました。
関東と関西から熟年の部(3人制)、中四国から成年の部(5人制)。

以下、熟年チームの写真は
岡山の小野先輩(40卒)が撮ってくださいました。

関東から出場された生地先輩(52卒・中堅)と西野先輩(58卒・先鋒)
201702091.jpg

大将の久松先輩(43卒)
201702092.jpg

関西から出場された
山本先輩(49卒・大将)と鳥井先輩(53卒・中堅)
201702093.jpg

石塚先輩、たしか鳥井先輩の教え子では・・・

そして木下先輩(55卒・先鋒)
201702094.jpg

中四国の監督・新名先輩(54卒)と
三浦先輩(H23卒・先鋒)、篠田先輩(H15卒・中堅)
201503223.jpg

大亀先輩(H21卒・次鋒)
20150321ogame.jpg
(剣道部のホームページにふさわしい写真を探したが、なかった)

副将と大将は井上兄弟(H2卒とH6卒)
201702096.jpg

そして写真でご紹介できなくて大変申し訳ないのですが
北信越連盟から、他大学の先輩とチームを組まれた
福澤先輩(42卒)が参加されていました。

高槻が撮った写真に写っていたと後から教えていただいたのですが、分からなくて…探し出すことができたら紹介させていただきます。

中四国OB戦、後日談

SMAP × SMAP 最終回が終わり、気持ち的には大晦日。
しかし明日も会社という先輩も多いんですよね。
「がんばりましょう」

中四国OB戦の日、家の用事で岡山にいました。
早朝、少しだけ取材して
201612047.jpg
(開会式を2階観客席から撮影)
(H24卒松本先輩を先頭に、中大の選手が並んでいます)

自分にとって懐かしい先輩たちと写真を撮ったものの
201612048.jpg
(ほとんどプライベート写真)

早々に試合会場を後にしました(土砂降りの雨の中)

・・・という記事を書こうとしたのですが
あまりにもSMAPロスが大きいのでいったん中断します。

すぐに復活すると思いますが(するかな?)
「たぶんオーライ」

これだけ書いておこうと思います。
その、会場を後にする前に、めったに見れないものを見たんです。
1部Aチーム(昨年はベスト8)の前ふたり、つまり3人制の
先鋒 松本明真(H24卒・四国電力)、
中堅 大亀健太(H21卒・本年度、都道府県対抗準優勝)
連続二本負けによる初戦敗退。

まさか、よりにもよって、このふたりが二本負け・・・? 
前前前世から見たことないかも・・・?

明真。Vサインしている場合じゃないからね。
201612049.jpg

お相手の京都産業大学は確かに強かった。
大亀健太のお相手は、今年の選手権代表(岡山県)だった。
しかし、このふたりが二本負けって・・・気のせいかしら・・・夢?

いや
「この瞬間、きっと夢じゃない」

(ビデオにも残ってるし)
(もちろん誰にも見せないけど)

ふたりの2017年に期待しています。
「華麗なる逆襲」 を、楽しみにしています。

このホームページは見ていないだろうけど
「どうか届きますように」

※編注 ・・・ 以下すべてSMAPの楽曲

「がんばりましょう」 1994年シングル
「たぶんオーライ」  1994年シングル
「この瞬間、きっと夢じゃない」 2008年シングル
「華麗なる逆襲」 2015年シングル 
「どうか届きますように」 2008年アルバムより

本当はもっと厳しいことを書きたかったけど(やはり)
SMAPの楽曲に、そんなタイトルはなく
こんなところでも、何か、SMAPに教えられた気がする。


なおBチームは初戦突破。
そのビデオは公開しても問題ないように思いますので
近いうちに。

関西OB戦、後日談

有馬記念が終わり、気持ち的にはもう、2016年の締めくくり。

この写真は関西支部の忘年会。
天野先輩(54卒)に送っていただきました。
201612186.jpg

2016年12月18日(日)に開催された
関西OB戦の結果詳細が公表されていました。
(関西学連剣友会のFacebookより)

◯男子一部
優勝  関西大学Aチーム
準優勝 同志社大学Aチーム
三位  中央大学Aチーム/立命館大学Aチーム
敢闘賞 
東海大学、中央大学Bチーム、京都産業大学Aチーム、
大阪経済大学Aチーム

◯男子二部
優勝  同志社大学
準優勝 徳島大学
三位  関西大学Aチーム
三位  近畿大学Bチーム

◯女子一部
優勝  大阪体育大学Aチーム
準優勝 立命館大学
三位  関西大学/ 甲南大学
敢闘賞  龍谷大学、中京大学、花園大学、大阪教育大学

◯女子二部
優勝  大阪教育大学
準優勝 天理大学Cチーム
三位  天理大学Aチーム/ 近畿大学

特筆すべきはもちろん男子一部でしょう。
上位10大学が全日本OB戦への切符を獲得できる今大会!
その全日本が8年ぶりに
関西地区(姫路)で開催されるため
地元・関西の大学が母校のプライドをかけて
例年以上に真剣に臨んだ・・・と推測される今大会で
見事に、東海大学と中央大学(しかも中大は2チームとも)
がベスト8入り。

関西で上位常連の鹿屋体育大学や国士舘大学の名前が
ないのは寂しいですが、東海大学と中央大学は大殊勲でした。
(組み合わせを見ると東海大学は国士館Aを破ってますね)

関西は2部、1部共に全日本への切符を獲得しました。

関西の後輩をホメる機会はめったにないので
Aチーム、Bチーム共に写真で紹介したいのですが
試合場で撮影された写真は
Aチームのメンバー以外にはコレしかなく・・・
201612185.jpg

だから大地! ひとりは、おかしいからねっ!

(参考)
Aチーム
先鋒 尾野 大成 (H28卒)
次鋒 岩根 佑馬 (H25卒)
中堅 高 優司 (H24卒)
副将 北口 伊佐男 (H7卒)
大将 今泉 龍朗 (H8卒)

Bチーム
先鋒 吉村 大地 (H28卒)
次鋒 各務 じゅんき (H25卒)
中堅 市原 真人 (H17卒)
副将 松井 義樹 (H17卒)
大将 川口 陽三 (H5卒)

(敬称略)

なお、あまりホームページをご覧にならない先輩は
関東と中四国はどうだったんだ、と疑問に思われるでしょうが

2部(50歳以上)は、優勝(中四国)と3位(関東)の好成績

1部はちょっと・・・いや、かなり残念な結果だった、と書いておきます。

岡山の奇跡

「岡山の奇跡」といえば、いわずもがな、桜井日奈子ちゃん。
同じ高校なのに、なんでこんなに違うんだろう かわいいよね。

日奈子ちゃんの写真はこちら(JR SKISKIのサイトにリンク)

しかし2016年12月4日。
岡山市総合文化会館で開催された
第18回中四学連剣友剣道大会、熟年の部において
なんと 中大剣友会(62卒好井、56卒若松&福﨑) が初優勝!
20161204.jpg

これを 新たなる 「岡山の奇跡」(熟年編) と名付けたい!!

しかも決勝のお相手は、上位入賞の常連、名門、日本体育大学。
201612044.jpg

素晴らしいですね~! 神ってますね~!
201612041.jpg

(熟年の部には26チームが出場/3人制)
_______________________

第10回大会から設立された熟年の部(50歳以上)は
今まで日本体育大学、国士舘、そして地元の中四国の大学が
上位を独占していましたが
201612042.jpg

昨年、この部に初出場した
中大剣友会(62卒好井、58卒森末・河原田)がいきなり3位、
そして今年は初優勝と、今まで絶対の存在であった体育系大学の
牙城を崩す殊勲を達成。

戦い終わり、健闘をたたえ合う選手達
201612043.jpg

年末に優勝のご報告ができて、良かった。

(奇跡とか書くと好井先輩に怒られそうだけど)
_______________________

当日の朝、早い時間に送られてきた写真です。
201612045.jpg

<参加者>
福﨑基夫・若松信夫 (56卒)、好井剛 (62卒)
井上隆二・ 種子憲司 (H2卒)、大塚貴史(H3卒)
井上圭二(H6卒)、篠田貴志(H15卒) 
大亀健太(H21卒)、松本明真(H24卒)

当日の夜、送られてきた写真です。
沼田先輩(59卒)と優勝旗が、追加で写っていました!
201612046.jpg

成年の部の選手が既に着替えていること
その成年の部、Bチームの大将タネコが出過ぎていて
篠田先輩が半分隠れているのが残念です(タネコ!)。

この写真は
「へたくそ剣道理論」(注:ブログタイトル)にも掲載されています。

成年の部などの結果詳細は 「へたくそ剣道理論」 をご参照ください。


えっ? 
成年の部で 松本明真 と 大亀健太 が連続二本負けして
Aチームが初戦敗退だったことの方が、奇跡だって?

いや、あれは実力だろう(ピシャリ)
_______________________

この記事の写真は井上兄弟より送っていただきました。
情報をありがとうございました。

文中、一部敬称略とさせていただきました。

「へたくそ剣道理論」 の管理者さまからリンクの許可をいただきました。

今年の警察官大会団体戦で大活躍した
三浦慎二(H23卒・愛媛県警察)の顔がなくて
個人的に、残念です。

選手権も終わり

2016年11月3日(祝)、日本武道館で
第64回 全日本剣道選手権大会が開催されました。

結果は全日本剣道連盟のサイトをご覧ください。

知人や、剣道部同期の応援のために、武道館に
はせ参じた方も多いと思いますが
ワタシが全日本選手権を現地で見たのは1988年が最後。
今は分かりませんが、当時は中大OBが出場する場合は
剣道部全員で応援することが義務だったように記憶しています。

もう時効だから(本当に?) 書いていいと思いますが
せっかくの休日に九段下まで行くのがユウウツでした。
だって寒いし(あの頃、今よりずっと、寒かった)
ケンドウもよく知らないし
何より、出場されるのが、全然知らないOBばかりだったから。

ちなみに1988年に出場されていたのは

54卒 西郷哲哉先輩(鹿児島・初出場・32歳)
201610091.jpg

54卒 遠藤寛弘先輩(愛媛・2回目・32歳)
55卒 清水新二先輩(熊本・初出場・31歳)

・・・数十年後に人生が大きく変わるとは夢にも思いませんで
今は、よーく存じ上げている先輩ばかりです。
応援に行っておいて良かった (何も覚えていないけれど)

そういえば先日、大阪で、西郷先輩から
再来年のかごしま国体にお誘いをいただきました。
その前に、来年はえひめ国体なんですよね。
(遠藤先輩が成年男子の監督で)

蛇足ながらこの年
故川添哲夫先生が上海の列車事故で亡くなられ(享年38歳)
高知県代表の選手が
『川添先生に申し訳ない』(場外反則をしたため)
という言葉を残されたこと、今でも涙腺が緩みます。

時代は変わり、今は開会式からネット中継をしています。
現地で見るよりいい角度で、より近くで
じっくりと見ることができるので、ネット中継が大好きです。

10回出場記念の胴を受け取った東永先輩
20161103.JPG

東永先輩(H12卒)。今回も第一試合目でした。
201611031.JPG

溝邊先輩(H18卒)は二試合目、東永先輩の直後に登場。
201611032.JPG

升田先輩(H20卒)
201611033.JPG

荒木先輩(H26卒)
201611034.JPG

お疲れさまでした。

選手権も終わり、あとは12月の新人戦でしょうか。

10月の警察官大会の記事を
今日までに書き上げたかったので個人的に残念ですが
(出場した後輩たちは、もう待ってないと思うけど)

一番印象に残っているのは皇宮VS警視庁の先鋒から五将戦。
先鋒の警視庁、竹ノ内選手の勝利で警視庁が盛り上がっている
ところの次鋒戦
まだ先鋒がメンを外していないのに勝負が付いてしまい
続く五将で登場した警視庁の畠中選手が・・・というあの試合。

YouTubeで直接見る場合はこちらをクリック(約17分)

この動画、全部見ても約17分弱なので
お昼休みにでもご覧ください。

開始から4分30秒位から先鋒の一本を
6分10秒位から次鋒の試合を、それぞれ見ることができます。

審判に福﨑先輩(56卒)がいらっしゃるのも見どころかと。

(両チームの選手にOBはいないんですけどね)

そうだ!
毎年、警察官大会でお腹いっぱいになるから
選手権に足を運ぶ気力・体力がないんだ。今、思い出した。

優勝は西日本A

2016年10月16日に開催された
第49回NTT全国グループ剣道大会は
中大OBふたりを擁する西日本Aチームが優勝。
2016101631.jpg

大将戦は盛り上がりました。
2016101636.jpg

2016101632.jpg

選手権の前に、警察官大会の記事を完成させたいのですが
未完成の記事が溜まりすぎて
どれから手を付けたらいいのやら状態。

そんな中、忘れていないことを伝えたくて書いた
この中途半端な記事を読んで
藤原先輩からお礼メールが届きました。

> 全国でご活躍されている中央大学剣道部OBの
> 皆様の記事作成で大変なところに・・・(略)

そうなんだよ。でもまだ作成中だから
お礼を言われるの早くて、申し訳なくて・・・
もうちょっと待ってください。

_____________________

この二人、急に写真撮ってくれって
いいけど、後ろで次鋒が試合中だよ
2016101634.jpg

市原先輩はいつものことだけど
この日はひとり紹介されて

何かと思えば藤原先輩(京都産業大学・H8卒)
2016101633.jpg

ホームページ、いつも見ていますって(注:京都産業大OB)

特筆すべきは
彼は小さい時にまず河村先輩(38卒)に剣道を教えていただき
しばらくして高橋先輩(38卒)にも教えていただくようになり
今に至るまで、これら大先輩とお付き合いが続いているとか

『ホームページに載るのが夢でした』

・・・いろんな人に支えられていることを実感。本当にありがたい。

話している間、後ろで次鋒が試合中だったことが気になるけど

二人とも二本勝ちしたから、いいか。
2016101635.jpg

出場された先輩方

(制作中)

この大会の取材を始めて8年目になりますが
(2011年は震災のため中止のため取材は7回目)

8年前はまだ選手として登録されていなかった
友井先輩(H15卒)が大阪府警察の主将として選手宣誓をされ
201610181.jpg

8年前は大学を卒業してまだ2年目だった
藤山先輩と村方先輩(H19卒・共に長崎南山)が
それぞれ長崎県警察と福岡県警察の大将を初めてつとめられ
201610184.jpg
左の試合場で藤山先輩が試合中
右の試合場で村方先輩が監督の隣で応援中

8年前はまだ中大生だった阿部先輩(H23卒)が
山形県警察の監督として指揮をとられ

この8年の時間の流れを想い、感慨にふけりました。

※選手として登録された先輩方

友井先輩(H15卒・大阪府警察)
溝邊先輩(H18卒・長野県警察)
藤山先輩(H19卒・長崎県警察)
村方先輩(H19卒・福岡県警察)
升田先輩(H20卒・大阪府警察)
遠藤先輩(H21卒・宮城県警察)
川崎先輩(H22卒・宮崎県警察)
前田先輩(H23卒・熊本県警察)
三浦先輩(H23卒・愛媛県警察)
松崎先輩(H23卒・宮崎県警察)
田島先輩(H25卒・埼玉県警察)
宮本先輩(H26卒・神奈川県警察)
荒木先輩(H26卒・富山県警察)

また監督として
遠藤先輩(54卒・愛媛県警察)
小野田先輩(H12卒・長崎県警察)
大重先輩(H14卒・宮崎県警察)
笹川先輩(H14卒・佐賀県警察)
横山先輩(H15卒・大分県警察)
阿部先輩(H23卒・山形県警察)
のお名前が

審判として
福﨑先輩(56卒)
下川先輩(57卒)
大河内先輩(58卒)
東永先輩(H12卒)
白石先輩(H13卒)
のお名前がありました。

1部決勝の審判にはOBが2名も(下川先輩と大河内先輩)
201610182.jpg

試合結果はこちら(全日本剣道連盟のホームページにリンクします)

埼玉県警察の先鋒をつとめた田島先輩。
残念ながらチームが最初のリーグ戦で敗退したので
この日は二試合だけ。
201610185.jpg

熊本県警察の三将をつとめた前田先輩は
チームは最初のリーグ戦で敗退したものの、この日、2戦2勝。
特に初戦の延長戦で決めた逆ドウはその音が響き
武道館中の視線がこの試合場に注がれました。
201610186.jpg

(制作中・後日、他の先輩の写真をUPします)

2016警察官大会

(制作中)

2016年10月18日、日本武道館で
第63回全国警察剣道大会が開催されました。

<第1部>
優勝 大阪府警察・・・友井先輩(H15卒)、升田先輩(H20卒)
準優勝 神奈川県警察・・・宮本先輩(H26卒)

<第2部>
優勝 京都府警察
準優勝 福岡県警察・・・村方先輩(H19卒)

<第3部>
優勝 大分県警察・・・横山先輩(監督・H15卒)
準優勝 愛媛県警察・・・三浦先輩(H23卒)

試合結果はこちら(全日本剣道連盟のホームページにリンクします)

今年、一番印象に残ったのは、1部のこのリーグ戦でした。
皇宮/宮崎/警視庁がそれぞれ1勝1敗で
辛くも本数差で警視庁が準決勝に進んだこのリーグ。
201610183.jpg

宮崎は皇宮に本数差で敗れた後、警視庁と対戦。
20161018.jpg
大将戦の結果が入っていませんが
警視庁が一本勝ちで宮崎が大金星、場内が沸きました。

中大の先輩の中では
もちろん、出場された先輩方が
それぞれ全力を尽くされたという前提の上で
今年は三浦先輩(H23卒・以下、慎二)の活躍が目立ちました。

ワタシが応援するようになってから
今ひとつ調子が出なかった慎二・・・疫病神なのかしらと
心配していましたが、この日は違いました!(慎二が)

リーグ戦(福島・群馬・愛媛)、この日、2試合目の慎二。

YouTubeで直接見る場合はこちらをクリック(約2分)

撮影を始める直前に先取したので
二本目の掛け声から録画しています(ごめんよ~)。
最後に、遠藤先輩(54卒・監督)が写っています。

ワタシがいうことではありませんが(本人には伝えましたが)
この日の慎二は遠目に見ても!!
心技体のバランスが取れ
獲られたら獲り返し、何が何でも勝つという
闘志がみなぎっていたと思います。
慎二の印象は、昨年のこの大会の2試合目で止まっていましたが
愛媛の2部復活に大貢献したこの日の活躍は
「大変よくできました」の花マークではないでしょうか~!!
願わくば、決勝戦で勝利し、全勝者として表彰されてほしかった。

なお初めて、決勝の途中で武道館を後にしたため
閉会式の表彰写真がなく
せっかくの晴れ舞台だったのに申し訳なく思います。


村方先輩(福岡県)が初めて大将を務められました(全試合)。
遠くからで申し訳ありません。
愛媛の応援席の近くから撮ったものですから・・・

YouTubeで直接見る場合はこちらをクリック(約7分30秒)

途中、準決勝の警視庁VS大阪府警が写ります。
大阪府警の友井先輩を撮ろうとしてうまくいきませんでした。

その、友井先輩と内村選手の試合がこちら。
九州学院の同級生の対戦となりました。

YouTubeで直接見る場合はこちらをクリック(約9分40秒)

(制作中)

大会結果

第49回NTTグループ全国剣道大会結果

団体戦 男子一般の部
優勝  西日本A(NTT西日本連盟)
準優勝 コミュニケーションズA(NTTコミュニケーションズ連盟)
2016101624.jpg

兵藤先輩、ケガをしていたと思います。
4分間、よく耐えました。お大事に。


団体戦 男子壮年の部
優勝 関東D(NTT東日本連盟)
準優勝 東海C(NTT西日本連盟 東海支部)
2016101625.jpg

2016101626.jpg


個人戦 男子壮年の部
優勝 高井田先輩(H元卒)
2016101627.jpg

個人戦 男子四段以上の部
優勝 榎本先輩(H27卒)
2016101628.jpg

三位 齋藤将吾先輩(H25卒)
2016101629.jpg

齋藤先輩は、不本意な結果だったと思います。
ココへの掲載もどうしようか考えましたが
錚々たるメンバーの中での3位なので、載せました。
来年もあるし。


男子三段以下の部には
中大の先輩は出場されていませんので
完全制覇といっても過言ではないかも~! 
取材に来たホームページ効果かも~! と思いましたが

もらったプログラムで過去の戦績を見てみると
ほぼ毎年、中大の先輩が個人戦のいずれかの部で
優勝されているので

・・・例年通り、なのかもしれません・・・

そして、高槻の同期2名(高井田・時田)の優勝を
見ることができて嬉しいです。
彼らの試合を見るのは卒業以来初めて、つまり約27年ぶりでした。

高井田先輩の試合を最後に見たのは
今はなき大阪市中央体育館。
全日本学生剣道優勝大会で大阪体育大学を倒して優勝した日。

懐かしい、いろんな思い出がよみがえりました。
事前に情報をくれたり
取材しやすいように取り計らってくれたことも含めて
ふたりには、おめでとう、よりも「ありがとう」の言葉を贈りたいです。

ずっと付いていた馬渡先輩、九州からの上京、お疲れさまでした。
2016101630.jpg


気持ちは岩手に

日曜日に大阪の決勝が終わった瞬間、考えたこと。

201610095.jpg

九州実業団は、もう終わった(同日開催だった)。
あとは、国体だ。

ココ(大阪市浪速区難波)から
国体会場(岩手県二戸市)に行くには
どういうルートがあるだろう。

・・・それでも翌日の第一試合(8時半スタート)に
間に合わないことは、とっくに分かっていたのですが

そんなこんなで、気持ちは岩手に、身体は東京に。
頭の中はスッカリ国体一色に染まった
月曜日(体育の日)となりました。

ベスト4に中大の先輩が5名(現地から送ってもらいました!)
20161010.jpg

優勝 岩手県(57卒・下川先輩、H9卒・小田口先輩)
準優勝 東京都(H27卒・宮本先輩)
三位 熊本県(55卒・清水先輩)
四位 和歌山県(55卒・夏目先輩)

特に大将として、上記の3名の他に
遠藤先輩(54卒・愛媛)、木下先輩(55卒・京都)、
西野先輩(56卒・茨城)が出場されました。

大将の同門対決だけでこんなに・・・見たかったです。
息詰まる、素晴らしい同門対決ばかりだったようで

西野先輩(56卒・茨城) - 下川先輩(57卒・岩手)  
木下先輩(55卒・京都) - 清水先輩(55卒・熊本) 
夏目先輩(55卒・和歌山)  - 下川先輩(57卒・岩手) 
夏目先輩(55卒・和歌山)  - 清水先輩(55卒・熊本)

夏目先輩と清水先輩の同期対決は
ネット中継で拝見しました。
201610101.jpg

木下先輩、同期の清水先輩と対戦中に肉離れ(!)と
風の便りに聞きましたが、その後いかがでしょうか。
同数で大将戦に回ったそうで、、、わー緊張感伝わります!

どの試合も現地で見たかったですが、特にこの二試合
も~~ 悔しいっ!!

小野田先輩(H12卒・長崎) - 小田口先輩(H9卒・岩手)
山田選手(関西大学H27卒・奈良) - 宮本先輩(H26卒・神奈川)
   ↓  ↓
パナソニックの・・・先日の全日本実業団の最優秀選手
山田クン、選手権でも活躍しそうだな・・・

和歌山VS北海道、
夏目先輩が大将戦で見事に勝利、と聞きました!
201610102.jpg

あ、北海道の先鋒に久保田先輩(H27卒)が・・
都道府県対抗に続き、北海道代表だったんだね。

長崎から3名出場したことは既報のとおりですが
ここでご紹介した以外にも大島先輩(62卒・栃木)、
笹川先輩(H14卒・佐賀)、友井先輩(H15卒・大阪)
荒木先輩(H26卒・富山)が出場されました。

(お名前が漏れていたらご指摘ください)

開催県のプレッシャーはどれほどのものかと思いますが
下川先輩と小田口先輩、お疲れさまでした。
またお会いする機会もあると思いますが
益々のご活躍を、楽しみにしています。

国体は、来年は愛媛、再来年は鹿児島で開催されます。

※現地の写真は工藤先輩(H6卒)にいただきました。

※白石先輩からも、情報もらいました。
書いてもいいと思いますが、地元岩手の初戦が長崎県。
意外にも前3人で勝負がついてしまい、副将で登場した彼は
執念で勝利をもぎとり、長崎は完封負けを逃れました。
工藤先輩がその試合の様子を教えてくれて
何が何でも勝つという執念が伝わってきて嬉しくなり
連絡したら、他の先輩の様子を教えてくれた、というワケ。

ま、つまり、そんな「体育の日」だったということで。

いわて国体剣道競技の結果詳細は、こちらにあります。
   ↓  ↓
第71回 国民体育大会 2016希望郷いわて国体

印象に残った試合

(制作中)

年に一度の全日本実業団、
選手も監督も一試合一試合を全力で闘っているので
試合に優劣をつけるつもりは全くないのですが

先輩方の試合をほぼカバーしたという自信のなかで
(剣影会出身のM菱東京UFJ、益田クンを含む)
(だって相手が新井山先輩だったし)
2016091927.JPG

あえて言うなら、この2試合はすごかった。
そして失礼ながら、みなさん、見ていなかったと思うのです。

ひとつは16試合場3試合目、九州電力 VS 四国電力
16試合場の先輩は、松本先輩(H24卒)ひとりだけ、でした。

先鋒は九州電力が一本勝ち
次鋒は四国電力に松本先輩(H24卒・白)登場。
(ちなみに、隣の15試合場の次鋒戦が新井山先輩VS益田クン)
2016091928.JPG
写真は、松本先輩が先取した後のもの。

・・・そうなんです! 見事、一本勝ちでタイにした後
中堅、副将と引き分けて大将戦の九州電力に西村選手登場。

西村選手、高知でも強かった・・・
2016061214.jpg

早々に先取して、その一本を守り切って
残念ながら四国電力、初戦敗退。
でも松本先輩も、他の選手の方も、お見事でした。


ふたつめは、JR東日本(廣瀬先輩)VS伊予銀行(篠田先輩) 
OBの直接対決

2016091926.jpg

(制作中)

全日本実業団パナ優勝

2016年9月19日(祝)に開催された
第59回全日本実業団剣道大会で、パナソニックES門真が優勝。

副将が引き分けて優勝が決まった瞬間
大喜びする、パナの応援団。
201609197.jpg

パナとしては4年ぶりの優勝でした。
ここ3年はベスト4からも遠ざかっていたので
復活優勝といえますね。

ルーキーOBの吉村先輩が次鋒を努めました。
201609192.jpg

決勝では殊勲の一勝をあげ優勝に貢献!
201609193.jpg

思い出すな~
初めて全日本実業団を見に来た2012年9月17日。
パナソニックES本社の優勝に
中大OB(大亀&高)が貢献したこと。
201609194.jpg

なお今回、4年前と同じパナソニックの優勝ですが
ご覧のとおりメンバーが総入替。
パナの層の厚さがうかがえますね。
今回は平均年齢24.2歳という若いチームでした。
201609191.jpg

決勝戦で、日下クンが、時間ギリギリにコテを獲り返した
あの瞬間、パナに追い風が吹いたように感じました。
(日下びいきを認めます)
(直後の、吉村先輩のメンだったし)

渡部先輩(H26卒)から祝福される吉村先輩。
201609195.jpg

渡部先輩のチームは見事、ベスト8でした。

なおパナといえば
前回優勝メンバーの高優司(H24卒)と
岩根佑馬(H25卒)がおなじみですが・・・おや、神妙な顔。
201609196.jpg

高先輩が中堅、佑馬が副将を努めた
パナソニックES本社チームは、コート決勝で
準優勝した富士ゼロックス東京本社に1(1)-0(0)で惜敗。
201609198.jpg

実は、もう書いていいと思いますが
高先輩は両足(!)を怪我していたと、終わってから聞きました。
もういいから、早く帰って治療して! 

そして佑馬はワタシを見ると早口で

> きょうはぁぼくがかちゅところをみにきたのにぃ・・・しゅいません
  =今日は不甲斐ないところをお見せして申し訳ありません(超訳)

日下クン、がんばってるね! と言うと
(日下クンは優勝チームの先鋒)

> ぷんぷん(怒) たいしたこと、ありましぇん!(ほっぺた膨らむ)

まぁ! ホームページで日下クンのことをホメているから
ご機嫌ナナメなんだわ・・・
(佑馬はホメたことないから・・・)
  
佑馬。
もういいから、早く帰って、出直し再スタートよ!


西の方では台風の影響で飛行機の便なども心配ですが
遠方から参加された皆さま、無事、お戻りでしょうか。

関東近郊にお住いの場合は、まだまだ美味しいお酒、
あるいは、そうでないお酒を飲まれている最中と思いますが
東京は雨が降り続いています。気を付けてお帰り下さい。

参加された選手の皆さま
応援に駆け付けられた皆さま
そして大会運営や審判にご協力いただいた皆さま
長い一日、お疲れさまでした。

CSテレ朝チャンネル2

昨年は茨城県警察が出場を辞退されましたが
今年は岩手県警察が辞退されました。
災害対応だと思われます。
この度の大雨による被害に遭われたみなさまに
心よりお見舞い申し上げます。
_____________________

今年の個人戦は
「こち亀」こと週刊少年ジャンプの長寿漫画
「こちら葛飾区亀有公園前派出所」の連載終了を想いながら
観戦しました。単に、警察官つながりというだけですが・・・

ビデオ中心で取材しようと画策して、前の方に座ったら
テレビ放映用の録画を行うクルーのすぐ後ろとなり
201609062.jpg

えっ テレビ放映?!
IMG_2583s.JPG

10月1日にCSテレ朝チャンネル2で
四回戦(ベスト16)以上が放映されるそうです。
(撮影とPRにあたり許可を得ています)

・・・その前に、ベスト16に進出される前にも
手に汗握る試合が沢山あるので、ちょっと残念ですが
トップクラスの試合をテレビで観ることができるのは
ありがたいです。解説も付くそうです。


決勝戦の前に、柔道の古式の形に続いて
清水先輩(55卒)が日本剣道形を披露されました。

YouTubeで直接見る場合はこちらをクリック(9分49秒)

先輩方の試合が終わったら仕事に戻る予定でしたが
朝、清水先輩と話をする機会があり、演武に登場の件を
直々に聞いたので、帰るに帰れなくなりました!

ビデオに残せて良かったです。
ワタシが居たのはココまで。決勝は見ないで帰りました。
優勝は大城戸選手(大阪府警)、準優勝は野田選手(岐阜県警)。


選手だけでなく、毎年、審判として、監督として
先輩方が活躍されています。今回は、審判として
福﨑先輩(56卒)、穂園先輩(57卒)、東永先輩(H12卒)
白石先輩(H13卒)、松尾先輩(H13卒/以下、太一)
の名前がありました。

*下川先輩(57卒)のお名前もありましたが
 岩手県警察関係者は来場されなかったと思います。
 お姿も拝見しませんでした。

自然と、審判の先輩方も探します。
東永先輩はすぐに分かりましたが太一が分かりません・・・
どこだろう・・・

あ、いた! 最後の最後でやっと見つけました。
201609063.jpg

分かるでしょうか。先頭に東永先輩、真ん中が太一。
201609064.jpg

東永先輩と同じ試合場だったのか・・・
201609065.jpg

この第3試合場で試合をされた先輩がいらっしゃらなかったので
最後まで気が付きませんでした。太一~!!

この大会を取材し始めた頃に
各県警察の主将、大将として活躍されていた先輩方が
今は監督あるいは審判として
この大会の運営に携わっていらっしゃることに
ちょっとした感慨を覚えます。

警察官大会を取材し始めてから今年で7年目となりました。
(2011年は震災により中止)


警察官大会個人戦

2015年9月6日は
 熊本で東西対抗を観戦しました。
2016年9月6日は
 日本武道館で警察官大会個人戦を観戦しました。

この中のどこかに、5名の先輩がいらっしゃいます。
201609061.jpg
目を皿にして探したのに、田島先輩がどうしても探し出せなかった・・・

<出場された先輩方>

(敬称略)
藤山 光治 (H19卒・長崎県警)
遠藤 一志 (H21卒・宮城県警)
田島 純一 (H25卒・埼玉県警)
宮本 大幹 (H26卒・神奈川県警)
荒木 奎介 (H26卒・富山県警)

昨年のことを思い出しました。そうそう、遠藤先輩が
一昨年三位の升田先輩(H20卒)に勝利してベスト16入り。
今年の出場権を獲得されたんです。
201509113.jpg
(昨年の写真です)

今年も序盤に同門対決があり残念でした。

優勝は大城戸選手(大阪府警)。
コート決勝での、野村選手(神奈川県警・昨年準優勝)との一戦は
ワタシ的にこの日のベストマッチでしたが
このホームページの性格上、詳細は略します。

<ベスト16>
大城戸選手・土谷選手・前田選手・牛島選手(大阪府警)
足立選手、嶋田選手(埼玉県警)
西村選手(熊本県警)、岡光選手(千葉県警)、日置選手(愛知県警)
野田選手(岐阜県警)、合屋選手(京都府警)、鈴木選手(宮崎県警)
坂口選手(和歌山県警)、中澤選手(高知県警)
野村選手(神奈川県警)  そして、宮本先輩。

宮本先輩は初出場で見事、ベスト16入りされ
来年の本大会への出場権を得られました。


また、宮本先輩と同期の荒木先輩は富山県代表として
11月3日の全日本選手権に初出場されるとうかがいました。
   ↓  ↓
富山県剣道連盟のホームページに予選会の詳細がありました。

今日はいい写真が撮れなくて(ビデオならあるんだが~)
大学時代の写真でご紹介させていただきます(ごめんよ~)。
20160131.jpg
2010年8月28日 一橋大学にて。
わーあれから6年も経つのか・・・

選手権に出場されるような立派な選手になりました。

健闘を祈ります!


健闘を祈るがで!

ここのところ更新頻度が高いのは

リオオリンピックのライブ中継対応の眠気覚まし

書くべき記事がたまっているからです。

平本先輩(H20卒)に送っていただいた
玉竜旗懇親会の写真をデスクトップに置いたままなので
申し訳ないのですが、それにしても

すっかり「痛風」で通っているようです。
20160727_205759s.jpg
(清風、が正解)

さて今年初めて取材した、高知の、西日本勤労者大会のこと。
先日、YouTubeの管理画面を見て驚きました。

「夢追組」のビデオ、再生回数700回を超えちゅうが!

(以下、土佐弁で)

地元、明徳義塾出身のスターが集まった「夢追組」が
初戦で東レ研究所に代表戦で敗退した瞬間ぜよ。

YouTubeで直接見る場合はこちらをクリックしとおせ

先鋒の宮本先輩(H27卒)のビデオを後でUPする
と言いつつ遅れちゅうが、これやか!

YouTubeで直接見る場合はこちらをクリックしとおせ

・・・おーの! 思い出しちゅう!
宮本先輩の試合が始まったことに気が付かなくて
一本獲る直前にやっと気が付いて
へんしも撮影開始したんぜよ。
肝心のところが写っていなくてごめんちや~
けんど、このビデオの見どころは

・OBを応援するために駆け付けた、明徳義塾高校男女剣道部員
・宮本先輩を応援している中村先輩(H24卒/西日本シティ銀行)

あ、試合後、中村先輩と宮本先輩が話をしちゅう!
2016061221.jpg

高知はいいげにす~
IMG_2322.JPG
高知駅前の三志士像、左から
武市半平太先生、坂本龍馬先生、中岡慎太郎先生

そういえば・・・
土佐の人は普通の会話でもこの3名は呼び捨てしやーせん。
先生って付ける気がするがで。
武市先生、坂本先生、中岡先生。

ぼっちりカツオのシーズンやか、来年もぜひ高知にお越しおせ!
__________________________

附録的に紹介するのは恐縮ですが、先輩方の試合です。

4試合場の篠田先輩(H15卒/伊予銀行/白)。
主任審判だった常光先輩(36卒)も写っちゅうが!

YouTubeで直接見る場合はこちらをクリックしとおせ

2試合場の松本先輩(H24卒/四国銀行/赤)。

YouTubeで直接見る場合はこちらをクリックしとおせ

伊予銀行も四国電力も9月の全日本実業団に出場されます。

健闘を祈るがで!


え? 土佐弁のイントネーションが分からない?
宮本兄弟が詳しいです。

ニンニクに思う

福岡の橋詰先輩(H7卒)から
玉竜旗懇親会が7月27日(水)18:30~に決まったと
連絡がありました。
九州にお住いの皆さま、お声がけをよろしくお願いします。
_______________________

関東実業団から二週間
西日本勤労者剣道大会(高知)から一週間経ちました。

高知で常光先輩(36卒)にいただいた
手作りのニンニクが美味しくて、毎日食べています。
2016061217.JPG

ニンニク単体で「美味しい」と思ったのは
生まれて初めてですが、おそらくこれは
『ホームページ更新を怠るな』
という大先輩からのメッセージに違いないと受け止め
身体じゅうからニンニクの匂いをさせながら書いています。

振り返ると、関東実業団では富士ゼロックス本社が優勝。
2016060522.jpg

上の写真は三木監督(H2卒)の胴上げシーンですが
上原先輩(H16卒)、高内先輩(H18卒)、本川先輩(H23卒)
も写っています。

高内先輩と本川先輩の試合も見ていました。
野口先輩(法政大)が監督として見守る対東洋水産(本社)戦
2016060523.jpg

高内先輩の貴重な勝利(一本勝ち)
を受けて回ってきた大将戦で
本川先輩が下川選手に勝利することを祈っていました。

この時、カミナガ販売と三菱東京UFJも試合をしていて
3試合場同時に見ていたこともあって
あまりいい写真は撮れなかったけど
2016060524.jpg

・・・ちゃんと見ていました。惜しかったね。

関東実業団では、ほとんどの後輩の試合を見た!
という自負はあるのですが、なかなかいい写真が撮れなくて。
それで、翌週の高知では声かけをガンバリました。

UPが遅れていたけど、ルーキーOBの尾野先輩(H28卒)。
関東実業団と二週続けて試合、
尾野先輩の方からワタシに気が付いてくれました。
2016061215.jpg

同じくルーキーOBの吉村先輩(H28卒)、父子。
決勝トーナメントに残りましたが、その初戦で敗退。
2016061216.jpg

昨年、全日本個人戦の懇親会で吉村(父)さんに会い
30年前の愛媛では、新田高校(右・H2卒内村先輩)と
松山北高校が、しのぎを削っていたと聞きました。
201506262.jpg

昨年、2015年6月の、その懇親会の記事はこちら

この日、吉村(父)さんを見かけたのでご挨拶したのですが
ワタシのことは全く覚えていらっしゃらなくて

・・・ま、そんなもんでしょう、えぇ(哀)

この日、唯一、吉村先輩(H28卒)にだけ声をかけなかった
ことに他意はありませんが(本当に?)
同じパナの高優司(H24卒)と佑馬(H25卒)には
ニンニクを食べながらホームページを作っている
先輩の存在を教える義務がある。
_______________________

最後になりましたが

送られてきた総会議案を読んで、ショックを受けました。
関東実業団からずっと
剣友会総会の案内を持ち歩いています。
2016sokai.JPG

こうならないために、努力してきたつもりでした。
このホームページが剣友会会費納入促進のために
設立されたことを思い出し、役に立たなかったことを
深く反省しています。
そして、呼びかけに対してご協力いただいた先輩方の
顔を思い出し、申し訳ない気持ちでいっぱいです。

6月25日(土)の総会に参加できない先輩には
同封のハガキに、総会議案の賛否に丸を付けて
ご返送をお願いしています。
もうハガキの返送期限は過ぎましたが・・・・・・

しかし、個人的に会費改定案が残念だったので
第五号議案について話を聞きたいと思い、総会に参加します。

もう遅いのかもしれませんが
もう一度、このホームページ上で
努力する機会が与えられますように。
ニンニクを食べながら、徒然なるままに、そう考えています。

夢を、追いかけて

夢追組(宮本・石井・信田)、初戦敗退、夢を追えず。
夢追組ネクスト(大石原・大亀・大石)、夢をネクスト(来年)に託す。

事前に高知新聞の特集記事で名前を挙げられ
優勝を期待されていた「夢追組」と「夢追組ネクスト」は
いずれも決勝トーナメントに進出できず。
20160610.JPG

地元、明徳義塾出身のスターが集まった
文字通りのドリームチーム「夢追組」は
明徳義塾剣道部の部員が大挙、応援に駆け付けるも
初戦で東レ研究所に代表戦で敗退。

その、代表戦はこちら。初太刀でした。えっ

YouTubeで直接見る場合はこちらをクリック

隣の試合会場では、ちょうど「夢追組ネクスト」先鋒が試合中。
よって、そのまま、試合を録画しています。
中堅で大亀先輩(赤)が登場します。

優勝する予定だったであろう宮本先輩(H27卒)は
ワタシを見ると照れくさそうに
「明日の飛行機で帰ります」
と一言。ま、この大会、決勝トーナメントに残ると
最終便に間に合わないからね。
そりゃ、月曜日の便を予約するでしょうね。

(ちなみに宮本先輩は勝利。ビデオを後日UPします)

そして二年連続の決勝トーナメント進出を狙った
大亀先輩(H21卒)には今年も古巣パナが立ちふさがり
ここで、大亀VS高の、ドリームマッチが実現。

YouTubeで直接見る場合はこちらをクリック

意外にも、パナAが3-0で勝利。
夢がネクストイヤーに託された瞬間です。
(スコアほどの実力差はなかったよね、高クン)
_______________________

2016年6月13日(月)の高知新聞朝刊一面に
前述の日下クン(西大寺→法政→パナ)のステキな笑顔。
20160613.JPG

今年の西日本勤労者剣道大会は
パナソニック・エコソリューションズ(PE)本社C(小野・日下・磯口)
が東レ滋賀A(樫原・茂田・三雲)に2-0で勝利し、優勝。
大阪より高知に20チーム、約60名の大選手団を送り込んだ
パナの面目躍如となりました。

同郷の日下クンの活躍は、個人的には嬉しいけれど。

・・・しかし。しかしですよ。

ココは中大剣友会のホームページ。
4月29日の都道府県対抗(埼玉県優勝)
6月5日の関東実業団(富士ゼロックス本社優勝)と
中大OBの優勝を見届けてきたワタシは
残念な気持ちもありました。

201604291.jpg

201606051.jpg

中大の後輩に優勝してもらいたかった(しんみり)。

一番優勝に近かったのは、パナの高。
あ、高(妻)ではなく、高(夫)(H24卒)のほうね。
(夫婦で決勝トーナメントに残ったから、紛らわしくて)

準優勝した東レ滋賀Aに代表戦で敗退。
ベスト8でジ・エンド
2016061213.jpg

西日本シティ銀行Cの本川先輩(赤・H25卒)も惜しかった。
決勝トーナメントの初戦で、東レ滋賀Bに敗退。

YouTubeで直接見る場合はこちらをクリック

この日、本川先輩は、ここまでは全勝だったと思います。
紙一重だったね、と声をかけると
いや完敗ですと、さわやかに応えてくれました。

それにしても決勝トーナメントには
連覇を狙った高知県警2チームに加え
(伊勢志摩サミットの警備、お疲れさまでした)

東レ、パナ、西日本シティ銀行、九電、九電工、大同特殊鋼と
まさに実業団の有力チームが勢ぞろい。
今年の全日本実業団の前哨戦を見ているような気がして
何だか、とても得をした気分になりました。

こういった試合を無料(!)で観戦できる贅沢ときたら。
2016061214.jpg

お腹いっぱいです。行って良かった。

ちなみにこの大会、名前は「西日本」ですが
もちろん関東以北からでも参戦可能。
(今年は20府県372チームが参加)

みなさん、来年は高知観光がてら、いかがですか? 

夢を、追いかけて。

関東実業団決勝

(制作中)

2016060519.jpg

中堅 上原先輩(白)
副将 廣瀬先輩(赤)

YouTubeで直接見る場合はこちらをクリック


2016060521.jpg

2016060520.jpg

先輩たち

このページは後で作り直しますが
まず先に写真だけ掲載しておきます。

上西先輩と石井丈司ほか、テンプスタッフの皆さん。
2016060511.jpg

敗戦後にいきなり試合場に現れた初対面のオバサンに
「おつかれさまでした~。はーい、写真撮りますよ~」
と言われてビックリしているテンプスタッフの皆さんに、丈司が

「す、すいません、中央の先輩なんです」

と頭を下げてくれて、場所を移動して撮影しました。

やっと会えた久保田先輩(H21卒)と
熊本にいるので心配していた高野先輩(H23卒)
(心配は無用だったようだ)
2016060512.jpg

齋藤先輩(H25卒)と兵藤先輩(H27卒)
2016060513.jpg

渡部先輩と若松先輩。榎本先輩に会えなかった。
2016060514.jpg

その3名は同じチームでした。
試合は見ていたので榎本先輩は試合中の写真を
後でUPします。
(あそこで負けるとは思わなかったから・・・
 あの試合の後で下に降りて、写真を撮ろうと思っていたんだよ)

三菱東京UFJ銀行の皆さん。
2016060515.jpg

北田先輩(H17卒)は序盤はすべて二本勝ちで
手が付けられない暴れん坊ぶりを発揮していましたが
この写真を撮る頃はやや疲れが見え始め(・・・)
Vサインをすると手がプルプルするほどに・・・。

昨年は関東も全日本もコート決勝で敗退していましたが
(お相手はそれぞれ三井住友海上と日本通運)
この日はコート決勝を突破。
その後の試合、勝負がかかったところで登場する
北田先輩を見たかったな~

なお、2階の応援席にいたら三菱東京UFJ銀行の方に
中大卒ではありませんがホームページを見ています、と
突然言われました。

えっ、中大ネタで書いているのに・・・おもしろいですかぁ?

別に気を遣うわけではありませんが
三菱東京UFJ銀行の中大OBネタが豊富にあるので
後日、特設ベージを制作予定です。

この日の東芝テック

(2016年6月6日21:00大幅修正)

楮山先輩(H3卒)から連絡がありました・・・。
この日、社長様が初めて剣道部の応援にご列席になり
役員クラスも集合されるという天覧試合並の超重要イベント
だったというのに(えっ! そうだったんだ)
ワタシときたら

後輩の名前を間違えるわ
ルーキー千葉雄大先輩に気が付かないわの大失敗(号泣)。

社長様が検索して、間違ってこの「初心」にたどり着いても
(ワタシが)恥ずかしくない内容に書き直しましたので
ココから下をご一読ください。
あ、タイトルも、「東芝テック」込みに変更しました。
検索で引っかかりますように。
________________________

今回の関東実業団は
いつも以上に同門対決が多くあったような気がします。
これについてはまた別に述べることにして

16試合場ではNTT東日本(本社)と東芝テック(本社)が
それぞれ2試合目に対戦(早すぎる・・・もったいない・・・)。
ここには下記の通り、直接対決ではないものの
4名のOBがいました。

(敬称略)
先鋒 宮田賢吾 (東芝テック) H26卒・福大大濠
次鋒 田門 深 (NTT東日本) H22卒・国学院久我山
中堅 尾野大成 (NTT東日本) H28卒(主将)・東海大四
副将 鈴木賢太郎 (東芝テック) H25卒・高輪

わー豪華~ ということでビデオを撮ることに。

まず先鋒(白が宮田先輩)と次鋒(赤が田門先輩・4分位~)。

YouTubeで直接見る場合はこちらをクリック(音に注意)

中堅(赤が尾野先輩)と副将(白が鈴木先輩・2分40秒位~)。

YouTubeで直接見る場合はこちらをクリック(佐伯先輩の掛け声に注目)


副将でビデオを止めるのがあまりにも惜しく
大将戦も撮りました。

途中から応援に加わった佐伯先輩(H11卒・東芝テック)
も一瞬、写っています(5分20秒のところ)。
鈴木賢太郎が残り時間わずかのところで一本獲った時に
大きな声で喜んでいたので(すぐ隣で)
サービスショットを入れておきました。

この日は たまたま NTT東日本が勝ちましたが
見ての通り実力差はなく、両社が拮抗するいい試合でした。
こういう試合は、試合時間が3分間というのが残念です。
4分間で見たかったです。
(関東実業団は準決勝から4分間)

なお左向こう側、11試合場で
凸版印刷(板橋)対東レ(本社)の大将戦と代表戦があり
凸版に先輩がふたりいたので気になっていました。
時々、11試合場が写るのはその事情です。
残念ながら凸版印刷(板橋)は二回戦で敗退となりました。

ところで。

ワタシにとってこの日の前半戦のベストマッチはこれではなく
(今さらそんな)

7試合場の4試合目、
東芝テック(東京支社) 対 日本通運(首都圏)。
両チームに先輩が計3名、いました。
2016060517.jpg

今思うと
次鋒の同門対決(H26卒永松先輩とH28卒千葉先輩)
と副将戦、そして代表戦を
ビデオに残しておけば良かったのですが

先鋒から中堅まで引き分けて迎えた副将戦で
佐伯先輩が先取されながらも獲り返し

大将戦も引き分けて、代表戦が副将戦の再戦となり
2016060516.jpg

長い延長の末に佐伯先輩が見事に勝利した試合です。

チームの平均年齢が約10歳違ったんですよ(テックが上)。
佐伯先輩のお相手はひとまわり以上も年下の方でしたが
佐伯先輩の勝利に対する執念がすごかった。

楮山先輩(H3卒)は多分これを読んでいると思うので
佐伯先輩によろしくお伝えください。

201409158.jpg
(2014年に撮影)


さて、取材し損ねてしまった千葉先輩(H28卒・安房)の件。
今年1月の送別会で話ができれば良かったんだけど
安房は安房でも、ホームページ担当のドカベン・・・いや
小川侑吾君と話をしてたんだよね・・・しまった。

(ドカベンの根拠となる写真はこちら)
dokaben.jpg

関東実業団の日の写真には見当たらず
手持ちの写真で探したんですが、こんな写真しかなくて
2016060518.jpg

しかも隣にいるのは、上記11試合場で敗退した
凸版印刷(板橋)の次鋒、佐藤クンじゃないか。

・・・むしろUPしないほうが(社長も見るかもしれないし)。

申し訳ないけど
全日本実業団で再撮影ということで、いいかな。

関東実業団結果

2016年6月5日(日)、日本武道館で開催された
第58回関東実業団剣道大会で
昨年準優勝に終わったゼロックス(本社)が雪辱を果たし
2013年以来3年ぶりの優勝。

準優勝のJR東日本、三位の日通を合わせると
ベスト4に4名の先輩がいて
我々にとって嬉しい一日となりました。

優勝 富士ゼロックス(本社) 

監督が三木先輩(H2卒)、中堅が上原先輩(H16卒)。
201606051.jpg

ホームページ用のアピールも万全です。
201606052.jpg

準優勝 JR東日本(本社)
201606053.jpg

副将が廣瀬先輩(H19卒)。ホームページ見てね。
201606054.jpg

3試合目の対カミナガ販売戦では浅田先輩(H8卒)と同門対決。
引き分けて、JR東日本(本社)の勝利が決定。
201606055.jpg

三位に三井住友銀行(本店)と日本通運(本社)。
日通の先鋒が菅原先輩(H27卒)。
201606056.jpg

なお伊田テクノス(本社)に勝利しながら
日本通運(本社)に敗退してベスト8に終わった
NTTのふたり(H25卒齋藤&H27卒兵藤)は
閉会式もつまらなそう・・・
201606057.jpg

そりゃそうだ。

この後、ふたりの写真を撮ろうと探しましたが
すぐに外に出てしまったみたいで、会えないままでした。

秋の全日本実業団では笑顔で記念撮影できるといいね。
(このふたりに限りませんが)

日本武道館に早朝より駆け付けられた
選手、審判、応援の皆さま、お疲れさまでした。

反省会と称して、まだまだ懇親中の皆さま
気を付けてお帰り下さい。
beer2.jpg

岩手~長崎 対 東京

(制作中)
  ↓
このホームページは長崎からのアクセスが多く

この記事が長く「制作中」だと、クレームが来そうです。

長崎 対 東京の話です。

今年の長崎には
昨年まで鹿児島代表の常連だった深川先輩(H7卒)がいて
三年連続の出場となった藤山先輩(H19卒)とふたり、
OBが名前を連ねることに。 当然、注目していました。
201604294.jpg

あ、もうひとり写っているのは先鋒の松崎君(島原)。
松崎君といえば、魁星旗の決勝が印象的で
いやぁ、いい試合でしたが・・・
IMG_1973akita.JPG

・・・このホームページの性格上
中大剣道部とOBの話題に集中したいと思います。

東京は、上原先輩(H16卒)が五将にいましたが

その上原先輩含め、前五人が引き分けた後
三将の藤山先輩と副将の深川先輩の試合がこちら。
最初の方に、隣の試合場の小田口先輩(H9卒)の試合
が写っています。

小田口先輩が2本勝ちしてから
藤山先輩の試合に集中しています。
開始2分くらいから、藤山先輩(長崎県警察)VS畠中選手(警視庁)
という本大会屈指の好カード
開始7分くらいから、深川先輩の試合です。

全体的に、この時座っていた場所があまり良くなくて
ヒトも沢山写っていて
移動するにも三脚が置いてあってその前に出ることができず
ブレブレですいません。

結論からいうと、七人全員が引き分けて
大将戦からそのまま代表戦へ→東京の勝利。
長崎の方に勢いがあったように見えましたが、残念でした。

この後の試合で、東京は和歌山に敗退しました。
上原先輩の試合は撮影に失敗してしまって
途中までしかないのですが、、、後日、紹介します。


決勝のOBたち

2016都道府県対抗の決勝、愛媛 対 埼玉。

再び、大将、金田先輩(61卒)のコテで
埼玉に歴史的・・・失礼、劇的な勝利をもたらしたビデオが
全日本剣道連盟の公式YouTubeにありました。

先鋒から大将の試合を経て、代表戦の終了まで
50分ありますが、最後の数分で十分に感動的です。

・・・いや、ちょっと言い過ぎた。

あらためて、あの試合が50分もあったのかと
気が付かされました。その内、大将戦と代表戦
つまり、新谷先生と金田先輩の死闘で約20分。

時間を忘れて、ビデオを撮るのも止めて
先鋒から全部観ていたからこそ感動したんだと思います。
_________________________

この感動を、徹夜してでもホームページに残そう!
と、岡山のネットカフェ(8時間パック)にこもったのに
録画したビデオを確認しているうちに睡魔に襲われ
パソコンのキーボードを抱えて熟睡するという失態。
(速報UPが30日の夕方にまで遅れたのはこの事情)

早朝、目が覚めて、モーニングを食べていたら
井上圭二先輩(H6卒・愛媛在住)よりメール着信。

あ! 天下の愛媛新聞に写真まで載ってる!

20160430ehime.jpg

「愛媛準V 攻め光る 都道府県対抗剣道」
2016年4月30日付愛媛新聞
(掲載許可番号:G20170601-02852)

・・・愛媛は祭りだな・・・地元愛は地方新聞に宿る。
ありがとう。愛媛新聞様に許可をいただいたらUPするワ。

それにしても 「負けた選手も積極的に攻めた」 という
遠藤監督(54卒)のコメントに注目です。
負けた選手って・・・
2016042913.jpg

・・・いや、これ以上は言うまい。

きっと、もっと強くなって、戻って来る(=出直して来い)。

さぁ次は 11月3日の全日本選手権  いつだろうか。

大亀先輩だけでなく
この日、実力を発揮できず、レジェンドになれなかった
後輩たちのリベンジを、楽しみにしています。

(注)
レジェンド金田先輩だけでなく
栃木でただひとり勝利された大島先輩など
この日、高槻より年代が上の先輩方は活躍された
という事情により、あえて、「後輩」と書きます。
(後輩全員が実力を発揮できなかった、とは言いませんが)

なお愛媛新聞様には毎回のことながら
早々に、新聞の掲載許可をいただきました。
ありがとうございました。

愛媛新聞ONLINEは こちら

開会式~愛媛 対 奈良

今年は、朝、出場される先輩方に事前にご了解いただき
ビデオを撮りました。

あ、東中尾先輩(60卒)、井田先輩(H8卒)、遠藤先輩(H21卒)
にはお会いできなかったんですが

まず開会式。

福本修二先生(大会副会長、全日本剣道連盟専務理事)の
ご挨拶で、被災された熊本県と大分県へのお見舞い、お悔
やみのお言葉が続いたので、そのすべてを撮りました。
音量を上げてご確認いただけると幸いです。
素晴らしい剣道を披露することで、被災された皆さまへ心の
支えになればという内容でした。
熊本県は出場を辞退されました。

今回、副将と大将と監督で9名の先輩が出場されましたので
列の後ろの方を探していただけると見つけやすいです。

中大OBのトップバッターは大亀先輩(H21卒・愛媛県)。
お相手は奇しくも古巣、パナソニックの後輩となる山田選手。

山田選手は昨年の全日本選手権でベスト16入りした実力者。
最近、大きな舞台に慣れている山田選手が有利と思いきや
大亀先輩、譲らず。愛媛県はまず初戦を突破。
なお、副審を清水先輩(55卒)が務められています。

*会場で清水先輩にご挨拶する機会があり
河村先輩(38卒)と一緒に、熊本県の様子をうかがいました。

こちらは東京都の初戦。
相手は初戦で新潟県に勝利した長崎県。
この両チームに3名の先輩がいますが、まず上原先輩(H16卒)。

上原先輩、11年ぶりの出場でした。
なお、一番奥で鹿児島と北海道が対戦しており
途中から久保田先輩(H27卒)の試合も追いました。

深川先輩と藤山先輩の試合は後日UPします。


都道府県対抗、埼玉優勝

2016年4月29日。
場所をなんばの大阪府立体育会館に移して開催された
全日本都道府県対抗剣道優勝大会は
埼玉県が26年ぶりの優勝。ベスト4入りも10年ぶり。
準優勝は愛媛県。ベスト4入りは19年ぶり。

失礼ですが、びっくりしましたー

特に印象的だったのは準決勝の対大阪府戦。
副将が終わって3(5)-2(3)で埼玉有利。
代表戦に望みをつなぐ地元大阪の大応援団が
石田先生の二本勝ちを後押しする完全アウェイの大歓声の中で
201604297.jpg

埼玉の大将、金田先輩(61卒)が
先取されながらも取り返し
この時点で埼玉県の勝利決定!
201604299.jpg

会場には大阪の大応援団の悲鳴の後、一瞬の静寂・・・

埼玉県、優勝候補の筆頭だった大阪府に歴史的勝利! 
    ↓
怒られるかな~
でも昨年の埼玉県は
新村先輩(61卒)が大将をつとめた宮城県に
一本も獲れずに初戦敗退だったから・・・
言葉を濁して紹介したことを思い出します!

決勝は1(4)-1(4)のタイで大将戦へ。
引き分けがない、勝負がつくまでエンドレスという緊張感の中
2016042910.jpg

5分で勝負がつかず。そのまま代表戦へ。
両者惜しい技が続き
両県の応援団が交互に歓声を上げる長い試合の結末は
金田先輩が見事なコテを決めて埼玉県の優勝!
2016042911.jpg

愛媛県の選手たちは座ったまましばらく動けず
その間に埼玉県の選手たちが金田先輩に駆け寄りました。
201604298.jpg

いつも、この大会が終わってから岡山に帰省するのですが
(・・・つまり、GWの帰省ついでに取材しているダケなんですよ)

今年は閉会式の後まで残りました!
その事情で、今年は閉会式の写真もあります。
2016042912.jpg

優勝   埼玉県 大将が金田先輩
201604291.jpg


準優勝 愛媛県 
監督が遠藤先輩(54卒)、五将が大亀先輩(H21卒)
201604292.jpg


三位   三重県  五将が太田先輩(H24卒) 
201604293.jpg
太田先輩はこの日、大活躍だったので
当然、優秀選手に選ばれるものだと・・・残念でした。

三位   大阪府(6年ぶりに中大関係者の出場なし)

ところで
閉会式の後で金田先輩におめでとうございます、と伝えたら
「どっちが勝っても良かったんだろう?」
と言われました。ええ、まぁ・・・
ワタシは愛媛県の応援団の席にいました。

そしてこの日はビデオを撮り続けていたのに
実は金田先輩の試合のビデオがひとつもなくて・・・

いや、あるんですが、わー失敗した・・・怒るかな~

*この動画は後日削除する可能性があります。

対秋田県戦。1(2)-0(0)の埼玉有利で大将戦。
湯澤先生に先取されるもそのまま一本負けで埼玉は勝利。

いやいや
素人のワタシなんぞがビデオを回さなくても
歴史に残るであろう、準決勝の対大阪府戦と決勝のコテは
もうYouTubeにあるでしょうから
みなさん、ご自身で探してください(えっ、そんな勝手な・・・)。

そして、一躍、剣道界のレジェンドとなった金田先輩は
自分のビデオがこのホームページに載らないこと
・・・なんぞに腹は立てないでしょうし
こんな小さなメディアで紹介しなくても
ちゃんとした一流剣道雑誌に立派な記事が載るでしょうから

レジェンドになれなかった後輩たちの奮闘ぶりを
ココに書きたいと思います。
今、帰省先の岡山にいて、パソコン事情がよろしくないので
東京に戻ってから続きを書きます(えっ、いつになるんだろう・・・)。

あ、そういえば、閉会式に残って良かったことがもうひとつ。
小田口先輩(H9卒・鹿児島商工)が
昨年の東西対抗に続いて見事に優秀選手の表彰。
201604295.jpg
東中尾先輩(60卒・鹿児島商業)と一緒に。

こちら、閉会式を待たずに会場を後にした長崎県。
東京都に無念の敗退でした。
201604294.jpg

長崎の方に勢いがあったのになぁ~
ビデオがあるので、後でUPします。
三将の藤山先輩(H19卒)が畠中選手(警視庁)に引き分け
副将の深川先輩(H7卒)が残り時間わずかで獲り返し
勝負を大将に回しました。長崎が勝つと思いましたが。

出場された選手のみなさまお疲れさまでした。

そして開会式でも言及されましたが、熊本県の関係者のみなさま
お身体を大切に、また次の試合でお会いできますように。

「桐子」の夜

愛媛は松山の三番町といえば、「桐子」。
2015matsuyama7.jpg

いや何かって、昨年12月の中四国OB戦前日に
二次会でお世話になったスナックのこと。
2015matsuyama8.jpg

桐子ママを手伝う若手が、妙にサマになっていたなぁ
2015matsuyama19.jpg
三浦先輩(H23卒)と松本先輩(H24卒)


2015年12月6日に愛媛武道館で開催された
中四国OB戦については、軽く速報でご紹介しただけで

中四国OB戦の速報(当時)はこちら

懇親会の様子も紹介しなければと思っていたのに
あっという間に、3ヶ月半が経過してしまい(ええっ!)
2015matsuyama9.jpg

いつものワタシだったらそのまま忘れてしまうのですが

選挙権年齢が18歳以上になるのに伴い
愛媛県のすべての県立高校が新年度から校則を見直し
学校外での政治活動について
事前の届け出を義務づけることを決めた
というニュースがこの三連休で日本中を駆け巡ったお蔭で

ふと「桐子」を・・・
三番町の夜を、思い出しました。

(そんなこと言い始めたらほとんどの記事が未完成なのに)

大亀先輩(H21卒)が、やっと
都道府県対抗への出場を決めてくれたこともあり
あの日のことを、書こうと思います。
2015matsuyama13.jpg

「都道府県対抗戦愛媛代表に7人 剣道全日本県予選」
2016年2月18日付愛媛新聞(掲載許可番号:G20170401-02773)

愛媛新聞ONLINE様はこちら。掲載許可をいただきありがとうございました

(新聞にはなかったけど、愛媛の監督は54卒遠藤先輩です)


さて、まずは三番町の「すし丸本店」にて懇親会。
愛媛の先輩12名、香川の先輩5名、岡山の先輩1名(=高槻)
の計18名で懇親会が開催されました。
2015matsuyama21.jpg

*参加者(敬称略)
天野(37卒)、新名(54卒)、福﨑(56卒)、石本(57卒)
河原田・森末(58卒)、村上(60卒)、好井(62卒)、高槻(H元卒)
井上(H2卒)、大塚(H3卒)、曽我部(H5卒)、井上(H6卒)
藤岡(H14卒)、篠田(H15卒)、大亀(H21卒)、三浦(H23卒)
松本(H24卒)


愛媛の先輩方には
2014年12月に広島で(中四国OB戦)
そして2015年3月に岡山で(全日本OB戦)と
最近、いろんなところで会う機会があったのですが

天野先輩(写真中央・37卒)には
2008年以来、約7年ぶりにお会いしました。
2015matsuyama14.jpg

故津村先輩など、37卒同期の先輩方のお話をしたのに
帰京してすぐに故原口先輩の訃報に接するなんて・・・

村上先輩(60卒・右)も約7年ぶりでしたが
2015matsuyama16.jpg

森末先輩(右・58卒)には初めてお会いしました。
同期の河原田先輩(左)と何十年ぶりかの再会シーン。
2015matsuyama17.jpg

58卒の先輩は沢山知ってます、と名前を挙げたら
「俺たちより付き合いあるんだな」
と驚かれました。 えぇ、まぁ・・・
お二人に会ったと言ったら、同様に驚かれると思いますよ。

そしてお二人には
故三井先輩(59卒)の訃報もお伝えしました。

こちらは同期が懐かしがるだろうと思い、撮った写真。
2015matsuyama20.jpg
同じ時代に中大の道場にいましたが
大塚(H3卒)、好井(62卒)、井上兄(H2卒)の各先輩は
さすがに年齢なりの風格を備えていらっしゃいました。

大亀先輩(写真中央・H21卒)は前述のとおり
この2ヶ月後に都道府県対抗の予選を勝ち抜き
見事、五将として出場されることに(予定)。
2015matsuyama15.jpg

沢山の先輩たちが、いい報告を待っているので。
活躍を祈ります。
(三浦先輩の、都道府県対抗への復活も、祈っている)


この懇親会の後、二次会は冒頭の「桐子」へ。
2015matsuyama23.jpg

貸切だったので、ゆっくり話もできて
2015matsuyama22.jpg

桐子ママ、安く飲ませていただいて、ありがとうございました。

松山に行く機会があれば、三番町の「桐子」へぜひ。

声がでない中で

東海OB戦の日(12月23日)のことを思い出しています。

数日前から風邪気味で、怪しくはあったものの
試合当日、深夜バスから降りて早朝の名古屋に降り立った瞬間に
声が出なくなったことに気が付きました。 ひー(泣)

まぁ仕方ない。良く知った先輩ばかりだから、いいか。

会場に着いて選手を探したら、いたいた、こっちに歩いてきます。
軽く手を振っただけなのに、さっと並んでこの笑顔
2015122310.jpg

・・・ホームページに慣れてきた。
この一年でたいした成長ぶりだ(呆)

その福間先輩(H24卒)は
ワタシの声が出ないのを知ってニヤニヤ、少し嬉しそう。
ちょっと悔しいので
関西OB戦で撮った写真やホームページを見せながら

*具体例
20151213w3.jpg

キミはOB戦初出場だから知らないだろうけど
負けたらこんな風に書かれるんだよと、スパルタ指導。
(声が出ないので身振り手振りで)

この日、彼が負けなかったのは、ワタシのお蔭です。
(あるいは身をもって後輩に指導した、関西の3人のお蔭か)

なお福間先輩と同期の高先輩が、関西OB戦で活躍したこと

特に、2015年の剣道界の顔ともいえる、あの! 藤岡先輩
(都道府県対抗/教職員大会個人&団体/国体で優勝)
に勝ったことを伝えると
(声が出ないので身振り手振りで)

2015121310.jpg

> 知ってます!
> 同期の結婚式で高が自慢していました。
> 秒殺だったんですよね!

・・・まぁ、高優司ったら・・・それはちょっと言い過ぎダワ
(言いたいけど声が出ない)

> その結婚式に藤岡も来てたんですが
> 高に完敗だったって、言ってました!

・・・まぁ、藤岡クンったら、なんて清々しいのかしら!
ますますファンになったワ!
(言いたいけど声が出ない)

実は上のドリームマッチ 高 VS 藤岡戦 の数時間前に
高先輩が、既知の藤岡先輩を紹介してくれました。 
2015121309.jpg
(撮影:高優司)

全国の藤岡ファンの皆さま うらやましいだろ~ 申し訳ありません。

*掲載にあたりご本人の許可をいただいています。本当に。


おっと、そうそう、東海OB戦の話でした。
試合の方は、既報の通りベスト8でしたが

愛知支部にとってこの日の一番の収穫は
竹田先輩(H6卒・以下、順司)が剣道に目覚めたことでは
ないでしょうか。

角先輩(右・63卒)にたしなめられながら
しかし、マネジメントについて熱く語る順司(左)
2015122312.jpg

過去の「栄光の軌跡」(試合の結果ですね)を指しながら
監督の名前が後世に残ることを熱く語る順司(の手)
2015122311.jpg

この日、裏方だった順司の献身ぶりは前述のとおりですが
選手の貴重品を預かって身に着けて管理していたこと
オーダー表を毛筆で用意してちゃんと持参していたことには
感心しました(事情あって採用されなかったけれど)。

来年の中堅に
今年出場できなかった玉田先輩(H21卒)を指名し
剣道の話に夢中になる順司と
その勢いについていけず、引き気味の先輩たち
2015122313.jpg

順司 : 高槻先輩、そういえばあの、梅ケ谷(中大2年)はどうなんですか?

・・・そういうオマエはどうなんだ、順司。

名門、和歌山東から鳴り物入りで(!)中大剣道部に入部
はや26年、まさかこの名古屋で、総監督として目覚めるとは。
来年の愛知支部は 面倒なことになった 楽しみですね。


なお、愛知支部は転勤族が多くて(どうしても)
なかなか支部の活動が継続しないという課題がありますが
過去の本大会では輝かしい成績を残しています。

平成5年(第一回大会) 準優勝(監督 40卒 青山 旭)

先鋒 中山 睦友(62卒)
次鋒 大河内 鉄彦(58卒)
中堅 轟木 利治(57卒)
副将 穂園 元孝(57卒)
大将 安ケ平 博(45卒)

平成9年 3位/平成10年 優勝(監督 45卒 安ケ平 博)

先鋒 佐村 渉(H5卒)
次鋒 中山 睦友(62卒)
中堅 大河内 鉄彦(58卒)
副将 穂園 元孝(57卒)
大将 生地 史郎(52卒)

平成11年 優勝(監督 40卒 青山 旭)

先鋒 小栗 暢史(H11卒) 
次鋒 佐村 渉(H5卒)
中堅 中山 睦友(62卒)
副将 轟木 利治(57卒)
大将 生地 史郎(52卒)

(敬称略)

ちなみに、平成11年の準優勝は国士舘、先鋒はあの
安藤戒牛先輩。 ひゃ~ 見たかったなぁ~
(大学時代に全日本個人2連覇、平成14年に全日本選手権制覇)

これ以降、残念ながら出場が途切れたようですが
来年からは順司の名采配により
きっとまた「栄光の軌跡」に名前を刻んでくれるでしょう。

愛知、三重、静岡、岐阜に在住の先輩のみなさま
ぜひ、名乗り出ていただいて、来年は複数チームで出場し
支部を活性化させましょう!

*2016年の愛知支部は年末のOB戦以外にも
 チームを組んで試合に出場しようという話があります。
 愛知、三重、静岡、岐阜に在住の先輩のみなさま
 ぜひ、この日の参加メンバーや高槻にご連絡ください。
 もちろん、飲み会だけの参加も歓迎です。

*この日の懇親会の費用は、中山先輩と角先輩で
 全額、払ってくださいました。
 ごちそうさまでした! どうもありがとうございました!

そして後輩たちはこれを当たり前と思わずに、来年からは
ちゃんと食べた分、飲んだ分を払いましょう。

東海OB戦、後日談

東海OB戦から帰京する新幹線の中で
アラフィフと、20代若手OBしか出場しなかった
今日の選手構成をぼんやり考えていたら

ちょうど新幹線が静岡駅を通過したころだったでしょうか
ふと、ある顔が、脳裏をよぎりました。
kiwada_narazaki.jpg

・・・はっ!  ひとり忘れてた!

木和田先輩(H13卒)の選手権祝賀会(2012年)に参加していた
この日の先鋒、石川先輩(当時4年・主務)は覚えているはずです。
kiwada_ishikawa.jpg

コケシと共に登場した
楢崎先輩(H14卒・静岡県警察)のことを。
03107.jpg


帰京後、岡先輩(H14卒・下記写真の左)に連絡して
来年の東海OB戦出場を打診したところ
03105.jpg

「日程があえば是非」

これで、来年の2チーム登録に一歩前進です。
こうやって愛知支部は、2017年3月に大阪(か京都)で開催される
全日本OB戦への出場権獲得に向けて、スタートを切りました。


しかし今ごろ楢崎先輩は、なぜ今年声がかからなかったのか
不満に思っているかもしれません。
まさか、帰りの新幹線の中でやっと思い出したとも言えず(照)

全日本OB戦の予選を兼ねる来年のために
エースを温存しておいた

・・・とでも言っておきましょうか。

先輩のみなさん、話を合わせてくださいね。
(彼にこのホームページの存在を知らせるのではなく)


※来年は名古屋市東スポーツセンターで開催されます。
  (日程は未定)


東海OB戦の結果

(2015年12月24日 11:40 加筆修正)

速報です!!

12月23日(天皇誕生日)
名古屋の緑区スポーツセンターで東海OB学生剣友剣道大会
が開催され、約16年ぶり(推測)に出場した中央大学は
見事、予選リーグを突破!

優勝した大体大(準優勝は中京大) に敗退したものの
20151223.jpg

見事、ベスト8。
201512231.jpg

緊張する初戦(対名古屋学院大戦)
副将、角先輩(63卒)の見事な二本勝ちに拍手をする
竹田先輩(H6卒)と玉田先輩(H21卒)
201512232.jpg

中山先輩(62卒)、往年の(!) あのツキが決ま・・・・・・
201512233.jpg

・・・らなかったけど(手ごたえはあったようですが)

同じ時代に道場にいたモノとして
ワクワクしながら見ていました。

中山先輩のことを、道場にある、あの
『斜(ハス)に構えた写真』 でしか知らない先輩もいますので

(一例)
201512234.jpg

試合結果を伝えた何人かの後輩から
「試合が見たかった」
と言われました。そうか、動画も撮っておけばよかったな。

(編注)
この写真、中山先輩から 「削除!」 と言われましたが
小さかったらいいんだろうか・・・ということで小さくしてみました。
実は当日、竹田先輩が中山先輩のことを
「道場の、斜(ハス)に構えた写真の中でしか、知らなかった」
というので、そういう世代も多かろうと、写真を探したのですが

全日本個人優勝は高木先生、津村先生と3人で撮影されており
関東個人優勝は正面を向かれており
関東団体と全日本団体の優勝はもちろん正面を向かれており
斜に構えているのは2回の東西対抗優秀選手だけ。
そんな事情で、この写真の掲載になりました。

なおこの日、中山先輩の真骨頂は
予選を抜けた対大阪大学戦、二刀流のお相手に
初太刀で豪快なメンを、二本目にコテ(!)を決めた
あの試合ではないかと思います。
201512238.JPG

お相手の二刀流の方が
この日連戦連勝されていたことで場内の注目もあり
上の写真の対大体大戦と同じくらい、盛り上がりました。
201512239.JPG
特に、若い石川先輩(H26卒)と福間先輩(H24卒)は
いいモノ、見せてもらったよね。
OB戦の醍醐味だと思います。


この日、裏方として大活躍の竹田先輩は至れり尽くせり

極めつけは
開店時間が17時の居酒屋に無理をお願いして
201512235.jpg

16時に開けていただいたこと。カウンターのお子さんに注目
201512236.jpg
まだ食べるものの用意はできないということで(そりゃそうだ)
約1時間、ビールだけで盛り上がる異様な光景に笑える。

緑区鳴海駅前の居酒屋DARUMA様。ありがとうございました。
(DARUMA様のホームページはこちら)

ところで。

体調管理に失敗したワタシはこの通り、ざわちん状態
201512237.JPG
(撮影:竹田監督→来年、監督として指揮するそうな)

何を言っているのか全然聞き取れない
セクシーなハスキーボイス ひどいダミ声で
あまり会話に入れず、取材もできず。 あーあ 悲惨

風邪をひかないことだけが取り柄なのに・・・なんでこんなことに・・・

思い付くのはあれしかない。

先日の女子会で、後輩たちの毒気にあたったコト。
201512192.jpg

それにしても強烈だったなぁ

名門、S徳S鴨出身のふたりと
201512193.jpg

半袖の彼女。 あれ、名前、何だっけ
201512194.jpg

う~ 寒くなってきた ぶるぶる(悪寒)

先ずは体調を整えてから、名前を思い出すことにしよう

(F水先輩。大丈夫、覚えてるから)

(具合悪いのは事実なので、女子会レポートはもう少しお時間下さい)

(大変申し訳ありません)

(東海の記事も頼まれたことはまだ書けておらず)


早く寝よう。 年末ラストスパートだ!

あの誇りの行方

関東OB戦(第26回東京学連剣友剣道大会)の直前に

「母校、九州学院の誇りをかけて頑張ります!」

というメールをくれたOBを紹介しました。  この記事です。

060213.jpg
渦中の清武先輩(H9卒・右)と
ALSOKの木村監督(左・2013年の実業団にて)。

結果を知らない多くのユーザーにとっては、このままだと

『・・・・・・ダメだったのか』

で終わってしまうので
本人の、いや本人と九学の名誉のために事後報告すると
ふがいなかった昨年(→本人談)の雪辱を果たし
母校、九州学院の誇りにふさわしい試合内容でしたので
九学OBの皆さま、どうかご安心を。

2015kyuugaku3.jpg

かくいうワタシも、本人に聞く勇気はなかったので
当日の夜、同じチームで出場した同期に聞いたところ

> キヨタケ、頑張ってくれたよ!
> 彼のコテで救われた試合があったよ!

とのこと、更に確認してみたら
5勝1敗の好成績で、Bチームの三位入賞に貢献していました。
いや~それは良かったね~ (5勝はすごくない?!)

(ホームページ的にも良かった)

九学の後輩、榎本先輩(H27卒)も同じチームにいて
20151213e8.jpg

清武先輩にとっては
2015年を締めくくるにふさわしい
楽しい一日だったと思います。
20151213e5.jpg

聡明なるご令室さまから
剣友会会費もお振込みいただき
不惑(40歳)を抜けた、来年の 『男・清武 直之』 に注目です!

OB戦レポートの前に

OB戦レポートの前に。

関西OB戦(第25回関西学連剣友会剣道大会)の
閉会式の挨拶(つまり最後の締めくくり)で
審判長より印象的なお言葉がありました。
(何だかシリーズ化してきました)

1部の選手たちへ。
君たちの剣道は、まだまだです。
精進を続けてください。

2部の選手たちへ。
いつかお迎えが来るその日まで
どうか一日でも長く剣道を続けてください。

わーブラック~(笑) 文字も ブラック にしておきました。

それにしても、さすが関西やな~
陽もとっぷり暮れて、観客席もガランと寂しくなった中で
最後まで残った選手と係員が、下を向いて笑いをこらえ
一日の疲れが飛んだ瞬間でした。

そういえば今年の5月に
故木下佳哉子先輩(H6卒)が不慮の事故で逝去されました。
201512kinoshita.jpg
(ご主人が送って下さった写真です)

話をする機会はなかったけれど
毎年必ず剣友会会費を納入してくれて
納入者一覧に必ず名前がありました。
150524_214439.jpg

そんな故木下先輩をはじめ
先に逝かれた先輩たちに恥ずかしくないよう
お迎えが来るまで精進を続けようと、再確認しています。
(剣道はしないけど)


さて故木下先輩の訃報記事を読み返していたら
こんな写真がありました。
hanbetu.jpg

ん? 故木下先輩の後ろにいるのは
和泉&北口先輩(共にH7卒)だ・・・

22年後の彼らはこんな感じ(2015年納会にて)。
20151213w6.jpg

精進しなさいよ!!


あらためて、12月13日に開催された東西のOB戦は
東は1部が優勝と3位(2チーム上位入賞は久しぶり?)
西は1部が準優勝という近年にない好成績。

しかし、東はすぐに剣道総合サイトLET'S KENDOさんで
詳細がレポートされて、動画もUPされて こちらです

もちろん中大剣道部のホームページにもUPされて こちらです

すでに、今さら感がありますね。  
そもそも、この繁忙期に、東西同時優勝でもしない限りは
ホームページはしばらく更新しないと宣言していたのですが

試合翌日(14日)のアクセス数を管理画面で見てビックリ
また梅ケ谷君が優勝したのっ?! っていう位の数でした。
関西OB戦(第25回関西学連剣友会剣道大会)の情報は
あまりないから・・・でしょうか。

(編注)
関西の某(くにかとしかず)先輩いわく
Facebookでリアルタイムに更新しましたと。
でも、それが見当たらないんですよね・・・確認中
       ↓
ありました! これです。
関西学連剣友会 Facebook は こちら


そういえば田島先輩(H25卒)、見てますか?
なかなか警察官大会の記事が書けなくて申し訳ない。
20151013tajima.jpg
10月13日警察官大会で撮影した君の写真だよ。

関西OB戦で、同期の各務先輩に会いました。
20151213jyunki.jpg

あ、しまった! 知好楽作の竹刀袋、営業するの忘れた!
在庫があと4本あるから、使わないか聞いておいて。


岩根佑馬が二回戦敗退だったこと、話ができなかったことは残念。

自らポイントをあげることができず
大将の陽三先輩(H5卒)を祈るように見つめる佑馬。
20151213w7.jpg

出張と重なっていて
試合が終わってすぐに伊丹空港までタクシーを飛ばしたそうです。
(タクシー代は同じチームの中野&川俣両先輩のカンパ)
(いい先輩がいて良かったね)
(そういえばあのコ、剣友会会費、払ったのかしら)


同じく同期の齋藤先輩は関東OB戦で優勝に貢献
20151213e4.jpg

加えて

> 今日の昼休みにホームページ作るから
> 著作権に問題のない写真を今すぐに送って!

・・・という突然のリクエストに応えてくれて(仕事中に)
お蔭で関東OB戦での1部優勝をレポートすることができました。

変な写真もあったけどね
20151213e6.jpg

23日(祝日)の愛知でのOB戦には
ひとつ上の福間先輩(H24卒)と
ひとつ下の石川先輩(H26卒)が出場しますので
機会あれば、ハッパかけておいてください。

来年は、澁谷先輩(H25卒)にも出場していただきたいのですが・・・
23日、緑区スポーツセンターで10時20分から試合開始なので
時間あれば応援に来ていただけないか、ご連絡ください。

よろしくね。


東西OB戦の結果

12月15日筆。
この記事は、昼休みにできるところまで作ります。


東西のダブルで優勝報告予定・・・でしたが

全日本OB戦の予選を兼ねた昨年、西も東もさんざんだったことを考えると

今年の結果は上々と言えるのではないでしょうか。

東(第26回東京学連剣友剣道大会)は
1部Aチームが優勝、Bチームが3位! ひゃっほー!
20151215es.jpg

えーーーー小さくて見えないしーーーー

・・・だから横に並ぶとホームページ的に都合が悪いと書いたのに
いや、ビッグな彼らはこんな小さなメディアには何の興味もないでしょう。
人数も多いし、仕方ないか。
昼休みしか時間がないので今は手間を省くことにします。

有名剣道雑誌向けの写真撮影ですね。


とりあえず齋藤先輩(H25卒・ナンコーOB)、ありがとう。
20151213e2.jpg
上西先輩とふたり、いい笑顔です。

西(第25回関西学連剣友会剣道大会)は
1部Aチームが準優勝。
20151213w.jpg

決勝の舞台は2012年以来3年ぶり。
優勝には一歩届きませんでしたが
20151213w1.jpg

準決勝で、かねてよりこのホームページで
しつこく熱望していた対国士舘戦が実現。

2015年を締めくくる
高(H24卒) VS 藤岡(H25卒)のドリームマッチに
舞洲アリーナの観衆が酔った!
20151213w2.jpg

いやー いいもの見せていただきました。
ごちそうさまでした。


なお、二回戦敗退で厳しく叱られた関西のBチームに加え
20151213w3.jpg
うっへー見てたんだ、と首をすくめる中野と川俣(共にH21卒)
助っ人になりそこねた助っ人の澤田


大切な決勝の前に
アイスクリームを食べていた関東の岡 寿憲(H14卒)
20151213e3.jpg
・・・決勝でひとり負けたと聞く


試合よりカメラが気になる関西の市原真人(H17卒)
20151213w4.jpg
他の関西OBが真剣なまなざしで試合を見つめているのに
新六段の貫録も威厳もなく


などなど、来年への課題も多いと見受けられます。
来年は2017年3月に関西で開催される全日本OB戦の
予選を兼ねますので、今年以上に気合を入れて

・・・アイスクリームは勝ってから食べることにして

来年も、吉報をお届けできますように。
終わりよければすべてよし。良かった良かった。

え? まだ愛知のOB戦が残ってる?! あぁそうだ。

nagoya_name.png

しまった、忘れてた。

2015警察官大会

<速報版> *後日、加筆修正します。

今年も良かった。たくさん感動しました。
毎年、この試合にかける意気込みが大きすぎて(ワタシが)
終わった後は放心状態になります(ワタシが)。
「制作中」のママ終わってしまうのはそういう事情ですが
今回はそういうことのないようにしようと思います。
(と今は、そう思っている。放心状態の中で)

2015年10月13日、
日本武道館で全国警察剣道大会が開催されました。

結果は全日本剣道連盟のホームページに詳しく紹介されています。

1部は、大阪府警が2年ぶりの優勝(昨年は警視庁が優勝)。
201510131.jpg
優勝旗を受け取る、友井先輩(H15卒)

昨年、北海道警察に負けてまさかのリーグ敗退でしたが
今年はいつもの大阪府警の大応援団と大歓声が戻ってきました。

決勝でもこの通り、佐賀県警察を圧倒しましたが
201510133.jpg

しかし

今年、佐賀県警察が警視庁に爆勝したことは
歴史的勝利といってもいいのではないでしょうか。
201510132.jpg
前半の勢いがすごかった! 
(警視庁の大応援団がいたのに、場内がシーンとした・・・)
正代&内村選手の前で勝負あり。

2部は、昨年3部で優勝して2部に昇格したばかりの
宮崎県警察が、決勝で神奈川県警を圧倒して、優勝。
201510134.jpg

そして特筆すべきは、宮崎県警察の松崎先輩(H23卒)
が全勝で表彰されたこと。

(名前だけの紹介だったので写真はないんですけどね)
(二人しかいなかったので、二人とも表彰してほしかったな)
(代表して、大阪の江島選手が表彰状を受け取りました)

三位の埼玉県警察には田島先輩(H25卒)がいました。

(田島クン見てるよね。写真はいっぱい撮った。ちょっと待って)
(閉会式の前、同期の藤本先輩と話しているところも撮ったヨ)

3部は、長野県警察が3位に入りました。
溝邊先輩(H18卒)はいつも姿を確認していましたが
こうやって表彰の場にいるのは初めて見ると・・・思います。
201510135.jpg
ずっと中堅で出場され、たくさん勝ちました!
(全勝かと思いましたが・・・引き分けもあったのかな?)

今日は朝から何人かのOBにすれ違いました。

朝から順番に
清水先輩(55卒)、島田先輩(H7卒)、小野田先輩(H12卒)
慎二(H23卒)、木和田先輩(H13卒)、下川先輩(57卒)
笹川先輩(H14卒・佐賀県警察監督→1部準優勝)

監督一年目の笹川先輩に「おめでとう!」と言ったら
『選手が勝ってくれたので、自分は何もしていません』
だって。相変わらずさわやかで、かっこいいワー

それにしても、先月の個人戦で誰にも会わなかったから
気を抜いてしまったけど
こうやってOBに何人も会うときに限ってスッピンなんて・・・
きっとまた島田先輩に、おばちゃんって言われてるんだ、きっと。


(警察官大会の記事は続きます)

日本武道館の一日

開会式の前に、3階に上がって空いている席に座り
ふと隣を見ると、なんと初出場の伊予銀行が! やった!
すごい偶然で、写真を撮ることができました。

たくさん写真を撮ったのに、一番写りがいい写真に
篠田先輩(H15卒)の名前が写ってなくて・・・(哀)
20150921iyo.jpg
篠田先輩の後ろが大将、大城戸選手。
プラカードを持っているのが早稲田OBのルーキー越智クン。

そういえば最優秀選手の甲斐選手(西日本シティ銀行)も
早稲田OBでした。

村木先輩(H11卒)と高野先輩(H23卒)に遭遇。
ちょっと、高野先輩、残念そうな顔しないでよ!
2015092132.jpg
さもありなん、初戦敗退直後の、残念な写真でした。

次に、三菱東京UFJ銀行に遭遇。
2015092133.jpg

関東では、三井住友海上(本店)に勝てたと思うし
この日も、あと10秒で日本通運(本社)に勝っていた。
しかし来年が楽しみです。来年は勝って集合写真を撮ろう!

3位のNTTは5名のうち3名が中大OBでした。
閉会式の後でカメラを向けると
嬉しそうに、ワッと飛び込んできました。コラコラ! 
20150921ntt1.jpg

2年ぶりの優勝ならず、3位だったのに満面の笑顔はダメよ。
(伊田テクノスに3-1で敗退)
20150921ntt3.jpg

ということで、若干、芝居がかっているけど残念そうな面々。
20150921ntt2.jpg

若いチームだから、また来年が楽しみですね。

そして、若くないヒトもがんばった、という話題に続きます。

高槻の同期はこの日、7名が日本武道館に足を運びました。
卒業して四半世紀を過ぎて、これだけの人数が関わっているのは
けっこう珍しいのではないかと思ってますが、選手も2名。

出た! みずほ銀行、大竹先輩! この日の中大OBの最年長!
一般生ながら、高壮年大会では3位入賞の経験もあり
あと10年は出場しそう(やれやれ)。
20150921ohtake.jpg

こちらカミナガ販売の尾方先輩。
高壮年大会での優勝経験もあり、この日も初戦は見事な二本勝。
20150921ogata.jpg
(大竹先輩が撮影)

彼らが戦い終えて、オレもまだまだいける! 
・・・と考えたかどうかは分かりませんが
同期が出場している間は、取材に行くつもりです。

あ、ケガしないでよ。若くないんだから、治るのも時間かかるよ。
20150921kaminaga.jpg

浅田クン。君もだ。

全日本実業団結果

2015年9月21日(敬老の日)。快晴。
日本武道館では20代の若い先輩たちが活躍しました。

西日本シティ銀行(本店)、全日本実業団で初優勝!
201509212.jpg

調べたところ九州勢の優勝は50年ほどなかったようなので
初優勝といっても過言ではないと思います。

昨年、西日本シティ銀行(本店)はあと一歩及ばずの3位。
ソコに、本川先輩(H25卒)と中村先輩(H24卒)が。
2014091520.jpg
(昨年の写真です)

今年は中堅で本川先輩(H25卒)が出場。
201509213.jpg

わざわざ九州から多くの関係者が応援に駆け付けていて
優勝の瞬間、みんなで喜びを爆発させていました。
201509214.jpg

同行の先輩たち。ナイスな笑顔です。
201509211.jpg
梶谷先輩(H19卒)、本川先輩、下田先輩(H18卒)
中村先輩(H24卒)

下田先輩が中堅に、中村先輩が先鋒に入った
西日本シティ銀行(福岡)もベスト8入り。
高先輩(H24卒)が大将を務めたパナソニック(ES本社)や
昨年準優勝の九電工をそれぞれ代表戦で破り、大健闘。
201509215.jpg

ベスト4入りをかけたNTTとの代表戦で、齋藤先輩(H25卒)
に敗退したものの・・・

  あの試合、西日本シティ銀行が勝ったと思ったのに
  ちょっと目を離していたら試合続行したので驚きました。
  写真にも、中村先輩が飛び上がって喜んでいるシーンが
  残っているのですが?

・・・三試合連続の代表戦も、緊張が途切れることなく
見るものも大興奮の展開でした。

なお中村先輩と本川先輩は
昨年の玉竜旗懇親会で会っていたので
声をかけたらすぐに思い出してくれましたが

下田先輩と梶谷先輩は面識がなく
(っていうかー ホームページ知らないしぃ~)
高槻のことを、誰この人! なに?的に、ちょっと不安そう・・・
中村&本川両先輩は、このホームページの存在を告知のこと(寂)

【2015全日本実業団結果】
優勝 西日本シティ銀行(本店)*中堅が本川先輩(H25卒)
準優勝 伊田テクノス(本社)
三位 トールエクスプレスジャパン(本社)
三位 NTT
  *先鋒が齋藤先輩(H25卒)
   次鋒が兵藤先輩、副将が榎本先輩(二人ともH27卒)
201509216.jpg

ベスト8(ベスト8までが表彰の対象です) 
東レ(滋賀)*先鋒が各務先輩(H25卒)
富士ゼロックス(本社)
  *副将が上原先輩(H16卒)監督が三木先輩(H2卒)
西日本シティ銀行(福岡)*先鋒が中村先輩、中堅が下田先輩
三井住友銀行(本店)
201509217.jpg

ベスト16
NTT西日本(本社)
  *先鋒が今村先輩(H22卒)大将が市原先輩(H17卒)
   監督が大森先輩(H2卒)
日本通運(本社)
ALSOK(西東京)
カンキ
ブリジストンエラステック
日本通運(航空事業支店)
JR東海(本社)
九電工(本社)

以上 

間違っていたら申し訳ありません。

シルバーウィークといわれる連休の貴重な一日
武道館に足を運ばれた皆さま、お疲れさまでした。

(参考:昨年の全日本実業団、ベスト16を紹介した記事はこちら)

警察官大会個人戦

2015年9月11日(金)、警察官大会個人戦が開催されました。

201509111.jpg

正確には全国警察柔道・剣道選手権大会。
日本武道館の半分で柔道、半分で剣道の試合が開催されます。

今回のトップニュースは寬仁親王妃信子さまのご臨席でしょうか。
201509112.jpg
瑶子女王ではなく信子さまだったので、ちょっと驚きました。

また茨城県警察が出場を辞退されました。
関東地方の記録的豪雨への災害対応だと思われます。
この度の大雨による被害にあわれたみなさまに
心よりお見舞い申し上げます。

さて中大の先輩は9名出場されました。

(敬称略)
木和田 大起 (H13卒・大阪府警)
溝邊 俊寿 (H18卒・長野県警)
藤山 光治 (H19卒・長崎県警)
村方 孔哉 (H19卒・福岡県警)
升田 良 (H20卒・大阪府警)
遠藤 一志 (H21卒・宮城県警・初出場)
松崎 亮介 (H23卒・宮崎県警・初出場)
前田 智博 (H23卒・熊本県警)
阿部 康成 (H23卒・山形県警・初出場)

遠藤先輩が、昨年三位の升田先輩に勝利してベスト16入り。
来年のこの試合の出場権を獲得されました。
201509113.jpg

升田先輩(赤)VS遠藤先輩。序盤での同門対決は残念でした。

優勝は初出場の土谷有輝選手(大阪府警・23歳)。
西村英久選手(熊本)に初戦で勝って場内をどよめかせ
前回の世界大会経験者、大城戸選手(大阪府警)などを
下して、見事に優勝されました。

準優勝は野村洋介選手(神奈川県警・25歳)。
ベスト16での正代選手(警視庁)戦が一番のヤマだったように
思います。この日、一番歓声があがった試合のひとつでした。

参加された選手のみなさま、お疲れさまでした。
地元に戻られて、すぐに災害救助活動に従事される方も
いらっしゃると思いますが、お気をつけて。

全日本実業団を前に

2015年9月21日は全日本実業団。

6月7日の関東実業団の記事をまだ書いていないのに・・・

いやーそれにしても良かったなー 
関東実業団、12試合場の2試合目
伊田テクノス(本社)VS望星サイエンス(本社)。
2015kantoidabousai.jpg

組合せ発表当初から注目の対戦だったことは言うまでもなく
ワタシはまず、この試合がよく見える場所に座ったのですが
日本武道館のあらゆる視線が集中しているかのような
大歓声の連続でした。

その間に何人かの後輩の試合を見逃したことは内緒です。
(伊田テクノスと望星サイエンスに中大OBはいません)

とにかく代表戦になって
2015kantoidabousai2.jpg

まさかの橋本さん負け、伊田テクノス(本社)初戦敗退。
そして、期待された望星サイエンス(本社)だったのに
富士ゼロックス(本社)は前三人で勝負をつけてしまい
2015kantobousaifuji.jpg

この後は順調に勝ち進んでこの日、準優勝だったワケですが
実は個人的には伊田テクノス(本社)初戦敗退のなかで
伊田テクノス(伊奈)の3位と
伊田テクノス(千葉)のベスト8は
すごいなと思っている次第です。

【関東実業団結果】
優勝 三井住友海上(本店)
準優勝 富士ゼロックス(本社)
三位 伊田テクノス(伊奈)/NTT
ベスト8 
東京海上日動(本店)/東洋水産(品川)
日本通運(本社)/伊田テクノス(千葉)

さてあと数日に迫った全日本実業団に向けて
このホームページ的な展望を書きます。

1試合場~4試合場の組み合わせはこちら(PDFにリンク)

1試合場~2試合場は、比較的OBが少なくて
昨年の印象が強い、東レ(滋賀)とNTT西日本(本社)に注目。
対ゼロックス戦でひとり負けてしまった各務先輩(H25卒)と
大将戦で追いつきながら競り負けてしまった市原真人(H17卒)。
今年のリベンジが楽しみです。
先日の東西対抗には、東レの増田選手が出場されていました。

3試合場~4試合場は、OBが沢山いて早い対戦が残念・・・
あえてOBがいるチームを外して書くと
実現したら三千和商工VSトール(本社)が気になるのと
ヤマガタ(本社)を注目します。

5試合場~8試合場の組み合わせはこちら(PDFにリンク)

5試合場~6試合場は、ココもOBが沢山いるけど
あえて書くなら
5試合場の凸版(朝霞)シンワシ(H9卒)&村木(H11卒)。
6試合場の日亜化学工業、玉田先輩(H21卒)。
玉田先輩は今までこの実業団で存在に気が付かなかったので
お詫びの意もあって今年はちゃんと応援します。

7試合場~8試合場は
個人的には望星サイエンス(本社)に注目。
そして、一度、四国電力の松本先輩(H24卒)に会ってみたい。
西日本シティ銀行にはOBが多いから本店以外も気になります。

9試合場~12試合場の組み合わせはこちら(PDFにリンク)

9試合場~10試合場は
ココも同門対決が残念というか楽しみというか
見逃せない試合があることは言うまでもありませんが
ブリジストンエラステックに注目、としておきます。
・・・佑馬! ちゃんと見てるからね!

11試合場~12試合場
初出場の伊予銀行。篠田先輩(H15卒)がいます。
もちろん関東ではまさかの初戦敗退となった
伊田テクノス(本社)からも目が離せません。

13試合場~16試合場の組み合わせはこちら(PDFにリンク)

13試合場~14試合場
まぁ嫌でもNTTが気になってしまうワケですが
大同特殊鋼には、元ホームページ担当がいるはず・・・

15試合場~16試合場
あまりパナパナと書くとプレッシャーだろうから書きません。
いつぞやは会社事情により出場辞退されたJR北海道さんを
応援しようかな、と書くにとどめ

ココまで書いて気が付いたのですが
昨年、出場を辞退された朝日新聞社さんが出場されるようで
良かった、がんばってくださいね。

あまりに多くの先輩が出場されるので同門対決も多く
序盤での対戦には残念な気持ちもありますが
先輩方が実力を発揮され
ケガなく、いい秋の一日になりますように祈っています。

入場行進は、ドリカムのコンプリートベストを聴きながら
正面でカメラを構える予定です。
さぁ鐘を鳴らせ!

(注)
出場されるすべての先輩と、そのチームを把握
しているワケではありません。
おそらくココだろう・・・という推測も含まれますので
正確な情報ではないことをご理解ください。

(注)
ドリカムのコンプリートベストについては こちら

2015東西対抗前編

2015年9月6日(日)、熊本市総合体育館で
第61回全日本東西対抗剣道大会が開催され、中大から
8名の先輩が出場されました。

試合後にお集まりいただきました。
2015tozai1.jpg

東永先輩と木和田先輩は閉会式終了後、すぐに帰られたので
集合写真にはいませんが
2015tozai2.jpg

木和田先輩とは、ではまた金曜日に日本武道館で、と言って
別れました。警察官大会個人戦のことです。
2015tozai3.jpg

もちろん金曜日に頑張ってほしい先輩は他にもいます。
2015tozai4.jpg
藤山先輩(H19卒)、ベスト8を期待しています。

さて優秀選手5名の内、2名が中大OBという快挙
(清水先輩と小田口先輩)
2015tozai5.jpg

また優秀試合賞に9将戦の宮崎正裕師範– 松本政司選手が
選出されましたが、この組み合わせでは平成16年と20年
に続いて3回目の優秀試合賞。
この対戦であと20年ほど楽しめそうです。
2015tozai6.jpg

ご存知の通り、政司選手は松本伸二先輩(62卒)のお兄様。
宮崎師範と政司選手の写真を撮りたかったのですが
この日、予定より試合進行が遅れて、閉会式終了と同時に
多くの選手が急いで帰られてしまったので
声をかけることができず、残念でした。

中編に続きます。

集合写真で全員、目が開いていて、良かった。

2015東西対抗中編

中編では試合の様子を少しご紹介します。

この日、中大のトップバッターは木和田先輩。
見事な二本勝ちで、中大全勝の夢が膨らみましたが
2015tozai9.jpg

残念、次の東永先輩(H12卒)は
地元の大きな声援を受けた古澤選手に一本負け。
この対戦は、2011年に東永先輩が選手権で準優勝した日
以来ではなかったかと思うのですが(あの日は初戦で勝利)

・・・今日も勝ってほしかった!!ワタシは
直後、会場の外に東永先輩を見つけて走り寄り
(高そうな)胴をバーンッと叩いて喝を入れようとしたその時
どこまでも冷静な東永先輩ったら

> あ、たかつきせんぱい。こんにちは。しょうかいします。
> (隣の紳士を指して)兄です。

ひゃーっ!! ご家族がいらっしゃったんだ・・・
良かった、選手権準優勝の後輩にえらそーなこと、言わなくて。

弟さんにはいつもお世話になっておりますと丁寧にあいさつ
もろもろ取り繕って(冷や汗)写真を撮らせていただきました。
2015tozai13.jpg

あ! しまった! ワタシも一緒に撮ってもらえば良かった!

こちらは初出場で優秀選手となった小田口先輩(H9卒)。
写真は鶴先輩に送っておいたので、すでに同期のLINEでは
紹介済みと思いますが
2015tozai10.jpg
この写真、三井住友海上の社内報にいかがでしょうか。

お相手の菊川選手は、菊川先輩(H12卒)のお兄様。
菊川選手(当時筑波大学)が平成7年に全日本個人で優勝された
日にベスト16で対戦して以来、21年ぶりの再戦だったそうです。
*ちなみに、その時の準優勝は浅田先輩(H8卒・当時4年)。

分かりにくいのですが、小田口先輩の試合を同じ東軍の
中大OBが並んで座って応援しています。
手前から金田先輩、下川先輩、大河内先輩。
2015tozai11.jpg

白石先輩(H5卒)はずっと優勢に試合をすすめていましたが
残念、時間(10分)間際に一本をとられ・・・
2015tozai12.jpg
っていうか
東軍(赤)旗二本、西軍(白・白石先輩)に旗一本。うーん。

数日後に
『応援ありがとうございました。出し切りました』
という、負けて悔いなし、のメールをもらいました。

出番を待つ、15将の金田先輩と14将の下川先輩。
2015tozai14.jpg

大河内先輩(58卒)と久しぶりに話をしました。
(警察官大会では審判をされるお姿を拝見していましたが)

一緒に写真を撮って同期(大河内弟)に連絡しようとしたのに
清水先輩が「いつから熊本にいるんだ?!」と言いながら
割り込んできた図。
2015tozai7.jpg

大学時代から(?)全然変わらない清水先輩(55卒)と
2015tozai8.jpg
白髪になってだいぶ老けたけど、前より穏やかになって
少しいい男になった気がする大河内先輩。

清水先輩が手にしているのは優秀選手賞の賞品。
自身、平成23年以来、4年ぶりの受賞となりました。

この日の中大OBは4勝4敗。
残念ながら勝利されなかった先輩も、すがすがしい表情を
されていて、確か開会式の挨拶で述べられていたように
一世一代の技を出し切られたのかな・・・と思います。

後編に続く予定(いつUPできるかな?)

常光先輩の近影

自宅のパソコンの迷惑メールフォルダを何気なく確認したら
『三浦慎二』からのメールを約1ヶ月前に受信していました。
んん? 心当たりがある名前だ・・・なんだろう・・・

あ! これは・・・
第54回西日本勤労者剣道大会の第4試合場。
2015kochi6.jpg

試合をしているのはパナソニックの大将、高先輩(H24卒)
そして審判主任席にいらっしゃるのは常光先輩(36卒)!
2015kochi7.jpg
つまり三浦先輩(H23卒)は
ココに大先輩がいらっしゃるのを知らずに
試合中の後輩の写真を送ってくれた次第。

さすが慎二先輩。
しかし要領の良さもココまでくると神がかり的ですな(驚嘆)
高知、いや四国のドン、常光先輩をご紹介できてよかった。
肝心のその写真がなぜか迷惑メールフォルダに入ってしまい
1ヶ月も放置してしまったのは申し訳なかったです。

鹿児島(国分自衛隊)、宮崎(都城自衛隊)からの遠征組もあり
20府県から過去最多の393チームが参加した本大会、
中大OBも多く活躍しましたが全員は紹介できず・・・
来年は何とか時間をねん出して、西日本シティ銀行や
四国電力などでご活躍の先輩を紹介したいと思います。


近畿実業団2015

今週は、このホームページに
『近畿実業団剣道大会』での検索流入が多い。
2015kinki.jpg

しかしみなさん、昨年の記事にアクセスされる羽目に・・・

近畿実業団は関東実業団から遅れること一ヶ月、
7月5日(日)だったのですが、応援には行けませんでした。
このままではアクセスされる方々に申し訳ないので
(かなりの確率で中大剣道部の関係者ではないはず)
何か書こうと思い立ちました。

結果は、優勝、準優勝、三位と、昨年と全く同じ。

優勝  東レ滋賀A 先鋒:各務先輩(H25卒)
準優勝 パナソニックES 本社A 大将:高先輩(H24卒)
三位  パナソニックES 本社B 先鋒:岩根先輩(H25卒)
三位  富士ゼロックス 大阪

まずは時間をもう一度、鶴橋に戻します。

この日の最年少の先輩、岩根先輩(若干25歳・以下佑馬)
がジッとワタシをみて、ニヤニヤしていました。
『何なのかしら・・・へんなコ』

聞いてみると、活躍して、いつかこのホームページのトップ
が「岩根佑馬特集」になった日を想像して嬉しくなったとか。
・・・あんた、幸せもんだよ(ちびまる子ちゃん風)

こんな小さなメディアではなく
書店に並んでいるような有名剣道専門誌の表紙か
巻頭カラーあたりを狙ってほしいものだと思います。

それにワタシ、知ってるんだ。
先月の西日本勤労者大会、佑馬がコート決勝で
伊予銀行のルーキー越智君に二本負けしたこと。
2015kinki2.jpg

※越智君は昨年の全日本団体、準々決勝で早稲田の五将として
中大と対戦。その時は中大の梅ヶ谷君(当時1年)の一本勝ち。
その試合詳細は、剣道部のホームページに残っています。

しかもその第4試合場、常光先輩(36卒)が主任審判だったから
大先輩の前で負けたんだよね~。
ホームページに書いちゃおうかな?
「あ゛! それはもうぅ、言わないでぇ!(ぷんぷん)」

次は絶対、勝ちますっ!! ていうから
近畿実業団での活躍を楽しみにしたのに
準決勝の東レ戦で、同期の各務先輩に、またもや二本負け!
『まぁ! あのコ、結婚している場合じゃないワ!(怒)』

2015kinki3.jpg
学生が主役であるべき鶴橋で自身の重大発表を行い
ひんしゅく 大喝采を浴びた佑馬。

さておき
各務クンが強くなった! 西日本勤労者大会でも強かった! 
といろんな人から聞いています。
昨年の全日本実業団では富士ゼロックスに敗退した東レ。
その時にひとり負けた各務クン・・・
2015kinki4.jpg

今年は密かに期待していましたが、そうか、強くなったか!
okura02.jpg
2013年に、かの大倉で、剣友会の名札を受け取った二人。

佑馬もこのまま負けてはいないでしょう。
岩根佑馬特集? それは10年早いけど。

なおNTT西日本の大将、市原先輩(H17卒)は
勝てば代表戦という勝負どころでの登場となりながら
後輩、高優司(H24卒)が何の遠慮もなく封じたという。
2013ichi.jpg
(市原本人のコメントはとれず)
(ただ一言、勝負は全日本、とのみ)

その高先輩は決勝で、これまた勝てばチームが勝つという
勝負どころで東レの藤田君に敗退したそうな。

高先輩も佑馬も、代表戦では負けなし。
(準決勝のゼロックス戦と、初戦の川崎重工戦)
チームをベスト4に導きましたが、残念なベスト4でした。

それぞれがリベンジに燃えているでしょう。
全日本での活躍を、期待しているよ。

おーい、今年も東レが強いぞ~! 

都道府県対抗まとめ

(6月25日完成しました)

4月29日に開催された第63回全日本都道府県対抗剣道優勝大会
の記事をいくつかUPしています。

出場された中大の学生と先輩方の一覧

開会式で、学生と先輩方を探しました

都道府県対抗の日の朝、サブアリーナの前で

結果と、決勝進出をかけた大阪対佐賀戦が盛り上がった件

今回は、時系列で、試合中の様子を紹介します。

まず一回戦、岩手VS長野でいきなり同門対決。
岩手の3(7)-0(1)、勝負がかかった三将戦で
長野は溝辺先輩(H18卒)が登場。
20150429iwatenagano.jpg
二本勝ちしましたが、本数で岩手の勝利が確定。

上の写真の中に、岩手の副将、小田口先輩(H9卒)と
大将の下川先輩(57卒)も写っています。

同じく一回戦、宮城VS埼玉。
宮城の1(1)-0(0)で迎えた大将戦は
同期の直接対決(新村先輩と金田先輩)。
20150429miyagi_saitama.jpg

勝負がつかないママ迎えてしまった大将戦だったので
後輩としては残念(・・・)な気持ちで観ていました。

二回戦、福島VS兵庫で出番を待つ佐藤君(3年)。
20150429fukushima.jpg

ほぼ同じころ、隣の試合場では愛媛の三浦先輩(H22卒)登場。
初めて都道府県の代表として出場したこの試合は、引き分けでした。
20150429ehime.jpg

佐賀VS北海道は、既に何回か紹介しました。
笹川先輩(H14卒・佐賀の三将)がこの日、大活躍だった件。
なので、試合の様子はもういいかな~と思って
大将戦を見つめる北海道の選手を、後ろ姿で紹介。
20150429hokkaido.jpg
次鋒が尾野君(4年)、副将が福井先輩(H9卒)でした。

なお既に佐賀の勝利は確定していましたが
この大将戦、稲富先生VS佐賀豊先生に場内が注目。
稲富先生が先取、佐賀先生が取り返し、見応えのある引き分け
に観客席からどよめきとため息が聞こえました。

奥では鹿児島VS神奈川。1(1)-2(4)の神奈川有利で
鹿児島の副将、深川先輩(H7卒)登場。
20150429kagoshima_nagasaki.jpg
手前は和歌山VS長崎。2(5)-1(3)の和歌山有利で
長崎の三将、藤山先輩(H19卒)登場。
お相手の笠原選手は6月の西日本勤労者剣道大会でも
和歌山の準優勝に貢献されましたが
ココは藤山先輩の一本勝ち。

残念ながら鹿児島も長崎も、ここで敗退しました。

深川先輩、ワタシの記憶が正しければ終了直前に返されて
無念の引き分け(鹿児島敗退決定)で終わったはず。
鹿児島VS神奈川が、本数差以上に互角の対戦だっただけに
あそこで深川先輩が勝って2(2)-2(4)で大将に回して
ほしかったなぁ~と、観ている方もちょっと悔しい一戦でした。

昨年優勝の熊本は選手総入れ替え、三将に前田先輩(H23卒)。
四回戦(ベスト8)で京都と対戦。
20150429kuma.jpg
試合中の写真は前田兄先輩(H20卒)に送ったので
このシーンにしました。

そしてワタシが選ぶ(そんな権利はないが)
今年のベストマッチは3回戦のこれ、大阪VS福岡。
昨年準優勝の福岡も、選手総入れ替えで
昨年、竹ノ内君(筑波大・福大大濠・世界大会選手)が
務めた次鋒に中大の梅ヶ谷君(2年・福大大濠)が入り
大阪の次鋒、森田君(3年・上宮)とこの日唯一の中大学生対決。
20150429osaka_fuku.jpg

高先輩(H24卒)が終了間際で一本獲られちゃったときは
驚いたけど、その余韻が冷めやらぬうちに
村上選手(筑波大OB)がほぼ二振りで勝利、場内から大歓声。
(この頃、地元大阪の応援団が集まりつつあった)
そして後ろ三人、すべて大阪が先取して福岡が獲り返すという
手に汗握る展開ながら、大阪が昨年の雪辱を果たしました。
(昨年は三回戦で福岡に代表戦負け)

いやーいい試合でした。
失礼ながら、福岡の粘りに風が吹いたと思いましたが・・・
観ていただけなのに、心地よい緊張でドッと疲れました。

そしてこのページを作るにあたり
栃木(大島先輩)だけ試合中の写真がなく申し訳ありません。
201504296.jpg
開会式前にサブアリーナで撮影。

試合は観ていました。
なぜなら、高先輩から、栃木が強いと聞いていたから。
開会式直後の一試合目、対石川戦、栃木有利で大島先輩に
回ってくると思ったんですが・・・

出場された選手のみなさま
そして審判を務められた遠藤先輩(54卒)、清水先輩(55卒)
早朝よりお疲れさまでございました。

*文中に記憶違いがあったら申し訳ありません。

え? これで都道府県対抗の記事は終わりかって?
いや、まだあります。この写真について、説明しないと。
201504281.jpg

西日本勤労者、続報

(6月15日23:00時点の情報です)

・高知在住の常光先輩(36卒・喜寿!)からメールが到着
ホームページを見て、審判主任をしていた4試合場に
中大の後輩がいたことに気が付かれたようです。
(篠田、高、岩根の各先輩)

ワタシが居れば
朝一番に後輩たちを連れて挨拶にうかがったのに(悔)
もっとも、審判主任の席までワタシが進めたかどうかは微妙です。
常光先輩、来年、お会いしましょう。

・大亀先輩の『夢追組』が今日の高知新聞で紹介されています(!)
著作権を侵害しない範囲で、できるだけ新聞のママ紹介したく
高知新聞に交渉しますので、少々お待ちください。
2015kochi4.jpg

・松山市役所 VS NTT西日本で残念ながら同門対決

三浦先輩が写真を送ってくれました。あ、市原先輩だ。
2015kochi5.JPG

と、その直後、当の市原先輩から連絡が。
> 今、井上圭二先輩と対戦しました。
> ビビって逃げ回って引き分けました。

そうだよね~10歳上の先輩と試合って嫌だよね・・・
・・・えっ!? 上の写真の相手は圭二先輩!?
(後ろ姿が違う気がするのですが)

・伊予銀行、今年、全日本実業団に初参戦

先鋒に新田高→早稲田というルーキー行員
中堅に篠田先輩(H15卒)
大将に早稲田OBの大城戸選手を据えて
見事、決勝トーナメントに進出した伊予銀行。
今年は全日本実業団に初参戦とか。

20150322_3.jpg
2015年3月22日、岡山での全日本OB戦で
中四国から初参戦となった篠田先輩、大亀先輩、三浦先輩

後輩たちからもらった情報をもっとUPしたいのですが
試合後、長距離の家路についた後輩たちと同様
(大阪到着が0時頃、らしい)
(東京到着は早朝だった、らしい)

・・・ワタシも寝不足なので、今日はここまで。
この大会は、出るのも観るのも、体力勝負のようです。

西日本勤労者、結果

(6月15日06:00時点の情報です)

第54回西日本勤労者剣道大会の結果が
慎二先輩から送られてきました(19:00時点)。

> 1位 高知県警  中澤、西村、西山
> 2位 和歌山国体  坂口、笠原、藤岡
> 3位 高知県警  和田、山本、尾崎
> 愛媛県警  井上、渡邊、馬越
>
> 中大OBでは夢追組がコートで優勝したくらいやと思います。
> ちなみに私はそこに負けました。

そうか・・・
『夢追組』(チーム大亀)、愛媛の精鋭、機動隊Aに勝ったか(笑)
(追記:深夜に 自画自賛 報告あり、タイの大将戦で大亀二本勝ち)

慎二の、いや、愛媛機動隊の名誉のためにフォローしておくと
大亀先輩を大将とする『夢追組』の残り2名は
地元の名門、明徳義塾OBの信田クン(愛媛出身)と石井クン。
あぁ、あの!・・・と気が付かれる方も多いはず。
こちらも精鋭部隊でありました。

しばらくして他の先輩から連絡があって
篠田先輩(H15卒・伊予銀行)と市原先輩、各務先輩も
コートで優勝したそうで、決勝のトーナメント表も入手! 
2015kochi3.jpg

本当だ! 決勝トーナメントに
伊予銀行、東レ滋賀、NTT西日本、夢追組が残っています。
(全393チーム中、決勝トーナメントには20チームが進出)

この大会、千人以上が参加したのに
把握しているだけで同門対決が3つも・・・少し残念でした。

<今日はここまで>

三浦先輩以外にも、後輩たちが情報を送ってくれました。
助かるわ~! 整理して、後日、UPします。
参加された先輩方にとっては、長い一日だったと思います。
お疲れさまでした。気を付けて、地元まで戻ってください。
『俺も出たのに名前がない!』という先輩は、ぜひ、ご連絡ください。

慎二。続報待ってるよ。

西日本勤労者大会

(6月14日13:00時点の情報です)

2015年6月14日(日)、つまり今日、高知県民体育館で
第54回西日本勤労者剣道大会が開催されています。

高知在住の常光先輩(36卒)はじめ
愛知・大阪・愛媛・徳島・福岡などから先輩が集結されるこの機会に
取材に行く予定だったのですが、急遽、事情あってかなわず・・・

昨年のこの大会の記事はこちら

ガックリしていたら愛媛の三浦先輩(H23卒・以下、慎二)から
「試合じゃなくて取材を頑張ります!」
との嬉しいメールが。さすが、元剣道部ホームページ担当!
(試合も頑張ってくれないと困るよ)

まず朝9時すぎに写真が到着しました。
2015kochi1.jpg

長い歴史を持つこの大会、
性別・年齢・所属を問わない三人制で参加剣士は千名以上。
(審判も大変ですね・・・)
警察と実業団、トップレベル同士の対戦もあるという
ユニークな試合です。
三年前は徳島県警A、二年前は高知県警B、そして昨年は
全日本選手権の出場経験者3名を揃えた東レ滋賀Aが優勝。

引き続き、慎二から写真が到着しました。
滋賀(各務)、愛媛(大亀・慎二)、大阪(高・岩根)
の各先輩が写っています。千人の中でめぐり逢えたんだね!
2015kochi2.jpg

今年の中大OBの活躍やいかに。
先鋒岩根、中堅安達クン(明治OB)、大将高を揃えたパナか
『夢追組』のチーム名に復活を誓う大亀(愛媛)か
 (昨年は愛知の福間が『夢追組』に友情出場)
井上圭二(愛媛市役所)がベテランの意地をみせるか。
もちろん慎二(愛媛機動隊)にも勝ってもらいたいが
昨年の全日本実業団ベスト4の中村・本川(西日本シティ銀行)
東京から移動しての強行出場となった市原(NTT西日本)
昨年決勝トーナメントの初戦で惜敗した松本(四国電力)
そして、連覇を狙う東レAの各務。

いずれの試合も目が離せません!(現地にいないけど 涙)
慎二。続報待ってるよ。

なお分かっている範囲で、出場しているOBは下記の通り。
すごい、西日本の実業団有力選手総揃い。

H6卒/井上
H14卒/石塚
H15卒/篠田
H17卒/市原
H21卒/大亀
H22卒/中山
H23卒/三浦
H24卒/高・中村・松本
H25卒/岩根・各務・本川(澁谷は欠場との情報)

もっといるはずですが・・・
大会プログラムには姓名が載っているんだろうか。

(文中、敬称略とさせていただきました)

高齢者武道大会

関東実業団の翌日、6月8日(月)に同じく日本武道館で
開催された第37回全日本高齢者武道大会(剣道)において
今年も大先輩方が活躍!

A組(70歳〜74歳)で
小川博孝先輩(埼玉県・41卒)と青山勲先輩(新潟県・42卒)
がそろって3位に入賞されました。おめでとうございました。

(6月25日加筆)
参加された先輩を、黒田先輩に教えていただきました。

34年 大屋正利先輩
35年 成松毅彦先輩
36年 常光 彰先輩
41年 小川博孝先輩(上記の通り3位入賞)
41年 下山鉄夫先輩
42年 青山 勲先輩(上記の通り3位入賞)
43年 中村宏之先輩
43年 久松好弘先輩(東京都で団体3位)

なお昨年は
特組(75歳~79歳/80名参加)で
高知県在住の常光彰先輩(36卒)が2位。

B組(65歳~69歳/152名参加)で
東京都在住の久松 好弘先輩(43卒)が2位でした。

昨年のこの大会の記事はこちら。

都道府県対抗、開会式

2015年4月29日の都道府県対抗の開会式で
選手整列の時の写真を撮りました。

20150429all.jpg

鹿児島に深川先輩(H7卒)
kagoshima.jpg

・・・昨年、沖縄でお会いした宮良先生(国際武道大の一期生)
が沖縄の大将で出場していらっしゃいました。

佐賀に笹川先輩(H14卒)、長崎に藤山先輩(H19卒)
福岡に梅ヶ谷君
nagasaki_saga.jpg

・・・佐賀白門合宿でお会いした稲冨先生が佐賀の大将として
筒井先生 ↓ が中堅として、出場していらっしゃいました。
20150429tutui.jpg

この日の佐賀県チームは
この筒井先生、笹川先輩、
副将の田中選手(青学OB・北原監督と同期)が
三養基高校のOBでした(鶴談)。

熊本に前田先輩(H23卒)
大阪に高先輩(H24卒)と森田君
kumamoto_osaka.jpg

栃木に大島先輩(62卒)、福島に佐藤君
fukushima_tochigi.jpg

宮城に新村先輩(61卒)
岩手に下川先輩(57卒)、小田口先輩(H9卒)
iwate_miyagi.jpg

北海道に福井先輩(H9卒)、尾野君
hokkaido.jpg

金田先輩(埼玉)、溝邊先輩(長野)、三浦先輩(愛媛)の写真
が上手く撮れなくてここで紹介できず、申し訳ありません。

・・・三浦先輩は、この前にいっぱい撮ったから、もういいよね。

昨年の今大会では
網代選手(兵庫)VS 安藤選手(北海道)、
西村選手(熊本)VS 東永先輩(埼玉・H12卒)といった
対戦が場内の注目を集めましたが
今年は有力選手の多くが世界大会のため出場されておらず。

しかし、序盤の佐賀VS北海道、
佐賀の1(2)-0(0)で迎えた三将戦が見ごたえあり!
笹川先輩(35歳)VS 地白選手(27歳・国士舘OB)は
笹川先輩が2-1で勝利(先取して、獲られたけど、獲り返した)。
2(4)-0(1)の佐賀圧倒的有利で副将につなぎました。

そして北海道の副将が・・・事情により省略します。

補足:
他にも素晴らしい試合は沢山ありましたが
(全部観ていませんが)
昨年の警察官大会で活躍し、選手権にも出場された地白選手が
有利だろうと勝手に予想していたので
この日の三将の最年長、笹川先輩の勝利がとても嬉しかった。

先輩方の試合中の写真も撮影しましたので
次の機会にご紹介します。

それにしても、どんだけ笹川先輩をココで称えても
彼はワタシをよく知らないので、話しかけるといつも
警戒されるのが残念です < 鶴先輩(H9卒・佐賀)。

都道府県大会結果

2015年4月29日(祝日)、大阪市中央体育館で開催された
第63回全日本都道府県対抗剣道優勝大会の結果が、早速
全日本剣道連盟のホームページに掲載されています。
  ↓ ↓
全試合結果と優秀選手が紹介されています。

優秀選手に中大OBの名前はありませんが
笹川先輩(H14卒)の活躍が素晴らしかったと思います!
201504291.jpg
当日朝、ひとりの写真はちょっと・・・と
遠慮がち(=迷惑そう)な笹川先輩を説得して、写真撮影。
撮って良かった!

35歳という年齢は
この日出場した三将(警察官)の最年長でしたが
序盤の島根戦、北海道戦、奈良戦と勝ち続け
ベスト8の神奈川戦と決勝の和歌山戦は引き分けたものの
対大阪戦(お相手は大城戸選手)以外は負けなし。
1965年以来、50年ぶりの佐賀県準優勝に貢献されました。

また、flickrには全日本剣道連盟公認の写真がUPされています。
  ↓ ↓
スマホでも見ることができます。

上から、佐賀の笹川先輩、大阪の高先輩、森田君(中大3年)、
熊本の前田先輩、愛媛の三浦先輩、岩手の下川先輩、小田口先輩
などなど・・・開会式の集合写真にはもちろん、全員がいます。

決勝進出をかけた大阪対佐賀戦。
大将を応援する高先輩、森田君の写真はワタシも撮りました。
(flickrの写真には負けるのでUPしませんが)

そのflickrの写真はこちら。全員が身を乗り出して大将戦に賭けたあのシーン

佐賀の稲富先生さすが。
(勝たないと佐賀の負けという土壇場で二本勝ち)
大阪チームには残念な結果でしたが、地元だけあって
負けて引き上げる選手を大きな拍手が迎えました。

あぁそうだ、あの時、立ちあがって拍手をした
スタンドの応援団を撮影すれば良かった。
自分も拍手をしたから、撮影にまで気がまわらなかったんだよ。

出場された選手のみなさま、応援に駆け付けられたみなさま、
お疲れさまでした。

それにしても・・・高優司よ。
対福岡戦ではひやっとさせられたけど
対岡山戦では全日本選手権に3回出場している実力者に二本勝ち、
201504292.jpg
福岡戦をチャラにして優勝に弾みがついた・・・と思ったけどな。

また次の試合に期待がふくらみます。頼むよ。

都道府県対抗、朝

都道府県対抗の日の朝、サブアリーナの前。
時系列で紹介します。

まず愛媛がやってきました。 慎二、おはよう!
朝一番にすれ違うなんて、相変わらず要領いいね!(*1)
201504293.jpg

お! イケメンだね、村上君(新田高→国士舘2年生)。

新田高・・・ひょっとして・・・と思って探したら、やはり
2011年4月2日に佐賀白門合宿ですれ違っていました。
201504294.jpg

ほら井手君(現中大4年)の斜め後ろに、村上君。
201504295.jpg

何だか感慨深いものがあります。
あの合宿に参加していた学生と4年後に都道府県対抗で再会なんて。

次に、栃木と長野。元主務のふたり。
201504296.jpg

次に、宮城。この日、大将のふたり。
201504297.jpg

次に、熊本。九学のふたり。
201504298.jpg

佐藤君は佐藤亮太君(中大4年)の弟さん、と聞きました。
魁星旗での九州学院の優勝を伝える秋田さきがけ新報(*2)
を見ると・・・いたいた! 佐藤君が載っています(後列左)。
201504299.jpg

なお佐藤君はこの日、優秀選手として表彰されました。

なかなか全員のOBには会えないな~と思っていたら
関西の重鎮、河村先輩(38卒)と山本先輩(49卒)に遭遇。
と、そこへ、またもや慎二が通りかかり、ちゃっかり写真撮影。
2015042910.jpg

・・・まったく、要領がいい慎二先輩(H23卒)には、脱帽です。

(*1)慎二の要領の良さについては 沼田談話を参照

(*2)秋田さきがけ新報は、東京の品川にあるアンテナショップ
「あきた美彩館」で前日のものが無料で配布されています。

全日本OB戦、速報

*3月23日(月)修正・加筆あり/試合結果更新しました(リンクですが)。

2015年3月22日(日)、初夏を思わせる20℃の好天の岡山で
第7回全日本学連剣友剣道大会が開催されました。
20150322.jpg

さすが、いつもスピーディな中四学連剣友会、結果がUPされています。

各部、ベスト4はこちら

●男子成年の部の詳細はこちら  PDFにリンクします

*中大が大体大に3-0で負けと書いてありますが、2-0の間違いです。
     ↓
(訂正とお詫び)3とは、勝ち点3のことでした。大変、失礼しました。

予選の詳細が、3月23日にUPされました。 こちら(PDFにリンクします)


●男子熟年の部の詳細はこちら  PDFにリンクします

予選の詳細が、3月23日にUPされました。 こちら(PDFにリンクします)

●決勝のビデオは こちらのブログで紹介されています。

熟年の部の関東が
予選トーナメントを突破したことが判明した直後に撮りました。
201503221.jpg

中大勢は、関東(熟年の部)だけが予選を突破、その関東も
次戦で国士舘(中四国)に敗退と残念な結果に終わりましたが
個人的には、岡山開催で、同じ支部の松山大学が初優勝したことは
とても嬉しいです。

なお開催前日の稽古会等の情報も こちらのブログで紹介されています。

その稽古会にて。新名先輩、三浦先輩、篠田先輩。
201503223.jpg
他に、山本先輩、生地先輩、井上兄弟、那須先輩が参加されました。


岡山県人会が主催した懇親会も、いろいろとありがとうございました。
201503222.jpg

(参加者/敬称略)
小野(40卒)、久松(43卒)、山本(49卒)、生地(52卒)、鳥井(53卒)
新名(54卒)、木下(55卒)、西野・仙田(56卒)、沼田(59卒)
高槻(H1卒)、井上・大森(H2卒)、那須(H3卒)、赤澤・伊藤(H4卒)
井上(H6卒)、篠田(H15卒)、大亀(H21卒)、三浦(H23卒)

上の写真、前列の山本先輩が持っていらっしゃるのは
那須先輩が会社でプリントアウトしてしてくれた、この写真。
150321_1904201.jpg
(写真提供:俊先輩)
(ビールに濡れた反省から、愛知と秋田にはパウチして持参予定)

他の用があって、懇親会欠席予定だった大亀先輩が
急遽、駆け付けてくれました。集合写真には間に合わず。
20150321ogame.jpg
初めて会った関東のOBより
「・・・おい。ファッションセンスがひとり違うぞ」
と指摘されていました(大阪で同志社OBの結婚式に参列→岡山)。

みなさま、遠路はるばるお越しいただいて、お疲れさまでした。
全国から集まってきた先輩方を見送った岡山は
月曜の朝から急に風が冷たく強くなり、冬に逆戻り。

戻ってきた東京は、さらに寒かった・・・

引き続き、記事をUPする予定ですが、何人かの後輩が
結果を出せなくて、すいませんメールを送ってきたので

あの日の夜の「流星ワゴン」最終回
ラストシーンのチュウさん(香川照之)の言葉を贈ります。

> 勝負はこれからじゃ。未来で勝ち越せよ

・・・まずは三浦慎二(H23卒)。 都道府県対抗での覚醒を待つ。

優勝杯奪還に向けて

先輩各位

さる12月14日(日)、東京と大阪と広島でOB戦が開催されました。
今年は、2年に一回開催される、全日本OB戦(2015年3月)の予選
を兼ねています。日本列島を寒波が襲い、各会場とも極寒という
コンディションの中で、多くのOBが出場、熱い戦いを繰り広げました。

母校の名誉をかけて。
2014chuo.jpg
(2014年12月15日発行の『中央大学の近況』表紙ロゴを撮影)

結果、関西と関東から「熟年の部」に、中四国から「成年の部」に
計3チームの出場が決まりました。

早速、中四国チームを初めての全日本OB戦へ導いた立役者、
篠田貴志先輩(H15卒・松山北)よりレポートをいただきました。

*タイトルがなかったので、こちらで付与。
  篠田先輩からもOKいただきました。
__________________________

優勝杯奪還に向けて          篠田貴志(H15卒)

12月14日(日)、広島経済大学 石田記念体育館で開催された
第16回 中四学連剣友大会の「成年の部」に愛媛県支部を中心
とした3チームが出場。

Aチーム: 三浦(H23卒)、大亀(H21卒)、井上弟(H6卒)
Bチーム: 玉田(H21卒)、篠田(H15卒)、井上兄(H2卒)
Cチーム: 藤岡(H14卒)、曽我部(H5卒)、丸本(H4卒)

本大会への出場は9年ぶりとなるが、若手OBの充実もあり、
全日本OB戦出場権獲得(74チーム参加:29大学中6大学)
を最低限の目標に大会に臨んだ。

前日に広島入りした一同は、雪が降りしきる中、極寒の体育館
で行われた合同稽古会で一汗流し、懇親会へ。
懇親会には高槻先輩(岡山出身)も参加いただき、牡蠣やお好
み焼きなど広島名物を堪能し、英気を養った。 
2014kaki.jpg

その後、翌日の試合に備えまっすぐホテルへ帰らないのが
中四国支部の伝統(?)である。  
大亀先輩が手際よく手配した焼鳥屋で、さらにチームの結束力
を高めると、学生時代の勢いに戻った若手メンバーは、解散後
も広島の夜を満喫した(玉田先輩は途中路上で寝ていたが…)。
2014tamada.jpg

さて、いざ試合の朝を迎えると、思いも寄らないアクシデント発生。
ホテルで転倒した篠田(筆者)が顔面を強打、鼻血が止まらず。
意識朦朧としながら試合場に到着するも、袴をホテルに忘れ、
慌てて取りに戻る始末。鼻血も止まる気配なくティッシュを詰め
ながら試合に臨む羽目に…
(後日病院に行った結果、鼻骨骨折全治1カ月半と判明)

そんな篠田を横目に試合はスタート。
本命のAチームをはじめ、
大会パンフレットの所属欄を「県警」と詐称し相手を威嚇する
藤岡先輩(ホントは教員)、 (編注)

リバーシブル袴(前から見ると濃紺、後ろから見ると白)で
敵味方を混乱に巻き込んだ丸本先輩を擁するCチームなど
全チームが緒戦を突破する幸先良いスタートとなった。

(編注)井上弟の、申込用紙記入ミス。申し訳ありません。
2014fujioka.jpg

その後A、Bチームは順調にベスト16まで駒を進め
全日本出場権を賭けた試合を迎えた。

まず、Aチームは法政大学と対戦。前日には
「大亀先輩と圭二先輩の出番ないっすよ」
と全試合2本勝ち宣言していた三浦先輩(愛媛県警察)が
まさかの敗退を喫すると
中堅・大将とも引分けに終わり、ここで姿を消した。

Bチームは、大阪産業大学と対戦。
先鋒から大将まで引分けが続き、勝負は代表戦へ。
大会規定による抽選により、未だ鼻血の止まらない篠田が
代表戦に向うと、
「自分が倒れる前に相手を倒すしかない」
と意を決し、開始5秒で面を叩き込み、見事勝利を収めた。

Bチームはベスト8で敗退したものの、中央大学は無事
3月22日に岡山で開催される全日本OB戦の出場権を確保。
上位進出を目指し・・・いや、優勝杯奪還を目指し(←加筆)
各自稽古に精進してまいります。
2014cyusi.jpg
左から
藤岡先輩、三浦先輩、大亀先輩、篠田先輩、玉田先輩、丸本先輩

応援よろしくお願いいたします。
__________________________

上の写真は、小雪舞う繁華街で、最終の新幹線で岡山に帰省する
ワタシのタクシーを拾ってくれた後輩たち。
タクシー拾うには丸ちゃんひとりでいいのに、みんなが外に出てきて
O亀先輩いわく

「関東や関西の後輩は、ココまでやってくれませんよねっ!
 絶対に中四国の、このメンバーの団結振りを紹介してくださいよっ!」

・・・関東や関西だったら
(方向が分かるから)自分でタクシー拾うよ、とつぶやきつつ
O亀K太がスッカリ、こっちの支部の一員になったことを
感慨深く思っているうちに、広島駅の新幹線口に到着。
(前回会ったのは一年前。大阪での、彼の送別会だった)

短い時間だったけど、多くのOBに会えて、参加して本当に良かった。

そんな中四国の若手OBへ。ココから本題です。

全日本OB戦の成年の部は、前回は関東チームが準優勝。
ob2013s.jpg
(2013年3月17日)

前々回は関西チームが優勝。  
seinen.JPG
(2009年3月29日)

ぜひとも、優勝杯を奪還していただきたい。
母校の名誉をかけて!

201412ob.jpg
(2014年12月15日発行の『中央大学の近況』 P7を撮影)

沼田先輩(59卒)と一緒に、岡山で、待っています。

*2011年は震災のため中止されました。 その時の記事はこちら。

*『中央大学の近況』 は卒業生に送付されている・・・と思いますが
 中央大学のホームページでも見ることができます。 例えばこのページ


全日本実業団 結果

2014年9月15日(敬老の日)、今年で開館50周年を迎えた日本武道館で
第57回全日本実業団剣道大会が開催されました。
開会式の様子です。すごい人数ですね。
P1000519.JPG

プログラムを見ると、最初に名前があるのは、昨年優勝のNTT。
P1000541.JPG

最後に名前があるのは、準優勝の西日本シティ銀行。
つまり、344チーム(史上最多)が参加申し込みをしたようです。
P1000542.JPG

この大会、毎年何チームか、天候や会社事情で出場辞退されます。
昨年のJR北海道(今年は復活!)に続いて、今年は朝日新聞社が辞退。
毎年、後援してくださっていますが・・・さすがに・・・
P1000543.JPG
(プログラムの表紙)

結果は、残念ながら優勝チームにはOBはいなくて

優勝 東洋水産本社
準優勝 九電工本社
三位 富士ゼロックス本社(ここに3人)、西日本シティ銀行本社(ここに2人)

西日本シティ銀行のふたりは、7月の福岡懇親会で会ったばかり。
2014091520.jpg
左が本川先輩(H25卒)、右が中村先輩(H24卒)

同銀行は昨年は準優勝、しかしこのふたりは別チームだったので
初のベスト4の舞台でした。
*西日本シティ銀行からは、別のチームで下田先輩(H18卒)も出場

ゼロックスと両方勝ってくれたら、決勝で本川兄弟対決でしたが
残念ながら両社とも、大将戦になる前に、勝負がついてしまったので・・・

決勝は見ないで帰りました。
お腹もすいたし。


会えなかった後輩達

全日本実業団の日、
カミナガ販売様よりいただいたプログラムを眺めていたら
剣友会で住所不明(=行方不明)になっている後輩を見つけました。

いるじゃん・・・しかも大将。
こういう場合、どうすればいいんだろう・・・

面識ないのに、いきなり声かけるのも
ホームページの存在を知っているのか聞くのも
ましてや写真を撮るのも気が引けるんだけど
連絡先は知りたいな。教えてくれるかな。
市原真人にメールしておいたから、きっと何とかしてくれるだろうけど。

プログラムに名前がなくても、後輩を探しています。
廊下で秋田銀行の選手に 「ヒロシは来ていますか?」 と聞きました。
201403akita03.jpg
秋田銀行のOBへ。
変なおばさんが三浦のことを探していた・・・という話を聞いたら
それはワタシです。え? 言われなくても見当はついてる? そう。
竹刀袋は、気に入ってくれたかな?
この日は大友先輩(H16卒)にも会えず。残念でした。

6月に高知で開催された
第53回西日本勤労者剣道大会の記事で この記事
心当たりがある名前が高知新聞に載ったと書いたのですが
201406200007000.jpg
 ↑ この左端に、四国電力Aチーム大将の松本明真先輩(H24卒)
の名前があったことを、近畿実業団の日に知りました。
気が付かなくて、申し訳ないことをしました。

全日本実業団では、ちゃんと見ていました。
一回戦は大将戦となって松本先輩登場。
見事に勝利して(早々にメンを先取)二回戦進出を決めていました。
2014yamamoto.jpg

天内先輩(H21卒)は、2008年の愛媛合宿ですれ違ったワタシ
のことを覚えていないだろうなぁ
2014091514.jpg
ワタシは、最終日に感想文を発表した天内先輩のことを覚えています。
深町主務に依頼して、その感想文を入手したことも覚えています。
話をする機会がないまま、愛媛合宿から6年経ちましたが
いつもプログラムで名前を確認しています。

そして、初戦を突破したこの二人についても言及しなければ。
まさか見られているとは思わなかったでしょう。ふふふ。
2014091515.jpg

アラフォーOBともなると、勝たなくてもいいから
まずケガをしないで一日を終えてくれるように祈っているので
二試合目で竹刀を落した時は、もう握力がないのかしら・・・と心配に
なりましたが(まさかそんな)
201403081444000.jpg
平均年齢がひとまわり以上違う若いチームを相手に大善戦。
剣友会総会当日の議事録担当、毎年ありがとうございます。

会えなかったり、話ができなかったり、
ホームページで紹介しなかったりする後輩たちも
かなりの確率で試合を見て、応援しています。

気ぃ抜いてんじゃねえぞ 秋の長い一日、お疲れさまでした。

今年の実業団は

*とりあえず、速報です。後日、再制作します。

やっと楮山先輩に会えて
ココに鈴木先輩と山口先輩がいたら・・・とブツブツ言いながら撮影して
201409158.jpg

入場行進で榎本先輩がワタシに気が付いてくれて
201409159.jpg

せっかくポーズを撮ってくれたのにシャッターチャンスを逃してしまい
猛烈に反省していて

同期がプラカードを持って入場してきたのを発見して
2014091510.jpg

八巻先輩 VS 高内先輩の同期対決があったり
2014091511.jpg

高先輩 VS 本川(弟)先輩があったり
2014091512.jpg

会えなかった後輩の代わりに、廊下に置いてあった防具袋に挨拶を。
2014091513.jpg

ん? 
君はこんなに早く試合終了になる予定ではなかったと・・・思うけど。

残念な結果だったOBのほうが、圧倒的に多いのでしょうね。
ワタシも残念でしたが、多くのOBが元気でがんばっていることを確認して
充実した一日でした。

次の機会に、優勝報告を。

貴重な休日に日本武道館に足を運ばれた皆さま、お疲れさまでした。

再び三菱東京UFJ

大将に北田先輩(H17卒・長崎南山)、
副将に三浦先輩(H26卒・札幌日大)を擁する三菱東京UFJ本店は
なかなか厳しいクジ運で・・・

こりゃ、早く探して写真撮らないと、すぐに帰っちゃうかも、、、、
ということで、みなさんで撮影、撮影。
201409156.jpg

ところが!!
この日の三菱東京UFJ本店は強かった!(失礼しました!)

望星サイエンス横浜、トール大阪、三菱電機伊丹、住友生命東京に勝って
コート決勝で伊田テクノス伊那に負けるまで連戦連勝。
朝、この写真を撮って運気が上がったのではないかと推測しますが

特に、上に写っていらっしゃる内山選手(先鋒)が確実にポイントを獲得、
三浦先輩(副将)がダメ押しでポイントを重ね、あとは大将に任せるという
勝ちパターンだったような気がします。

北田先輩から、優勝チームより大きく載せてほしいと言われた写真です。
残念ながら優勝チームにOBはいなかったしね・・・これでいいかな?
201409157.jpg

二人とも、大活躍でした。良かった、良かった。

なお三浦先輩が剣道部のホームページの担当者だったことは既報のとおり。
今年の北海道合宿に参加したそうなので、昔取った杵柄(きねづか)、
合宿の参加体験記を執筆依頼しておきました。 

え? 了承していない?

でもさ。
回想した時に、優勝への軌跡になるからさ。

今日のベストマッチ

2014年9月15日(祝)、日本武道館で全日本実業団が開催され
多くのOBが活躍しました。
あくまでも個人の主観で、OBの試合ベスト3を選びました。

3位 : シンワシが勝った! 凸版印刷本社の二試合目

ワタシが応援するようになってから勝っていない新鷲先輩(H9卒)。
今回はとうとう、負けたら例の竹刀袋を没収すると宣言したところ
201406120141000.jpg
(注:納品した竹刀袋は、誤字を修正済。サギじゃないからさ)

その試合袋を持参して臨んだ二試合目で、見事な二本勝ち! 
201409155.jpg
やっと勝った!(ワタシの前で) 
試合前に探して、喝を入れた甲斐があった!
いや、そうではなくて、竹刀袋の・・・故津村先生のお蔭かのぉ(しんみり)

あ、同じチームの副将、村木先輩(H11卒)も勝ちました。
彼はいつも勝っているので、心配していません。

凸版印刷本社は次の試合で代表戦敗退となりましたが
新鷲先輩も村木先輩も、今日は負けなしだったので
日本通運本社との対戦を見たかったなぁ


2位 : ベスト8入りをかけた 
      NTT西日本本社 VS 日本通運本社

NTT西日本本社の大将、市原真人(H17卒)、土壇場でタイに持ち込む
一世一代のドウ。
201409152.jpg
残り時間はほとんどなかったはず・・・よくぞ追いついた!
近畿実業団での不調ぶりを思うと、感慨深いものがあったよ。

そして時間をさかのぼって先鋒、今村先輩(H22卒)は逆転の二本勝ち。
201409153.jpg
玉竜旗の懇親会で会った時に(7月)
昨年の本大会以来、まったく稽古していないと聞きました。
そうそう、昨年は、今村先輩が代表戦で負けちゃったんだよね・・・
お相手は準優勝した西日本シティ銀行。あれは悔しかったね。
福岡に転勤して、環境が大きく変わり、今年はぶっつけ本番。
でも、一年ぶりとは思えない活躍で、見事に昨年の借りを返したね。

先鋒から大将戦までの大接戦を思い出すと涙が出そう。
NTT西日本の市原真人に、勝たせてやりたかった(そう・・・勝てなかったの)。

市原真人! この試合は、勝てたぞ! 踏ん張ってほしかった!

・・・NTT西日本本社と、九電工との試合が、見たかった(特に、先鋒戦)。
*結局、日本通運本社はこの次の試合で九電工に敗退、九電工は準優勝。


1位 : 2試合場のコート決勝
      富士ゼロックス本社 VS 東レ滋賀 副将戦

上原先輩(H16卒)が
あの三雲クン(全日本選手権2年連続滋賀県代表、昨年ベスト16)に
先取されながらも一本獲り返して、大将につないだ試合。
201409151.jpg

東レ滋賀は、上原先輩ひとりに負けたような印象が・・・
それ位、インパクトがあった、コテでした。
(個人的には、中堅の藤田クンが勝てなかったことも、驚きました)

富士ゼロックス本社は
次の対NTT戦も上原先輩の活躍で代表戦に持ち込み、見事勝利。
(この試合、両チームに合計6名のOBがいたので、複雑な気持ちで観戦)

優勝報告用に撮った写真だったけど・・・残念なことに3位に終わり・・・
201409154.jpg

上原先輩は
失礼ながらここ何大会か、勝負のかかったところで勝てなかった
と記憶しているので(こういう写真すら、撮る機会がなかった)

最後は二本勝ちできずに残念だったけど
(二本勝ちでやっと望みがつながる厳しい状況だった)
上原復活! を確認することができて
またこうやってホームページで紹介することができて、良かった。
三木先輩(監督・H2卒)の采配あってのことと思いますけど
次の団体戦が、楽しみです。


以上、トリハダ(笑)三連発でした。

え? カミナガ販売? よくやったと思います(上から目線)。

今、一番見たい試合

10月21(火)~22日(水)
長崎の五島で開催される国体の成年男子の部。

一回戦の大阪VS埼玉、中堅戦。
つまり2009年の東西対抗の先鋒の再戦となる 

木和田先輩(H13卒) VS 東永先輩(H12卒) 

ココに書くと、見に行くんだと誤解されそうですが
行けないので・・・YouTubeにUPされることを祈っています。
いや、泰造ならぬ陽三が宝くじを当ててくれたら、行けるかも・・・陽三!

*9月9日夜追記  某後輩から タレコミ アドバイスあり。

> 橋詰貴志(H7卒)が五島の出身です!
201311041643000.jpg

はっ、そうだ、ワタシとしたことが・・・。 泊まるところはあるじゃない。
後は旅費ね(その前に、仕事があるだろう)。

さて9月15日(月・祝)、いよいよ全日本実業団。
気が置けない何人かの後輩にはメールを送っておきました。

せっかくの貴重な休日に
デング熱感染の危険がある北の丸公園に早朝より駆け付けて
飲まず食わずで走りまって
それで関東実業団みたいに昼過ぎにはOB誰も残っていません
みたいなことになったら、承知しないよ、まったく(怒)
応援しているワ。頂点目指して、がんばってね。

一回戦から同門対決があるのは本当に残念ですが、仕方ありません。
どちらを応援するでもなく
ケガしないように祈りながら観戦することにします。

注目の試合は、何といっても、初戦で対戦する

カミナガ販売 VS 東レ滋賀   (笑)→失礼。

東レ滋賀は、いうまでもなく、二年連続で近畿実業団優勝。 この記事

後ろ3人で西日本勤労者剣道大会を制すなど、今年、絶好調。 この記事

しかも、関西きってのイケメンぞろい。パナソニックと並び。
(注)本件、パナより猛クレームがあり、追記。

でも、東レ滋賀には悪いけど
カミナガ、この試合は全員で命かけてくるよ(誰に聞いたんだ)。

えっ? カミナガが勝てるのは体脂肪と年齢だけ? 
平均年齢が約20歳違う? 昔の名前で出ています?!

バカ言ってんじゃないよ~♪ (『3年目の浮気』風)

ぜひともこの機会に
平均年齢40代のサプライズと希望を周囲にまき散らしていただきたい。

そうだ! カミナガの浅田先輩(H8卒)にもメールしなくちゃ。

何が何でも食らいついて、大将の尾方先輩(H元卒)につなげろ!
君ももう、40歳。ケガしないでね。

(注)これはカミナガ販売を応援する記事ですが
   東レにも各務先輩(H25卒)がいるので
   結局、ケガをしないように祈るしかありません。 よね。

今年の個人戦は

今年の警察官大会個人戦は
OBの出場がやや少なくて(昨年、一昨年の半分位)寂しかった.
201409054.jpg

*出場されたOB
木和田大起先輩(H13卒・大阪・三重)→昨年3位だったのでシード
溝邊俊寿先輩(H18卒・長野・日彰学園)
藤山光治先輩(H19卒・長崎・長崎南山)
村方孔哉先輩(H19卒・福岡・長崎南山)
升田良先輩(H20卒・大阪・新田)→昨年ベスト16だったのでシード
川崎謙悟先輩(H22卒・宮崎・日彰学園)
         ↓
・・・しかし、川崎先輩に気が付かなくて、試合中の写真がありません。
もしホームページを見ていたら、ごめんね。初出場だったのにね。

川崎先輩は、この写真のどこかにいます! 開会式です。
毎年、個人戦の翌日が東京都の選手権予選なので
皇宮と警視庁の選手は大変だなぁと思いながら見ていました。
201409051.jpg
*翌日は、正代、内村、畠中、高橋の各警視庁選手が選手権の出場権獲得

今年、OBで最初に登場したのは藤山先輩。
201409056.jpg

お相手は神奈川県警の大応援団を味方にした鴨宮選手ですが
藤山先輩だって、すぐ側に小野田先輩(H12)がついてくれて
201409057.jpg
観覧席では超微力ながらタカツキが応援していたし。

20分以上の長い試合に見事勝利しましたが
同じ試合場で次に登場する安藤クン(北海道)に気を取られて
コテだったかメンだったか、よく見ていなかったことをお詫びします。
(なんじゃあそりゃあ・・・本当に応援していたのか! → してました)

その安藤クンは、一回戦敗退でした。

藤山先輩はベスト16をかけて網代選手と対決。
前年優勝の網代選手に一歩も譲らず堂々互角の見応えある試合になり
藤山先輩のコテだったかメンだったか、旗が一本あがるシーンもありましたが
(なんじゃあそりゃあ・・・本当に応援していたのか! → してました)
お相手のメンが決まってしまって、残念。惜しい。

網代選手は次の試合で正代選手(警視庁)に勝利されましたが
ベスト4をかけた試合で、升田先輩に敗退。
升田先輩の放ったコテの一撃が、場内にいい音を響かせました。

ところで今回、木和田先輩の試合をビデオ撮影しました。
201409055.jpg

UPはしませんよ。本人が不本意だと思うので。
対古川(大阪府警)戦は25分。長かった。

この試合については触れないつもりでしたが
翌日だったか、早速どこかのネットに試合内容がUPされていて
YouTubeにもあるので・・・まぁいいか。
木和田先輩、竹刀を2回、落としちゃったんですよね。
残念な終わり方でした。

今年は、網代選手(兵庫県警)のように10回も出場され
さらに上位に入賞されるようなベテランの他に

安藤選手(国士館→北海道警察)、川崎選手(日体大→警視庁)、
松崎選手(国士館→福岡県警察)、そして川崎先輩(中大→宮崎県警察)
など、大学時代の記憶もまだ新しいフレッシュな選手が多く登録されて
時代の流れも感じました。
なかなか、勝ち進むのは難しいようですが・・・(全員、初戦敗退)

来年は、もっと多くの後輩を応援することができますように。

警察官大会個人戦

2014年9月5日(金)、日本武道館で
平成26年度全国警察柔道・剣道選手権大会が開催されましたが
柔道、剣道共に、広島県警の選手が出場辞退。
災害救助、救援のためと思われます。
まだ行方不明になられております方々の早期発見を願い
一刻も早い早期復旧を願っております。

さて、九段下は緑が多いですから、蚊に刺されないように・・・
今年は長袖で完全防備の上、出動(デング熱なんかに負けないワ)。
そして早朝より出かけた甲斐がありました。

升田先輩(H20卒)、初の3位入賞。
20140905.jpg
表彰式で、警察庁長官より賞状とメダルを贈呈される、升田先輩。
昨年に続き、畠中選手に敗退しました(昨年はベスト8をかけた試合で敗退)。

なお、この写真でワタシがレポートしたいのは
全然嬉しそうではない升田先輩と、後ろに写っている
不満そうな木和田先輩(H13卒・昨年3位)、藤山先輩(H19卒)です。

優勝を狙っていた升田先輩が3位で満足するはずはなく
長い試合を落としてしまった木和田先輩と藤山先輩が悔しくないワケがなく。

精鋭が集まる本大会で3位に入賞された升田先輩には拍手を贈りますが
それにしても
平成20年の木和田先輩に次ぐ、6年ぶりのOBの優勝が見たかったなぁ。
大石選手(大阪)や安藤クン(北海道)が初戦で敗退し、
内村・川崎両選手(警視庁)、西村クン(熊本)がベスト16入りを逃した本大会・・・
良ちん。 頂点に立つ絶好のチャンスだったよね。 もう頂点が見えてるぞ!
________________________________

◆結果(敬称略) ベスト8までは、表彰式で名前が呼ばれた順に掲載。

優勝 畠中宏輔(警視庁・国士舘)
準優勝 竹下洋平(大分・明治)
三位  川口武光(大阪・国士舘)、升田良(大阪・中大)
五位  小谷明徳(千葉)、野村洋介(神奈川)、古川耕輔(大阪) 、網代忠勝(兵庫)
201409053.jpg
今の日本のトップ8名といっても過言ではないと思います。

正代正博(警視庁)、小山秀弥(長野)、大城戸知(大阪)、木和田大起(大阪)
金成郁(千葉)、上宇都鉄舟(鹿児島)、亀井隼人(神奈川)、勝見洋介(神奈川)

以上、ベスト16に残った選手は来年の本大会の出場権を獲得されました。
________________________________

東西対抗(9月21日)に出場される
島田先輩(H7卒・長崎)、村方先輩(H19卒・福岡)とすれ違いました。
今まで選出されないのが不思議だった島田先輩には温かい激励の言葉をかけ
そしてこの日、残念な結果だった村方先輩には
「アンタ、島根で負けたら承知しないよ」
と、すごんでおきました。

大丈夫。ワタシが言わなくたって、きっと活躍してくれるでしょう。
________________________________

本大会、男子の決勝の主審が大河内先輩(58卒・愛知)、
201409052.jpg
(男子決勝はすぐに決着がついて、先に審判員席へ戻られました)
(お隣は副審を務められた62卒松本先輩兄、香川の松本政司先生)

女子の決勝の主審が下川先輩(57卒・岩手)。

OB名簿の末席を汚しているワタシですが、こんなところにも
誇りを感じることができました。
(決勝は全員、八段の先生だったような気がします)

そのOB名簿に名前がある全OBに、近日中に「青い封筒」が
つまり、「剣友会会費の振込用紙」 が送付されます。
受け取ることを誇り( Not 埃)として受け止めていただき(・・・)
ぜひご協力をいただきたく、どうぞよろしくお願いいたします。


近畿実業団 結果

行ってよかった。
優勝チームにOBがいるというワタシのジンクスは、関西では健在。

優勝  東レ滋賀A 先鋒:各務先輩(H25卒)
準優勝 パナソニックES 本社A 先鋒:岩根先輩(H25卒)、中堅:高先輩(H24卒)
三位  富士ゼロックス 大阪 中堅:松井先輩(H17卒)
三位  パナソニックES 本社B

閉会式にて。
近畿実業団剣道連盟の会長、高橋先輩(38卒)の前で
景品を受け取る、各務先輩。
06221.jpg
昨年に続き、優勝チームの先鋒を努めました。

今年のプログラムには、中大OBの選手の名前が5名しかなく
ちょいと寂しかったのですが、みんな、大活躍!

*6月23日加筆
四国電力の大将、松本明真先輩(H24卒)に気が付きませんでした・・・
後でプログラムを見て気が付き、高先輩に確認したら
本大会だけでなく、高知の西日本勤労者大会にも参加していたそうです。
ということで、今年のプログラムには、中大OBが6名いました。
(本大会への、四国からの参加は、久しぶりだったそうです)


同時に開始された準決勝の2試合 ↓ には4名のOBが出場、同門対決も。
06224.jpg

なお上の写真の手前はパナソニックの岩根先輩が先取したところですが
この試合、向こうで試合している各務先輩(先鋒)の試合終了までに
パナソニックの前3人(岩根・植田・高)がそれぞれ秒速の2本勝ち。
場内、どよめきがため息に変わり、早々に決勝進出を決めました。 

パナソニックのこのチーム
初戦から、ほぼ5(10)-0(0)のペースで勝ち進んでいたので
この勢いで優勝するのかな、と思いましたが・・・

決勝ではその前3人が引き分け。
東レは、先の西日本勤労者大会でも活躍した
後ろ3人(藤田・三雲・増田の各選手)が、今日も、強かった。

あれ、中大OB5名のうちの、もうひとりは?

彼のチームは、三回戦で強豪、トールに敗退。
06222.jpg

閉会式で、どっと落ち込んだ表情が印象的な
NTT西日本の市原先輩(H17卒)。
06223.jpg

負けた後で声をかけたら
「・・・岩根と高が、勝ってくれますよ!」
と叫んでいましたが、後輩に譲るにはまだ早い。
来る9月15日の全日本実業団では、君もガンガン勝ってほしい。

応援に来られていた那須先輩、川俣先輩、
審判をされた大森先輩(NTT監督)とすれ違いました。
お疲れさまでした。


高知新聞より

高知県在住の常光先輩をご紹介していて、ふと気が付きました。
確かこの時期、高知で、大きな試合があったはず・・・
6月9日(月)の高知新聞を取り寄せてみると、すごい!
スポーツ面のほぼ全面に、剣道の記事。
0608nishinihon.jpg

6月8日(日)に開催された第53回西日本勤労者剣道大会。
性別問わない3人制で、なんと350チーム以上が参加する大会。

大同特殊鋼、NTT西日本、ヤマガタといった実業団でおなじみの企業に加え
日本食研、伊予銀行など地方大会ならではの社名もみられ
近県から県庁、市役所、教員などもチームを組んで出場しています。

そういえば先日の魁星旗、初日を終えた秋田の新聞には
全試合が掲載されていました。
sakigakenews.jpg

全日本選手権が地方都市で開催されたら
翌日の新聞を読む楽しみもできるんでしょうな。

さておき、高知新聞によると、優勝は東レ滋賀Aで、48年ぶり(!)の優勝。
三雲、藤田、増田という、どこかで聞いたようなメンバー構成。
(注:全員、全日本選手権の出場経験がある有名選手です)
0608kochi.jpg

決勝戦の様子はもちろんですが
準々決勝の対高知県警戦が具体的に紹介されています。
201406192336000.jpg

> 4分間で勝負は決まらず代表戦。増田の小手が入ったように見えたが
> 旗は上がらない。東レの応援団が色めき立ったが、竹中監督がそれを制する。
> 監督同様、増田自身も冷静だった。
> 「気持ちの切り替えを意識した」
> 集中力を切らさぬまま、一気に抜いた胴は文句なしの一撃

・・・高知県警の選手も、豪華。
この大会、選手権の出場経験者が10名以上、参加したでしょうね。
(東レVS高知県警のこの試合だけで、5名いるし)

他にも、いろいろ紹介されています。
世界選手権で2位の女性選手が出場して男子に勝ったとか
八段の先生がインターネットを通じて仲間と出場したとか
来年の国体を控えた和歌山が警察官と教員でチームを組んで準優勝とか

特に和歌山の藤岡選手は大きく紹介されていて

> 大将藤岡は宮崎県出身。国士舘大で全日本学生の個人、団体を制し
> 昨年から高校教諭に。地元国体では先鋒での切り込み役を期待される。
(藤岡クン紹介記事の一部を抜粋)

・・・読み応えのある記事になっています。

中大OBの名前が全然出てこないのが残念ですが、決勝トーナメントには
心当たりがある名前がありました。
201406200007000.jpg

この新聞は、パナソニックのOBに贈呈します。
当日のうちに滋賀に帰ったであろう、三雲クンに渡すもよし
来年はここに大きく紹介されたいと負けん気を出すもよし。

(この記事は2014年6月8日の高知新聞を参照して制作しました)

東芝テック剣道部

(制作中)

遅れていますが、関東実業団での東芝テックを紹介予定です。
監督含め、OBが4名出場していました。

0613tech.jpg

0608tech2.jpg

なお昨年、このホームページに沢山登場したNTTとゼロックスには
優勝しないと載せられないよ、と事前に伝えてありました。
内心は、ベスト8くらいだったら堂々と紹介できると思っていたんですが
あれれ、届かず・・・でした。
全日本剣道連盟のホームページにベスト8が紹介されています。

こちらをクリック(PDFにリンクします)

高齢者武道大会

※6月13日加筆

常光先輩(御年75歳)より、メールをいただきました。
自分の組は80名が参加したけど
久松先輩の組は152名も参加したから久松先輩はすごい! と後輩を称えられ
また、黒田先輩(41卒)が最後まで応援してくださったこと
後日、林先輩(40卒)から祝福のお電話をいただいたことが書かれていました。
________________________________

関東実業団の翌日、6月9日(月)に日本武道館で開催された
第36回 全日本高齢者武道大会(剣道)において、中大OBが活躍!

全日本剣道連盟のホームページに結果がUPされています。

特組(75歳~79歳/80名参加)で
   高知県在住の常光彰先輩(36卒)が2位!

常光先輩は、まだパソコンのない時代に
剣友会の会計報告をしてくださっていた先輩です。
これは2008年の記念式典にて。
DSCN0438s.JPG
左から36年卒の岩崎先輩、小西先輩、常光先輩、35年卒の渡辺先輩

この日会うまで、高槻を男だと思っていたそうです(オトコなんです、えぇ)。
この後は、2010年6月5日の剣友会総会でお会いしました。

B組(65歳~69歳/152名参加)で
   東京都在住の久松 好弘先輩(43卒)が2位!

剣道部のホームページから写真を借りました(久保田君、事後報告でゴメン)。
DSCN1695s.JPG
4月19日の日通道場稽古会に参加された久松先輩です。
毎回、稽古会に参加され、学生相手に長時間の元立ちもへっちゃら~
(むしろ、学生が、ついていくのに大変そう)

さすが警視庁OB。
電車で席を譲ったら、オレはまだ若いと叱られそうです。
20130201.jpg
            ↑ 久松先輩です。 

おめでとうございます!
大先輩たちの活躍に、ワタシたちは、いい刺激を受けています。

なお2008年2月に95歳で逝去された故風見敏先輩(16卒)は、94歳で
出場された本大会で三位入賞。現役最高齢剣士として、ご活躍でした。
・・・ということは、常光先輩も、久松先輩も、あと20年、現役選手ですね。
________________________________

ところで。

この記事を書くにあたり、この大会についてインターネットで調べたのですが
あまり情報がありませんでした。
参加する層が、あまりインターネットで情報を発信しないというのも原因かも
しれません。

・・・ちなみに、常光先輩も久松先輩も当たり前にインターネットをされています。
常光先輩は、昨年、剣友会メールがしばらく出せなかった時に
高槻が病気でもしているのではないかと、メールで気遣ってくださいました。

やっと見つけた情報がこれ。
例の、「月間 武道」(編集・発行 日本武道館)電子版。貴重な情報です。

開会式は座ります。 ほら、こんな感じです。

剣道部HPの担当者

これは貴重。
三菱東京UFJのOBがふたり写っている写真です。
UFJ.jpg
     ↑ 城田先輩(63卒)。城田先輩のエールは素晴らしかった!

同じチームの副将が予定されていた北田先輩(H17卒)は
残念ながら業務都合で欠場されましたが
三浦先輩(札幌日大→今年卒業)が次鋒で、実業団剣道にデビューしました。

ちなみに真ん中は、残念ながら、戦い終えた丸家先輩(H24卒)。

「なんか、ボク、応援に来たヒトって感じですね~!」 ・・・そうだね。

三浦先輩には、どうしても会いたい事情がありました。
彼は広報担当として、剣道部のホームページを作ってくれていて
学生時代から、メールのやり取りがありました。
がんばって試合結果や合宿の様子をレポートしてくれた、そのホームページが
今年の2月、サーバートラブルで2年分、落ちてしまって・・・

(数日前に書いた、優勝チームにOBがいる、という記事は、落としたい)

ごめんね。これは直接、言いたかった。

「聞いてました。でも、仕方なかったんですよね」(サバサバ)

まぁ・・・2年分のデータ損失で済んで、まだ良かった方だと思いますが
その間の広報担当だった澁谷優樹先輩(H25卒)と三浦先輩には
本当に申し訳ないと思っています。

試合の方は、北田先輩が不在のなか、初戦が代表戦となり
なんと、三浦先輩登場。 えーっ! 大丈夫なのかしらっっ!
ufj2.jpg
写真右が、三浦先輩。

危ないシーンもあって、ドキドキしながら見ていましたが、大丈夫。
お相手チームの大将に見事にコテを決めて、チームの勝利に貢献!

配属支店も決まったそうで、本格的に社会人生活が始まります。
これからも、剣道も仕事も応援しているので、がんばれ。

彼に限らず、今年卒業した新OB全員に対して、そう思っています。

日本武道館にて

2014年6月8日(日)、
前日の土砂降りではないものの、結局、傘が手放せなかったこの日。

日本武道館の三井住友海上応援席で松本先輩(62卒)を探したら
なんと! 東永先輩と秋葉先輩(H12卒の同期)がいました!

2名とも公務員、実業団剣道には無縁に思えますが、東永先輩が
三井住友海上でも稽古している関係で、雨の中、応援に来てくれました。

東永くーん、写真撮りましょう!
0608budo1.jpg

先輩、どこにでもいますね(呆)  えぇ、前回は都道府県対抗で会いましたっけ。

東永くーん、この前で撮りましょう!
0608budo.jpg
(撮影:秋葉先輩)

嫌です(大声)。 いい写真じゃないですよね(怒)

・・・念のために説明します。
これは日本武道館にある「月間 武道」(編集・発行 日本武道館)の広告。
2011年の全日本選手権決勝、高鍋選手 VS 東永先輩 の、あの瞬間。
0608budo2.jpg

ツキに審判の旗が上がった、瞬間です。

決勝戦 ノーカット版 (全日本剣道連盟UPのYouTube)(音声あり)

*パソコンの環境によっては画像が表示されません。

スローモーション (全日本剣道連盟UPのYouTube)(音声なし)

*パソコンの環境によっては画像が表示されません。

衝撃的でしたね。
3分11秒のツキと、8分13秒のコテと、それぞれの場内のどよめき。
ある意味、この写真が日本武道館に掲示されているのはスゴイ。

秋葉先輩に撮ってもらった写真を見せて
ホームページに掲載していいかどうか聞こうとしたら
本人は女性ファンに声をかけられてお話し中でした。載せちゃおうっと。
国体でのご活躍を祈念します(埼玉県の中堅として出場決定済)。

ところで松本先輩(62卒)は、この4月から東京に戻って来られて
女子の監督をされているそうです。みなさん、美人ですね。
0608budo3.jpg

状況がよく分からないママ写真に入ってくださいました。お疲れさまでした。

松本先輩とは近いうちに
御茶ノ水近辺で美味しいものを食べに行こうと約束しました。
松本先輩のおごりです。やった!
いっぱい声をかけて、大人数で押しかける所存です。

え? これはなんの記事かって?

関東実業団が13時半ころに終わってしまいまして(ワタシの中で)
もともと松本先輩には用事があったので、声をかけて帰宅した次第です。

え? 関東実業団の結果?

おいおいUPします。

2013関東実業団

サーバートラブルで落ちてしまった、昨年の写真を、復活させました。

2回戦で敗退してしまったタイミングで声をかけて撮った写真です。
村木先輩、試合中に肩を負傷していましたっけ。痛い時にごめんね。
060214.jpg

村木先輩(H11卒)は、昨年の全日本実業団ですれ違った時に
「剣友会費、振り込みました」
と即応した、義理堅い後輩です。 あらワタシ、顔に書いてあるのかしら。

対して新鷲先輩(H9卒、以下、シンワシと略す)は
前期の剣友会費をつい先日振り込んだ、オチャメな後輩です。
(2014年3月31日までの振込が前期分。やむなく今期分として受領)

シンワシは、高槻が応援に行った試合は、一度も勝っていません(・・・)。
変なジンクス、ついちゃったかな・・・と若干の責任を感じつつも
ほら、15試合場をチェックしています。
201406031639000.jpg

普通はこういうことは公の場で書かないと思いますが
どうしても勝ってほしいので、本人の了解を得ないで(・・・)書きます。

どうか、シンワシが勝ちますように(=負けたら承知しないよ)。

そして新宿の「大小原」で楽しく飲めますように。 「大小原」食べログはこちら

*大小原(たいこばら)・・・警視庁御用達の居酒屋。穂園先輩(57卒)色紙も有。

昨年は、NTTの後輩たちに、沢山会いました。
060212.jpg

この写真も、ひとりを除いてみんな、NTT関係者。
060211.jpg

女子はNTTが優勝で、インタビューを受ける高井田監督。
060203.jpg

男子はゼロックスが優勝で、こちらは三木監督。
060202.jpg

その、NTTとゼロックスの一戦は、次鋒の同門対決が見ごたえありました。
060208.jpg

この、上の写真は、昨年撮った写真の中でも好きな1枚です。
試合前に、何を考えていたのかな。
残念ながら(?) 彼の試合(大将)の前に勝負がついてしまいました。

NTTの次鋒だった今村先輩。メンタオルはもちろん「知好楽作」。
060219s.jpg

秋田からも、OBが応援に駆け付けていました。
kiyosumi.jpg

ゼロックスの優勝決定後、法政OBと写真を撮りました。
060217.jpg

清武先輩と、ALSOKの木村監督です。
060213.jpg

中大関係者に限らず、いろいろと縁ある方々にお会いできるのがいいですね。

開会式(埼玉~北海道)

2014年4月29日(祝)の都道府県対抗の続きです。

埼玉~北海道編は、試合前の様子で紹介します。  中大の選手一覧はこちら

9時の試合開始を前にして
朝の8時40分頃からメインアリーナに選手が集まってきました。

サブアリーナで、最後まで朝稽古をしていたのは、優勝した熊本県。
そろそろ集合の時間ですよ・・・というアナウンスがあり
清水先輩と河上先輩の写真を諦めて、メインアリーナに戻りました。

埼玉の選手が、金田先輩を先頭に走って入ってきました~
0429saitama.jpg

お隣は同年代の顔なじみ、みなさん、他県の選手と話をしています。
0429shiaimae.jpg

下川先輩(57卒)と新村先輩(61卒)が話をしていたので写真を撮ったら
下川先輩が写っていませんでした。
20140429open8.jpg

秋田に工藤先輩と保坂君(4年生)、
北海道に福井先輩。福井先輩の前が安藤クン(国士舘→北海道警察)。

ところで、一回戦の 北海道 VS 兵庫 について。

出番を待つ福井先輩(H9卒)、佐賀選手をはじめ
北海道の選手のみなさんが見つめているのは
0429hokkaido.jpg

この大会の注目の一戦だった
安藤選手(昨年の選手権3位) VS 網代選手(昨年の警察剣道大会優勝)。
ami-ando.jpg

奥の試合場では 石田(神奈川) VS 高(大阪) が対戦中。
あっちとこっちを見ていました。

先鋒、次鋒を兵庫が、五将、中堅を北海道が獲り、五分で迎えたこの対戦、
中盤過ぎて安藤クンのメンが決まってそのまま一本勝ちだったけど
その直後の網代選手の、旗が一本しか上がらなかったあのメンが決まっていたら・・・
とにかく3(5)-2(3)で北海道が逆転、副将の福井先輩につなぎました。

・・・実は福井先輩が一本負けだったので3(5)-3(4)で佐賀選手登場。
兵庫の上野選手が先取したのでヒヤヒヤしましたが
ここから佐賀選手が二本連取して、4(7)-3(5)で再逆転。
兵庫は育英高校をはじめとして応援団も多かったので、どよめきの中
北海道、一回戦突破!

当然、この次の安藤クン・・・いや北海道にも期待していましたが
なんと・・・宮崎に5-1で負け。福井先輩の一勝だけ。
0429miya-hokkaido.jpg

福井先輩、初戦のカリを返してさすがだなぁ
そして
都道府県対抗は審判も豪華だなぁと・・・上の写真を撮りながら、ぼんやり。

出場された選手のみなさま、お疲れさまでした。


それにしても・・・場内、閑散。
042910.jpg

大阪と兵庫が負けた後はなおさら、人が少なくなって、もったいな~い。

開会式(鹿児島~新潟)

2014年4月29日(祝)の都道府県対抗の続きです。

中大OBと学生が21人も出ていれば、全員の写真を撮るなんて絶対、無理無理。
ただこの開会式だけが、そのチャンスだと思っていました。
20140429open1.jpg

先頭が先鋒(高校生)、一番後ろに監督がいます。これなら分かりやすい。

南からいきます。まず鹿児島~新潟編。  中大の選手一覧はこちら

鹿児島、熊本、大分、長崎にOBがいます。
20140429open2.jpg

清水先輩(55卒)は圧倒的な存在感で異彩 ↓ を放っていました(笑)
20140429open3.jpg
熊本の河上先輩(H20卒)を探しましたが、唯一ココに ↑ 
ブレて・・・写ってました。

愛媛 VS 熊本も、見ごたえありました。
熊本の大将、清水先輩がまさかの2本負け、しかしその後の代表戦で
あれは・・・確かお得意のコテだったと思うのですが、今度は見事に勝利。
これで熊本はベスト8入りしました。

・・・愛媛の監督 ↓ 遠藤先輩(53卒)です。残念でした。
20140429open4.jpg

福岡県のプラカードを持つ高校生は、福岡大大濠の主将、矢野貴之君。
3月の魁星旗(秋田)では選手宣誓をつとめました。
20140429yanokun.jpg
3月30日の秋田さきがけ新聞より

出身が東京の国士舘中と書いてあり、おや? 矢野君? ひょっとして・・・
お父様が昨年、このホームページに登場していませんか?
201305034.jpg
ちょうど1年前の5月3日に撮った写真。
伊藤信介先輩(法政の伊藤泰三先輩のお兄様)、岡田先輩、杉山栄樹先輩
という日体大OBと共に、矢野雅之先輩(国士舘OB)をご紹介しました。

大阪の高先輩と
20140429open7.jpg

三重の太田先輩には会えたけど、愛知の福間先輩に会えず、残念。
H24卒同期の3人で写真を撮りたかったな。
20140429open5.jpg

会えなかったけど、福間先輩(H24卒)も強かった。
これは 愛知 VS 佐賀戦 のスコア。
aichisaga.jpg
佐賀は井手君(3年)の一勝を守りきれず・・・
愛知は福間先輩から三連勝で、4月20日の全日本選抜剣道八段優勝大会で
優勝された稲冨先生の登場前に、勝負がついてしまいました。
ちなみに稲冨先生、さすがの二本勝ち。

全日本選抜剣道八段優勝大会についてはこちら。清水先輩(55卒)が3位でした。

新潟の内藤君(3年)はバッチリ写っています。
20140429open6.jpg

続きます。

都道府県対抗、結果

先鋒から大将まで、
いやいや監督まで含めて、オール九州学院の熊本が優勝。

決勝を待たずに大阪市中央体育館を後にした高槻に
29日の夜、前田先輩(H20卒・熊本のホームページ担当)
が教えてくれました。

翌日の岡山の新聞にも、この通り。25年ぶり5度目の優勝と。
201404300947000.jpg

熊本の五将は河上幸樹先輩(H20卒)、
大将は清水新二先輩(55卒)です。
おめでとうございました。

試合結果の一覧はこちら。全日本剣道連盟のホームページにリンクします。

おまけ。
初戦の、対埼玉県戦でのこと。
kuma_saitama.jpg

両チームに各2名、計4名のOBがいますし
見逃せない一戦でしたが、個人的に、この日のOBの試合で
一番印象に残ったのがこの五将戦。

熊本 河上幸樹先輩(H20卒) 
   VS 埼玉 橋本桂一選手(伊田テクノス)

橋本選手は全日本選手権にも2回出場されている
実業団では有名な選手ですが、この試合に関しては
河上先輩の圧勝のように見えました。
(確か、メンの一本勝ち)
河上先輩、記憶では、都道府県対抗に3回目の出場だったと思いますが
若いながらも、ぶれない貫録がありました。いいぞ~!

河上先輩の勝利で熊本は先鋒から三連勝、
次の〆選手が負けてしまったものの、
三将の西村英久選手(筑波大OB)が東永先輩(H12卒)に二本勝ち
(うぇ~ん・・・そしてこの時、場内からどよめきが)
諏訪元選手、清水先輩を残して熊本の初戦突破が決まりました。

河上先輩の活躍は、すぐに前田先輩(上記)にメールで伝えました。
惜しむらくは、持っているはずの「知好楽作」竹刀袋ではなかったこと・・・
持っていてくれたら写真を撮ったのに・・・冗談ですが

彼の強さを、このホームページを見ているOBに伝えたいので
次の試合で負けたことは内緒です。

なお東永先輩に二本勝ちした西村選手はこの後もポイントゲッター
として活躍、ベスト4の対東京戦でも内村選手に二本勝ちして
優秀選手に選出されました。 

ひゃー、西村選手、強かった。

試合結果の一覧はこちら。全日本剣道連盟のホームページにリンクします。


都道府県対抗、夕

都道府県対抗は、閉会式への参加義務はないようです。
残念ながら、一足先に帰ることになった選手たちと、正面玄関で会いました。

多分、10年以上ぶりの再会だったのではないかと思いますが
201404297.jpg
左から北原監督(H7卒)、工藤先輩(H6卒)、上村助監督(H7卒)

朝、写真を撮れなかった埼玉も
201404296.jpg
左から北原監督、金田先輩、東永先輩、工藤先輩、上村助監督

宮本キャプテン(左・高知・4年)と井手君(右・佐賀・3年)は微妙な笑顔。
両者、この日は負けませんでしたが、三回戦には進めず。
201404298.jpg

高知の二回戦の相手は
新村先輩が大将をつとめる宮城を、代表戦で破った東京。
高知が先鋒から二連勝して、高知が勢いに乗ったと思いましたが、本数負け。

佐賀は、井手君が2試合とも貴重なポイントをあげましたが、二回戦敗退。
特に初戦は1-1のまま大将の稲富先生につないで、稲富先生が2本勝ち。
井手君は、補欠からの繰上り出場だったそうで
(だから、最初、選手リストに名前がなかったんだな~)
本来、出場する予定だった佐賀の学生君には残念な欠場だったと思いますが
立派に代役を務めてくれました。

学生は4人出場していたけど、あれ、保坂君(秋田・4年・秋田商業)は?

時間を巻き戻して・・・

前夜、少しだけ、ご一緒しました。
必勝を期して、串カツ(勝つ)を串の坊@法善寺横丁で食す。
20140428.jpg
和泉先輩(H7卒)、ご馳走さまでした。

あまり遅くなってはいけないと
同じチームの工藤先輩の配慮で20:30にはバイバイ。
あ、君の分のデザートは、高槻が完食しましたので、ご安心を。
201404282129000.jpg

また今度、カツ(勝つ)だね~! 

そして、くれぐれも、飲むときには自制心を保つように努力しましょう。
(この日の彼に、自制心がなかったというワケではありません)


都道府県対抗、朝

2014年4月29日朝、雨の中、会場の大阪中央体育館へ到着。
2014042901.jpg

朝は選手の写真が撮れると思います・・・という
高先輩(H24卒・出場2回目)の情報を信じて、OBを探し、サブアリーナまで。

サブアリーナでは各都道府県の稽古が行われていました。
そっとのぞくと、目前で大阪府の村上選手が高先輩相手に諸手ヅキの練習中。
まさかそんな時に声をかけることもできず、廊下でOBを探すことに。

※村上選手、この日、優秀選手として表彰されました。

最初に埼玉の金田先輩(61卒)に会いましたが
取材活動もホドホドにと釘をさされたので
後ろにいた東永先輩(H12卒)にも声をかけられず

しかし金田先輩、
最近のワカモノはこの通り、大舞台を前にしても強心臓の目立ちたがり。
ちなみにこの二人、二回戦で対戦しておりました。
201404295.jpg

太田先輩(H24卒)に、ホームページ、知ってるぅ~? と聞いてみたら
むっとした表情で
「学生時代に、ホームページの担当でした」

えーっ、そうなんだ~! 

深川先輩(H7卒・ゼロックス→刑務官)と福井先輩(H9卒・紋別市役所)が
話をしているのを見て、声をかけました。
突然すいません、ホームページを作っているモノなんですけど・・・
そしたら福井先輩、ホームページを見てくださっているそうで、嬉しかったです。
201404291.jpg

ホームページ的には、この写真に工藤先輩(H6卒)がいてほしかった・・・
必死に探したんですが秋田県の選手に会うことができず、残念でした。

鹿児島と北海道が勝ち進めば
ベスト4でこの二人が対戦する予定でしたが実現ならず。

溝邊くーん(H18卒)、久しぶり!!(元主務なので、面識がありました)

うゎあっ! お久しぶりです、っていうか! 
センパイ、な、なんでこんなトコロに・・・!? という動揺の中で写真撮影。
学生の頃の面影が、残っていました。君ももう、30歳かぁ~
201404292.jpg

3年生の内藤君(新潟商業)だ!
一緒にいた方に、中央のOBなんですけど、学生と一緒に写真を撮って
いただけませんか、と依頼したら快く了承してくださって
201404293.jpg

東洋大OBで、現在、新潟県警に勤務されている赤塚選手です。
内藤がお世話になりました。

宮城の新村先輩(61卒)は初戦で三連覇を狙う東京都と対戦、
代表戦にもつれ込みましたが、残念ながら。
201404294.jpg

この一戦、引き分けが続き、とうとう三将(東京は内村選手)も引き分け、
その頃から場内がざわつき始めました。
東京は、次の高知戦でも本数勝ち。いずれも、薄氷でした。

そして最後に、高優司よ。
君ほどの選手でも、都道府県対抗では勝てないんだね。
せめて一本獲るところを見たかったな。

お相手も強かったね。
神奈川は石田雄二選手(元国士館主将、関東個人三位、全日本個人準優勝)
三重は、よく分かっていてやりづらい同期の太田先輩、
福岡は西村龍太郎選手(元早稲田主将、関東個人準優勝、全日本選手権出場)
ビッグネーム相手に、良く引き分けたというべきか?

でも対福岡戦、大阪の大将のツキが決まってあの代表戦となった時に
あぁ、ウチの高優司が勝っていればなぁ と思ったんだ。
福岡は、次のベスト4で静岡に6-1と大勝したから、悔しいね。

次の舞台での活躍を、期待しています。

試合結果の一覧はこちら。全日本剣道連盟のホームページにリンクします。

高壮年、出場組

2014年3月8日は
「天赦日」と「寅の日」と「一粒万倍日」が重なるという
今年一回しかない、東洋暦上、最高の吉日でした(*注釈参照)。
そんな日に剣道の試合会場に集まられたみなさまに
剣道の神様が微笑んでくれますように。

しぶしぶ応援に来て、チャンバラと称していたあのカレは、難しいかもしれない。

萩原先輩(63卒)
hagiwara.jpg

大竹先輩(H元卒)
ohtake.jpg

楮山先輩(H3卒)
kajiyama.jpg

米山先輩(H7卒)
yone.jpg

新鷲先輩(H9卒)
shinwashi.jpg

上記のグループ、OBがおひとり、欠場されていたと思います。
もし出場されていたら写真の撮り忘れ、申し訳ありません。
このグループで、ベスト4に中大OBが残るのはこれで5年連続ですが
来年はフレッシュな若手の活躍を期待します<新鷲先輩。

もうひとつのグループは、写真を撮っていません。申し訳ありません。
(真ん中で女子の団体戦があって、取材が難しかったため)


*「天赦日」は、百神が点に昇り、万物の罪を赦すとされる最上の大吉日。
*「寅の日」は、12日に一度巡ってくる金運招来日。
*「一粒万倍日」は、一粒の籾(もみ)が万倍にも実るという吉日。
   →次回は3月20日(木)。
     この日に剣友会費を払ったら万倍にもなって戻ってくる・・・かもしれない。

高壮年大会2014

2014年3月8日(土)、40歳以上の実業団剣士のNO1を決める
第17回全日本実業団高壮年大会が東京武道館で開催され
九州から、関西から、名古屋から、OBが集まってきました。

昨年は一般生が見事、3位入賞。
otake.jpg

一昨年もOBが活躍(準優勝と三位)
kosonen2012_1.jpg

三年前も(三木先輩、優勝)
SANY0097s.jpg

四年前も(細川先輩、当時は五段以下の部で優勝)
kosonen2012_5.jpg

ということで、今年も期待していました。

朝、東京武道館へ歩いて行く途中
同僚の応援に行くらしいグループの話し声が聞こえてきました。

「スーツでなくて良かったかな」
「えーっ いいだろう~ 休みの日にどうせ、チャンバラなんだからさぁ~」

チャ、チャンバラって・・・チャンバラって・・・

みなさん、剣道に興味のない同僚を強引に応援に誘うのは、止めましょう。

さぁチャンバラの試合会場です。
尾方先輩(H元卒)がコテで二本勝ち、幸先の良いスタートを切りました。
20140308.jpg

こちら三木先輩(H2卒)も絶好調で勝ち進み
201403082.jpg

尾方先輩と三木先輩で、13時までにコテだけで10本は獲ったでしょうかねぇ~
とにかくこの日のふたりは
負ける要素がまったく見当たらないので、ベスト4で対戦するとばかり
あまりにも勝つので途中で写真を撮るのも止めたんですけどね。

ところが尾方先輩、突然の、判定負け。判定? 判定?!

チャンバラぢゃないんだから(怒)

生まれて初めて剣道の試合で「判定」を見ました。
残念ながら同門対決ならず、三木先輩は三位。三位って・・・
当然、優勝だと思ったけど・・・

結果はこちら。当日の内にUPされていました

東京武道館に到着して5分以内に、多くのOBにすれ違いました。
そんな話は、続編で書くとして

当日出場されたOBの皆さま、お疲れさまでした。

201403081444000.jpg

高壮年剣道大会 結果

五段以下の部   三位   三木先輩(平成2年卒)

kosonen2012_2.jpg

六段~七段の部 準優勝 辻村先輩(57年卒)

kosonen2012_3.jpg

優勝を逃して悔しいふたりに、笑顔はありませんでした。
でも負けるってそういうことだから、仕方ないですね。
勝ってほしかったなぁ  残念でした。 また来年。

kosonen2012_1.jpg
______________________________

2012年2月19日(日)、立春を過ぎてもまだまだ寒い東京の日本武道館で
第15回全日本実業団高壮年剣道大会が開催されました。
お昼すぎに、茨城県で震度5の地震があったそうですが、日本武道館では揺れ
を感じることなく、熱戦が繰り広げられました。

40歳以上の実業団剣士の剣道日本一を決めるこの大会は、五段以下の部と
六~七段の部に分かれて行われます。
毎年のように、中大OBが入賞しており、昨年は三木先輩、
一昨年は細川先輩(H3卒)が優勝しています。 こちらもご覧ください

いつも、参加した同期などから結果を教えてもらっていましたが、今年は現地で
応援。対戦表に懐かしいOBの名前を多く見つけることができました。
・・・写真を掲載できなかった先輩、申し訳ありません。

*参加されたOB(対戦表より)
辻村先輩・田代先輩(57卒)、松井先輩(61卒)
川口先輩・萩原先輩・角先輩(63卒)、尾方先輩・大竹先輩(H元卒)、
大森先輩・三木先輩(H2卒)、細川先輩・曽根先輩・猪山先輩(H3卒)

また、40歳に満たないOBも、応援に来ていました。

上原先輩(H16卒)は「iPad」で剣友会のホームページを開いてくれました。
201202191502000.jpg

昨年12月に、関西のOB戦で会って以来の大亀先輩(H22卒)。
同時に開催された女子の試合ではパナソニックが優勝・準優勝でした。
201202191505000.jpg

参加・応援のために日本武道館まで足を運ばれたOBのみなさま、
お疲れさまでした。
まだまだ寒い日が続きますので、お身体、ご自愛ください。

高壮年剣道大会会場 2

*第15回全日本実業団高壮年剣道大会の会場にて

この日、川口先輩↓ にはご挨拶できましたが
kosonen2012_kawaguchi.jpg

猪山先輩↓ には会えず、残念でした。ワタシのこと、覚えていたかなぁ~
kosonen2012_inoyama.jpg


閉会式前に、優勝した選手(会社同僚)と談笑される辻村先輩。
kosonen2012_8.jpg

この通り、100周年のメンタオルをお使いで
201202191505001.jpg

三回目の決勝進出、今度こそ! 優勝を期待しましたが・・・残念でした。
kosonen2012_9.jpg


高壮年剣道大会会場 1

*第15回全日本実業団高壮年剣道大会の会場にて

この日、唯一の同門対決となった萩原先輩(63卒)と大竹先輩(H元卒)。

kosonen2012_7.jpg

kosonen2012_4.jpg

一昨年、五段以下の部で優勝した細川先輩。
今年は六段・七段の部で優勝を狙いましたが、残念ながらベスト8。
kosonen2012_5.jpg

二年ぶりの出場となった大森先輩(H2卒)。
一回戦の対戦相手は、萩原先輩(右)の弟さんでした。
kosonen2012_6.jpg

曽根先輩とは23年ぶり(多分)に話をしましたが
ワタシの顔をみて、すぐに思い出してくれて、いろんな意味で、良かった。
kosonen2012_sone.jpg

関西OB戦 制作メモ

(制作中)

第17回大会(2007年)男子2部の優勝メンバーが再登場の、ドリームチーム
先鋒 木下先輩(55卒)、中堅 鳥井先輩(53卒) 大将 太田先輩(53卒)
2011kansai1.jpg

2011kansai2.jpg

2011kansai3.jpg

同志社大学の野崎康彦先輩(40卒)と、河村先輩(38卒)。
野崎先輩がお持ちの竹刀袋は、友井先輩(H15卒)のモノです。
事情あって、3年間も持ち主を探してくださっていました。ありがとうございます。
2011kansai4.jpg

目立ちがり屋がそろった、関西の若手OBたち。
2011kansai5.jpg

初参加の佐々木先輩(H9卒)は急な転勤で松山から関西に仲間入り。
まさかこんなところで再会するなんて・・・

2008年の8月20日に松山で会いましたね

二次会も行ったよね

さて。関西のOBから
「中大より法大の写真のほうが多いじゃないですかっ」
て言われそうだったからデジカメのデータを確認してこのページを制作したのに
こんな写真を見つけてしまい・・・

2011kansai6.jpg

こ、こ、こらぁ~っ 勝手に自分で自分を撮るなぁ~っ < 法政大OBの國香先輩!

関西OB戦 2部決勝

(制作中)

詳細は同志社大学剣友会のホームページをご参照ください。 こちら

2011kansai_1.JPG

主審は神埼先生でした。

残念、中大、今年6回目の「2番」。
これが、この後の忘年会での、大森支部長(H2卒)の
「OBが2番ぢゃあ、学生にシメシがつかない。関西から優勝を届けよう!」
・・・との宣言につながる。

以下、同志社大学剣友会のホームページより抜粋。

> (先鋒は)中央大との優勝戦でも、試合巧者で名高い八段の選手の
> 出小手を切り、優勝に導く大活躍でした。
> これからは、「八段殺しの岡本」という異名が付くのではないかと思われます。

木下せんぱーい、 「試合巧者で名高い八段の選手」って書いてありますよーーっ


> 中堅の深沢選手は遠く山梨より出場され、

・・・ぢゃあワタシも、来年、関西で出場できるのかな。

ところで同志社大学は、1部2部を通じて初優勝だそうです。意外ですね。

僭越ながら、中大は関東の大学ながらこの大会で1部3回、2部2回優勝。
第19回(2009年)は1部2部のダブル優勝を飾っています。へへん

その時の様子はこちら

来年あたり、また。

関西OB戦 1部

今年も関西のOB戦の応援に行ってきました。場所は舞洲アリーナ。

2010年の様子はこちら
2009年の様子はこちら→1部、2部のダブル優勝
2008年の様子はこちら

1部(先鋒・次鋒が20歳以上、中堅・副将が30歳以上、大将が45歳以上)には優勝を狙える2チームがエントリーしていましたが、仕事の事情で数名が参加できなくなり、1チームだけの参加となりました。


試合後、2部の応援に駆け付けた1部の選手に、木下先輩(55卒)が

何やっとるんじゃぁ!! と、喝。

2011kansai_2.JPG

戦い終えて、タスキを片づける大嶋先輩(H22卒)。
2011kansai_3.JPG

残念でした。
2011kansai_4.JPG

・・・負けてVサインはやめなさいって。

関東OB戦 閉会式

閉会式を前に壇上を見ると、忙しそうに
表彰式の準備をされる辻村先輩(57卒)↓ が。
DSCN2262s.jpg

で、辻村先輩に許可をいただき、壇上から撮影させていただきました。

2258s.jpg

DSCN2260s.jpg

全員の万歳三唱で閉会。来年がいい年でありますように。
DSCN2263s.jpg

お疲れさまでした。
DSCN2265s.jpg

来年は12月24日に開催されます。 えぇ! なんでそんな日に・・・

関東OB戦 1部決勝

慶応大に5-0、学芸大に6-0、法政大に2-0、早稲田大に3-1、東海大に3-0と順調に決勝まで勝ち上がってきたAチーム。
2249s.jpg

決勝の対戦相手は、全日本選手権出場経験者を4名揃えた、明治大学。

・・・・・・・・

※明治大学1部 Aチーム

先鋒 仁部 昭太
次鋒 吉野 友規
三鋒 臼井 義将
中堅 岡 晋輔
三将 北条 忠臣
副将 清野 忍
大将 小山 正洋  (敬称略)

・・・・・・・・

先鋒は、剣友会の新会員となった本川先輩。
次鋒は昨年もこの大会で先鋒として出場した今村先輩でした。
2244s.jpg

中堅、上原先輩(左)。手前は明治大学。
2252s.jpg

三将、北条忠臣先輩(神奈川県警)と対戦する、小田口先輩(左)。
DSCN2254s.jpg

結果は、残念ながら、昨年と同じ準優勝でした。

過去22回(本大会含む)の戦績を見ると、優勝回数は下記の通り。

国士館大学   9回
法政大学    3回
専修大学    3回
明治大学    2回
中央大学    2回 →平成14年と平成20年
筑波大学    1回
日本体育大学 1回
日本大学    1回

準優勝は4回、ベスト4には11回入っています。また来年に期待。


関東OB戦 2部

先鋒・次鋒・中堅が55歳以上、副将と大将が60歳以上という年齢条件の2部は
1チームの参加でした。

大将戦までもつれこみましたが、残念ながら二回戦敗退(一回戦は不戦勝)。

2232s.jpg
佐々木了三先輩(48卒)

2233s.jpg
上西昌男先輩(45卒)

2235s.jpg
海野秀夫先輩(44卒)

2236s.jpg
小川忠彦先輩(44卒)

2239s.jpg
坂ノ上正先輩(44卒)

お疲れさまでした。

過去22回(本大会含む)の戦績を見ると、優勝回数は下記の通り。

国士館大学   6回
明治大学    3回
慶應義塾大学 3回
法政大学    2回
筑波大学    2回
拓殖大学    2回
日本大学    1回
明治学院大学 2回
防衛大学    1回
専修大学    1回

残念ながら中大は平成18年の準優勝が最高成績です。

関東OB戦 3部B

3部(天行杯)のBチームは残念ながら一回戦敗退でした。

hiroakisenpai.jpg
小川宏明先輩(41卒)

kurodasenpai.jpg
黒田実先輩(41卒)

sanosenpai.jpg
佐野好男先輩(38卒)


お疲れさまでした。

関東OB戦 3部A

第20回大会(一昨年)から創設された3部(天行杯)の年齢条件は65歳以上。
29チーム中、中大だけが2チームの参加。つまり28大学の参戦でした。

Aチームの大将の川野先輩(38年卒)とBチームの大将の佐野先輩(38年卒)は
この日、中大の最高齢(70歳)。他大学には77歳の先輩がいらしゃいました。

Aチームは
法政大学、国士館大学(過去2回優勝)といった強豪を撃破して見事ベスト8に!

DSCN2228s.jpg
平野先輩(41卒)

DSCN2229s.jpg
林先輩(40卒)

DSCN2231s.jpg
川野先輩(38卒)

優勝した日本大学に1-0で惜敗した後、写真を撮らせていただきました。

DSCN2243s.jpg

お疲れさまでした。

関東OB戦 朝

2011年12月4日(日)、第22回学連剣友剣道大会(関東OB戦)が
東京武道館(於:綾瀬)で開催されました。

プログラムによると
86大学、計225チーム、合計1,170名の選手が参加したそうです。

昨年、のんびりと午後からでかけてごく一部のOBの応援しかできなかった反省から
今年は開会式直後に到着。選手を探したら、第二武道場で、試合前の稽古中でした。

%E6%9C%9D%E7%A8%BD%E5%8F%A4.jpg

DSCN2221s.jpg
小川宏明先輩(41卒)、川野先輩(38卒)、平野先輩(41卒)

下の写真を大きく見る場合はこちらをクリック

DSCN2222s.jpg
上西先輩(45卒)、佐野先輩(38卒)、小川忠彦先輩(44卒)
海野先輩(44卒)、佐々木先輩(48卒)、坂ノ上先輩(44卒)

川野先輩と佐野先輩は70歳。この日の中大の最高齢でした。

下の写真を大きく見る場合はこちらをクリック

DSCN2225s.jpg
男子1部に出場されたOB(2チーム)。

この日出場された選手一覧はこちら

2011年全日本選手権

11月3日(祝)、日本武道館で開催された第59回全日本剣道選手権大会で

埼玉県代表 東永幸治先輩が準優勝されました。

宮崎師範解説のテレビ中継をご覧になった先輩も多いと思いますが
決勝は、とても・・・残念でした。悔しいですね。

YouTubeには、今でもコメントが続いています。(音声あり)
http://www.youtube.com/watch?v=2U5J1gGC4K8

決勝戦 ノーカット版 (全日本剣道連盟UPのYouTube)(音声あり)

*パソコンの環境によっては画像が表示されません。


決勝戦 (全日本剣道連盟UPのYouTube)(音声なし)

*パソコンの環境によっては画像が表示されません。


出場したOBのみなさま、お疲れさまでした。
________________________________

*出場したOB

・埼玉県代表 東永 幸治先輩(H12卒) 7回目

2009年9月13日 東西対抗に出場された東永先輩 その時の記事はこちら
DSCN1060s.JPG


・長崎県代表 小野田 稔秀先輩(H12卒・長崎南山高校出身) 5回目

長崎物語 前編(11月13日UP)
長崎物語 後編(11月13日UP)

長崎 小野田先輩壮行会 前編(10月30日UP)
長崎 小野田先輩壮行会 後編(10月30日UP)


・宮崎県代表 大重 貴浩先輩 (H14卒) 初出場

三回戦 (音声あり)

*パソコンの環境によっては画像が表示されません。


2009年10月21日 全国警察剣道大会での大重先輩

・長野県代表 溝辺 俊寿先輩(H18卒) 2回目

・福岡県代表 村方 孔哉先輩(H19卒・長崎南山高校出身) 初出場

20110903_2345913s.jpg
クリックすると結果にリンクします

高壮年剣道大会

平成23年3月5日(日)、第14回 全日本実業団高壮年剣道大会 
五段以下の部で三木先輩(H2卒)が優勝しました。

SANY0097s.jpg

この大会、昨年の五段以下の部も細川先輩(H4卒)が優勝
201006271752000.jpg

一昨年の六・七段の部は辻村先輩(57卒)が準優勝
DSCN1737s.jpg

さらにその前は五段以下の部で尾方先輩(H元年卒)が優勝
三木先輩(H2卒)が三位
六・七段の部で中尾先輩(63卒)が準優勝と

毎年、実業団で活躍する中大OBが上位に入賞しています。
同門対決も多く、三木先輩も三回戦でひとつ上の先輩と対戦でした。
SANY0058s.jpg

来年もOBの活躍を期待しています。

親子日本一剣道大会奮戦記

会場となった山形市総合スポーツセンターには、現在、避難所が開設されています。被災地に所縁の深いご関係の皆様に対し、謹んでお見舞い申し上げます。


2011030517370000s.jpg

第4回 親子日本一剣道大会(小学生親子の部)結果

優勝  鬼高剣友会(千葉) 中山チーム
準優勝 東松館道場(東京) 赤池チーム
第3位 神武館三吉道場(秋田) 三浦チーム
第3位 青梅錬心舘(東京) 金丸チーム

________________________

※中山先輩(58卒)が、約3年ぶりに執筆してくださいました。

『 続 斌徳 』                中山憲司
  ・・・この物語は100周年記念誌・(拙著)『Archive(アーカイブ) 1982』より
    続くノンフィクションストーリーです。・・・・・・
  
平成23年3月5日(土)早暁 鬼高剣友会・中山チームは千葉の自宅から一路 『親子日本一剣道大会』の開催地・山形市へと向かいました。車中五時間の長旅も地元の歓迎セレモニーと和気藹々の大会ムードに癒された気がしていたのですが・・・    
sartobi%20001s.jpg
(花笠音頭)

いざ大会が始まると雰囲気は一変!北は北海道から南は九州(長崎)まで腕自慢の親子が集結。お父さん達は実業団や警察など『剣道雑誌』でお見受けした人もチラホラとしかも皆若く、50歳を過ぎた父は正直足が震えておりました・・・      
sartobi003s.jpg

4チームによる予選リーグを子供達の頑張りで何とか勝ち上がり 上位16チームによる決勝トーナメントに進出。苦しかった準々決勝の強豪北海道戦も息子(曜脩)の代表戦勝利でしのぎました。準決勝・決勝は大将戦となりましたが、大きなお相手に場外にふっ飛ばされながらも中大根性!で勝利致しました。
sartobi004s.jpg


日頃、監督・指導者(一応)・父として関係している感覚と全く異次元の体験でした。
子供がとても信頼できるチームメートに感じられ 高校時代の様に勝利に執着し無心に闘う自分の姿がありました。
2011030517360000s.jpg
    

・・・・・≪  to be continued・・・?? ≫

編注:20年後の設立125周年記念誌「斌徳」に続く予定です。

東京都剣道大会

2月27日(日)、春の日射しの中
東京武道館で第59回東京都剣道大会が開催されました。◆結果はこちら◆


次期4年生の村山君と、次期3年生の田島君(東京学生剣道クラブBとして出場)。
この後の試合で、東京消防庁剣道部に辛勝。
DSCN1835s.jpg

警視庁Cに敗退するも、三位入賞。学生チームの入賞は4年ぶりでした。

渋谷区の次鋒、今村先輩(H22卒)と、中堅、中澤先輩(H17卒)。
この後、残念ながらベスト8で上記の学生剣道クラブBに敗退。
DSCN1834s.jpg

中央区Bの高須先輩(H18卒)。
警視庁に敗れたこの試合、副将の高須先輩は引き分けでした。
DSCN1838s.jpg

他にも、プログラムにはOBの名前がありましたが、会うことができず。
参加されたみなさま、お疲れさまでした。

関西OB戦 合同懇親会

関西支部納会には法政OBも参加してくださり、大人数。
いつもの ↓ 深見先輩だけでなく
hosei_1.jpg
この後ろ姿は國香先輩 ↑ (この日、Aチームの副将)

池田先輩(H20卒)のお父様(法政OB・隣が池田先輩)
hosei_3.jpg
(写真撮影:山本先輩)

伊藤先輩 ↓ (この日、Aチームの大将)など。
hosei_1.JPG
長崎で会って来たばかりの白石先輩(伊藤先輩と同期)の話題になり
電話をしました。

※中大OBの納会参加者
山本先輩・九鬼先輩(49卒)、土田先輩・鳥井先輩(53卒)、天野先輩(54卒)
夏目先輩(55卒)、松本先輩(62卒)、内村先輩・大森先輩(H2卒)
澤田先輩(H3卒)、川口先輩(H5卒)、山下先輩(H6卒)、和泉先輩(H7卒)
林田先輩(H12卒)、市原先輩(H17卒)、池田先輩(H20卒)、
大亀先輩・中野先輩(H21卒) + 高槻


昔話に、近況報告に、話が尽きることがありません。
よほどリラックスして、美味しいお酒だったのでしょう。
hosei_3.JPG

…でもそろそろ、起きてくださーい。

(まだ続く)

関西OB戦2

(前ページより続く)

…ということで、明大に敗れ
全国の先輩方に出直すことを誓う、大亀先輩(H21卒)
oogame_hansei.JPG


さて、OB戦の良さは、今の同僚や、昔のライバル達との交流。

ベスト8で、府警の先輩と対戦、敗退した大嶋先輩(H22卒)。
その向こうで話しているのは…
1212fukei.JPG

Panasonic
panasonic.JPG

そうか、
明大Aチームは、府警とパナソニックで構成されてたんだ。
しかも、全日本実業団の優勝メンバーがふたりも。
優勝、おめでとうございます。

同じく明治大学OBの花房先輩と。
meiji12.jpg


さて場所をいつもの道頓堀ホテルに移して関西支部納会。

初戦の代表戦で敗れた夏目先輩(昭和55年卒)のご挨拶
natsume_sempai.JPG

…夏目先輩が負けた試合は記憶にないなと思ったら
過去20年のOB戦で、たった3回目、だそうです。
(内1回はアキレス腱の損傷なので、実質2回目)


「来年は、もっと強くなって戻ってきます」

というご挨拶に一同、拍手。

関西OB戦1

12月12日(日)、大阪市中央体育館(地下鉄中央線「朝潮橋」駅)にて
第20回記念関西学連剣友剣道大会(いわゆる関西OB戦)が開催されました。

過去2年、舞洲アリーナという、大阪の中心部からやや(…かなり)離れたところで
開催されていましたが、3年ぶりにこの、交通至便な会場が復活。
メインアリーナの客席数も7,322席と、余裕余裕。
(舞洲アリーナも約7,000席あります)

快適な環境下で、(毎年のことですが、選手用の) 弁当を食しながら、 観戦。
201012121611000.jpg

そんなマイペースなワタシに、後輩達がクリスマスプレゼントをくれました。

選手に渡される記念品のメンタオル(…)
kansai_20101.jpg

20回大会記念ストラップ(…)  「使ってくださいね」だって(困惑)
kansai_20102.jpg

肝心の試合の方は、残念ながら2部(50歳以上)は初戦敗退。

2007年に 初優勝(先鋒 55卒木下先輩・中堅 53卒鳥井先輩・大将 53卒太田先輩)
2008年は ベスト4で 
2009年の全日本OB戦は 準優勝
2009年は 優勝 だったのですが・・・ ま、こんなこともありますね。

1部は3チームが参戦し
Aチームが鹿屋体育大に1(1)-0(0)で勝ってベスト8に進出。
無事、全日本OB戦の出場権を獲得しました。

そういえば、、、
関西のOBは鹿屋体育大学に負けたことがないって、
そう学生に言っておいてくれって、伝言を頼まれました。 直接言ったほうが…


ポイントをあげられず
先輩の応援をするAチームの大嶋先輩(H22卒)と大亀先輩(H21卒)。
DSCN1758s.jpg

結局この試合は
石塚先輩(H14卒)のお兄様が率いる明治大学Aチームに敗退しました。

関東OB戦 女子の部と閉会式

女子はベスト8で、前年に功労者として表彰された村山千夏氏
(全日本女子選手権17回出場、4回優勝)率いる筑波大学と対戦。
残念ながら敗退しましたが、全日本の出場権は獲得。

DSCN1731s.jpg

先鋒 青木智(平成20年卒)
次鋒 井原優子(平成19年卒)
中堅 井上愛理(平成18年卒)
副将 北原絵里子(平成10年卒)
大将 斑目晃子(平成7年卒)  (敬称略)


※全日本OB戦(3月13日 名古屋市中村スポーツセンターにて)
女子の部(3人制)出場校

筑波大学
流通経済大学
日本体育大学
慶應義塾大学
中央大学
日本女子体育大学
東海大学
国士舘大学
法政大学
東洋大学


閉会式にて。
今村先輩(H22卒・初出場)、廣瀬先輩(H19卒)などの顔が見えます。
DSCN1742s.jpg

この時、18:30。
予定より約30分遅れての閉会式となりましたが、200以上のチームが
参加して、1部は7人制なので、どうしても遅い時間になりますね。
しかし一年の最後を締めくくる大会なので、最後まで多くのOBが応援していました。

101205_184354s.jpg
(H4卒 伊藤俊先輩撮影)

男子2部と3部は、残念ながら全日本出場権を得ることができず。
また来年を楽しみにしています。

関東OB戦 1部Bチーム

Bチームは、九州大、日本工業大、明治大、日体大、茨木大を破り、決勝へ。
中大Aを破った専大と対戦しました。

これは、対明治大戦で、岡先輩(H14卒)を応援するBチーム。
気合いの入った応援が続きました。
DSCN1724s.JPG

対日体大戦で、大将を待たずに勝利を決め、大喜び。
津村先生や、試合を終えられた川野先輩(38卒)、小川先輩(41卒)
などの顔も見えます。
DSCN1728s.jpg

決勝を前にしたAチーム。
左から、先鋒・廣瀬、次鋒・中澤、三鋒・上原、中堅・石塚、三将・岡。
そして副将は・・・
DSCN1739s.jpg

なんと、決勝進出を決める一打をはなった際に、足を負傷。
決勝は無念の棄権。
DSCN1738s.jpg

残念ながら専大に敗れ、準優勝。
平成14年、20年に続く、3回目の優勝はなりませんでしたが
楽しく応援することができました。

1部 Bチ-ム
先鋒 廣瀬圭介(平成19年卒)
次鋒 中澤圭介(平成17年卒)
三鋒 上原祐二(平成16年卒)
中堅 石塚一輝(平成14年卒)
三将 岡寿憲(平成14年卒)
副将 中尾剛之(昭和63年卒)
大将 大島朗央(昭和62年卒) 

(敬称略)

※全日本OB戦(3月13日 名古屋市中村スポーツセンターにて)
男子成年の部(5人制)出場校

専修大学
中央大学
東海大学
流通経済大学
茨城大学
法政大学
筑波大学
立教大学
日本体育大学
東京大学

以上

関東OB戦 1部Aチーム

12月5日(日)、東京武道館にて
第21回学連剣友剣道大会(いわゆる関東OB戦)が開催されました。

東京武道館……ご存じではない先輩も多いと思いますが、足立区綾瀬にあります。
1989年に完成したそうなので、まだ22年ほど。
観覧席は約1,700しかないので、日本武道館(約10,000席)と比べると
狭い印象があります。最近は、新人戦や女子の試合がここで開催されるそうです。
(…って、座って観れないじゃんね。大阪の全日本でもなかったけど)

DSCN1720s.jpg

観覧席に座る席がないため、試合場でOBを探していたら
審判をしていた細川先輩(H3卒)に遭遇、どこにいるのか教えてくれました。

こちらは対慶応大戦で、先鋒・今村先輩(H22卒)を応援する1部のAチーム。
DSCN1721s.JPG

一橋大、東京農大、慶応大、東大(一回戦で東海大を撃破! 稽古してますね~)、
法大を破って勝ち上がりましたが、準決勝で専大に敗退。これは、勝負が
かかった大将戦が終わった瞬間。残念、中大同士の決勝対決はならず。
DSCN1735s.jpg

決勝でBチームを応援するAチーム(新村・白石・小田口・島森)の面々。
DSCN1741s.jpg

お疲れさまでした。

1部 Aチ-ム
先鋒 今村洋輔(平成22年卒)
次鋒 島森達也(平成21年卒)
三鋒 鈴木秀和(平成19年卒) 
中堅 白石賢史(平成13年卒) 
三将 小田口亨弘(平成9年卒) 
副将 新村浩志(昭和61年卒) 
大将 西野隆(昭和56年卒)

(敬称略)

OB戦2010選手紹介

今年は、関東で6チーム、関西で4チーム参加します。
今年OBとなった先輩も2名、出場します。ご健闘をお祈りします。

201010292116000.jpg

◎関東 12月5日(日) 9時半開会 東京武道館(綾瀬駅)

<男子1部>監督 津村耕作(昭和37年卒)
先鋒・次鋒・三鋒 22歳以上、中堅・三将 30歳以上、副将、大将 45歳以上

Aチ-ム                    Bチ-ム
先鋒 今村洋輔(平成22年卒)     先鋒 廣瀬圭介(平成19年卒)
次鋒 島森達也(平成21年卒)     次鋒 中澤圭介(平成17年卒)
三鋒 鈴木秀和(平成19年卒)     三鋒 上原祐二(平成16年卒)
中堅 白石賢史(平成13年卒)     中堅 石塚一輝(平成14年卒)
三将 小田口亨弘(平成9年卒)     三将 岡寿憲(平成14年卒)
副将 新村浩志(昭和61年卒)     副将 中尾剛之(昭和63年卒)
大将 西野隆(昭和56年卒)       大将 大島朗央(昭和62年卒)

<男子2部>監督 上西昌男(昭和45年卒)
先鋒・次鋒・中堅 55歳以上、副将、大将 60歳以上

Aチ-ム
先鋒 多田隈康男(昭和42年卒)
次鋒 上西昌男(昭和45年卒)
中堅 小川忠彦(昭和44年卒)
副将 坂ノ上正(昭和44年卒)
大将 小川宏明(昭和41年卒)

<男子3部>監督 上西昌男(昭和45年卒)
先鋒・中堅 ・大将 60歳以上

Aチ-ム Bチ-ム
先鋒 黒田実(昭和41年卒)      先鋒 青山勲(昭和42年卒)
中堅 佐野好男(昭和38年卒)     中堅 平野猛(昭和41年卒) 
大将 松林平次郎(昭和30年卒)   大将 川野誠一郎(昭和38年卒)

<女子の部>
先鋒・次鋒・中堅 22歳以上、副将、大将 30歳以上
監督 津村耕作(昭和37年卒)

先鋒 青木智(平成20年卒)
次鋒 井原優子(平成19年卒)
中堅 井上愛理(平成18年卒)
副将 北原絵里子(平成10年卒)
大将 斑目晃子(平成7年卒)

<専任審判員>
・鈴木勉(昭和53年卒)・大河原直広(昭和55年卒)・細川和義(平成3年卒)

◎関西 12月12日(日) 大阪市中央体育館 組み合わせはこちら

<男子1部>監督 山本重樹(昭和49年卒)

Aチ-ム                    Bチ-ム
先鋒 大嶋直史(平成22年卒)     先鋒 中野純哉(平成21年卒)
次鋒 大亀健太(平成21年卒)     次鋒 松井義樹(平成17年卒)
中堅 市原真人(平成17年卒)     中堅 川口陽三(平成5年卒)
副将 今泉龍朗(平成8年卒)      副将 澤田隆治(平成3年卒)
大将 山下忠典(平成6年卒)      大将 御前伸司(昭和61年卒)

Cチ-ム
先鋒 池田貴宏(平成20年卒)
次鋒 林田賢二(平成12年卒) 
中堅 北口伊佐男(平成7年卒)
副将 那須靖功(平成3年卒) 
大将 水ノ上成彰(昭和62年卒)

<男子2部>監督 山本重樹(昭和49年卒)

先鋒 夏目康弘(昭和55年卒)
中堅 鳥井弘行(昭和53年卒)
大将 山本重樹(昭和49年卒)

以上

(敬称略)

続 関西OB戦

決勝戦の様子や、選手のコメントはこちら


試合後に、山本監督(49卒)を囲んで。
1213_10.JPG
 一回戦で強豪、国際武道大学に惜敗して消化不良に終わった澤田先輩(H3)と
 川口先輩(H5)は、決勝戦終了後に開催された稽古会に参加したためこの↑格好
 となりました。来年は優勝し、面を取ってOBの先輩方に挨拶するそうです。

御前先輩(61卒)は、初めてOB戦に出場されました。
1213_11.JPG
 この写真撮影の後、お二人で稽古。昭和60年の全日本優勝の日以来、
 24年ぶり!の交剣だったそうです。御前先輩は、膝を曲げて下から打ってくる
 松本先輩(62卒)のあのコテに、相変わらず苦しんでいました。
 「しかも、当たるんだぜ(怒)」 (by御前先輩)。 …懐かしい稽古風景でした。


2回戦で京都産業大学に惜敗したCチームの面々。
1213_12.JPG
 大将の谷先輩(H2卒)は応援に来ていた10歳のお嬢さんから
 「自分から打たないとダメ」 と指摘されて落ち込んでいました。


Vサインをしている大亀先輩ですが、この日、垂れネームを忘れました。
1213_13.JPG
 5月の関西総会で、支部長から贈呈されたのを、わたしは見ていた(怒)


こ~れが、中大OBだぁ~!
1213_14.JPG
 垂れネームはもちろん、竹刀袋に注目。
 「竹刀袋のお蔭です。津村先生によろしくお伝えください」 (by夏目先輩)


決勝戦直前の面々。
1213_17.JPG
 カメラに気が付いた4名の先輩は手を止めてポーズをとりましたが
 OB一年目の大亀先輩はそんな余裕がなかったようで…カメラ無視


納会兼優勝祝賀会にて。藤井先輩(H8卒)合流。
1213_15.JPG


先に帰宅される夏目先輩が胴上げを固辞されたため、
やむを得ず、東京まで聞こえそうな、派手な万歳三唱で送りだし。
1213_16.JPG
 しかしこの行為は自分たちの首をしめることとなり、
 これ以降誰も、先に帰りたいとは言いだせなかった…


試合前日は、京都の いつもの店 へ年末のご挨拶に行きました。
200912122009001.jpg

明石焼きとおばんざいに舌鼓を打ちながら
3月の 全日本OB戦優勝 や 5月の京都大会 を思い出し
200912121947000.jpg

誰かの(…)焼酎で一献傾ける。
200912121945000.jpg

おなじみ、「たこ入道」。

「剣友会OBであればどなたでも、
 お立ち寄りの際はこのボトルをご指名ください」(by山下先輩)

…まだ少し残ってます。
最後の先輩は、新しいボトルを入れておくことをルールとします(?)。


それにしても、今年はOB大活躍の年でした。 


世界大会での活躍もありました。 関連記事はこちら
八段昇段祝賀会もありました。 関連記事はこちら
東西対抗には7名ものOBが出場しました。 関連記事はこちら

関東では長年の課題であった「支部」がやっと誕生しました。
これからは、支部の対抗戦なども、企画されるのかもしれません。


剣友会にとって、いい一年でした。 


関西の先輩方にも、公私共々、お世話になりました。 < ありがとうございます! 


来年もどうぞよろしくお願いいたします。 


追伸:剣友会会費の納入も、どうぞよろしくお願いいたします。

全国警察剣道大会

東京が今年一番の寒さとなった10月21日(水)、
日本武道館で全国警察剣道大会(団体戦)が行われ、全国より多くのOBが
監督として、審判員として、選手として、参加されました。
nagasaki.JPG

結果詳細は全日本剣道連盟のHPをご覧ください。

長崎県警 vs 宮崎県警。長崎県警はOBが3名、宮崎県警は1名出場。
nagasaki2.JPG

埼玉県警の金田監督と、全日本選手権に出場する東永先輩。
saitama.JPG

大分県警 vs 熊本県警。これは大分県警の横山先輩。
向こうの試合場では、清水先輩(55卒)と福崎先輩(56卒)が審判。
oita.JPG

result.JPG


閉会式。
1021_1.JPG

第1部入賞チーム。
DSCN1113.JPG

第2部入賞チーム。長官から賞状を受け取る大重先輩(宮崎)。
1021_2.JPG

第3部入賞チーム。
1021_3.JPG

決勝戦再現(関西熟年チーム)

中大(関西)熟年チームは
「全員50歳以上、合計年齢170歳以上」という年齢条件を満たすメンバーで出場。
ここまでは3分3本勝負でしたが、決勝戦は4分3本勝負。

戦績はこちら (全日本剣道連盟HPへリンク)

DSCN0732.JPG
試合前の礼。相手は中京大学(関西)。

DSCN0733.JPG
先鋒 夏目 康弘 先輩(55年卒)
(4月29日に大阪市中央体育館で開催される都道府県対抗剣道優勝大会で、和歌山県の大将)


DSCN0734.JPG
中堅 鳥井 弘行 先輩(53年卒)

DSCN0735.JPG
大将 河村 泰治 先輩(38年卒) 
     (100周年記念誌 斌徳 別冊 P29 『石神井合宿の思い出』 執筆)

なお、後ろに見えるのは、成年の部の決勝、中大(関西)vs 筑波大学。
決勝戦は一斉開催でした。
______________________________________________________

DSCN0719.JPG
前日の壮行会で、山本監督(49年卒)と共に決意表明。

DSCN0720.JPG
津村部長より、選手全員に、伝統の中大面タオルを贈呈。

OB全日本戦で関西(成年)優勝!

2009年3月29日(日)、京都で開催された第4回全日本学連剣友剣道大会
において、関西チームが成年の部で優勝、熟年の部でも準優勝と、
素晴らしい成績をおさめました!

戦績はこちら (全日本剣道連盟HPへリンク)

成年の部、
決勝の相手はベスト16で中大(関東)を破って勝ち上がってきた筑波大学。
五人で勝負がつかず、運命の、代表戦(無制限一本勝負)に・・・
抽選で先鋒戦が選出され、中大は升田先輩(H20年卒)。
息詰まる6分35秒の攻防戦の末、
相手がメンを打ってきたところを上手く右にかわしてメン!
全日本優勝を決めました!

men.JPG
優勝決定直後に面をとって一息。

注:本大会においては、5人で勝負がつかない場合、引き分けた対戦の再戦が、代表戦に位置付けられる。三試合(先鋒・中堅・副将)が引き分けたこの決勝戦、抽選で山下先輩(H6卒)が先鋒のくじをひき、見事に升田先輩がそれに応えた。

山下先輩は準決勝の代表戦でも榎田先輩(次鋒)のくじをひき、見事勝利したため、自身の試合での二勝と合わせて四勝の価値があると、自負。確かに、マレな、くじ運であったと思われる。


熟年の部は、
こちらも代表戦で鳥井先輩が決めて決勝進出。

jyukunen.JPG
惜しくも中京大学(関西)に1(1)-0(0)の僅差で敗れましたが、
早稲田大学、中京大学(関東)などの強豪を破っての、価値ある準優勝でした。


表彰式で整列する、中大の選手。
seinen-2.JPG

seinen-3.JPG

jyukunen-2.JPG

seinen.JPG

fukei.JPG

(続く)

OB全国大会出場選手

平成21年3月29日(日)午前9:00より、京都市武道センターで開催される
第4回全日本学連剣友剣道大会に出場される先輩を紹介します。

東京学連剣友連合会

●成年の部 監督:津村 耕作(S37年卒)
先鋒: 廣瀬 圭介(H19年卒)   
次鋒: 上原 祐二(H16年卒)
中堅: 小田口 享弘(H9年卒)
副将: 大島 朗央(S62年卒) 
大将: 新村 浩志(S61年卒)  
 
●女子の部 監督:津村 耕作(S37年卒)
先鋒: 青木 智 (H20年卒)
中堅: 北原 絵里子(H10年卒)
大将: 金子 賀津子(S56年卒)

関西支部

●成年の部 監督:山本 重樹(S49年卒)
先鋒 升田 良(H20年卒)
次鋒 榎田 康太(H15年卒)
中堅 山下 忠典(H6年卒)
副将 大森 政城(H2年卒)
大将 木下 俊一(S55年卒)

●熟年の部 監督:山本 重樹(S49年卒)
先鋒 夏目 康弘(S55年卒)
中堅 鳥井 弘行(S53年卒)
大将 河村 泰治(S38年卒)  

以上

関東OB戦

以前よりHPで告知していましたが
関西OB戦と同日、東京でも、OB戦が開催されました。

結果は、剣道部のHPで紹介されているとおり、
男子I部で見事、決勝で国士舘を破り、優勝を飾りました。

2008_kantoOBs.JPG

大きく見る場合はこちら

他の4チームは残念な結果に終わったようです。
来年への決意新た、といったところでしょうか。

出場された先輩、また審判として参加された先輩、お疲れさまでした。

関西OB戦

2008年12月15日(日)、
大阪の舞洲アリーナで関西地区のOB戦が開催されました。

709.JPG大きく見る場合はこちら

711.JPG大きく見る場合はこちら


2部は連覇を狙いましたが、それでも見事に、3位入賞! 
DSCN0710.JPG

1部のAチームは3位入賞!
DSCN0713.JPG

1部のBチームもベスト8で敢闘賞を受賞!
DSCN0712.JPG

速報!関西OB戦

2008年12月14日(日)、大阪の舞洲アリーナで
第18回関西学連剣友剣道大会が開催され
4チーム出場のうち、2チームがベスト4、1チームがベスト8(敢闘賞受賞)
という好成績をおさめました。100周年の勢いに乗ったか…!
高槻は関西のOBの皆さんに会いたくて(←強調) 東京から応援に駆け付け、
何回かの大将戦を見事な秒殺と運で決めてくださった水ノ上先輩(62卒)、
代表戦で延長を繰り返し、残念ながら無念の敗退をした市原先輩(H17卒)、
足がつりそうな内村先輩(H2卒・20年ぶりの再会であった!)
などに歓声を送りました。

大将戦と代表戦の連続で、本当に優勝と紙一重のところにいましたが
その試合の様子は後ほどご報告するとして

大阪は難波のど真ん中で開催された試合後の納会の様子をご紹介しましょう。

200812142006000.jpg
支部長の山本先輩(49卒)挨拶

200812141905000.jpg
宇治田先輩、天野先輩、夏目先輩のチームは見事、3位

200812141908000.jpg
大活躍の市原先輩と関西デビューの山下先輩(H6)

200812141928000.jpg

200812141951000.jpg

200812142059000.jpg

200812142103000.jpg
次回の優勝を誓った(ような気がする)山下先輩

この後、高槻を除くOBの先輩方は元気に夜の街へと繰り出しました。
鳥井先輩、次の機会によろしくお願いします(明日、東京で午前中から会議なんで)


<付録>
伊丹空港から会場に行く途中の地下鉄で、有名な水族館「海遊館」の
ポスターを発見。次の機会は絶対に行くぞと決意。
ところで次に関西に来るのは出張か、それとも来年3月の全日本OB戦か…?!
200812141218000.jpg

学連剣友剣道大会 試合結果

平成19年12月16日(日)に東京武道館で開催された学連剣友剣道大会 
の試合結果をご報告します。

なお、当日の選手はこちらをご覧ください。

続きを読む "学連剣友剣道大会 試合結果" »

関西学連剣友剣道大会ご報告(12月9日)

関西支部の九鬼温臣先輩(昭和49年卒)より、下記の通り、関西学連剣友剣道大会のご報告をいただきました。見事、男子二部において優勝! おめでとうございます。選手として出場されたり、審判としてご協力いただいた先輩方、お疲れさまでした。また来年も、ご報告をお待ちしております。


12月9日(日)舞洲アリーナにおいて、関西学連剣友剣道大会が開催されました。中央大学剣友会関西支部は、下記のとおりの成績を収めましたので、ご報告致します。

●出場選手

・男子一部
Aチーム 市原真人(H17) 石塚一輝(H14) 今泉龍朗(H8) 大森政城(H2)
       夏目康弘(S55)
Bチーム 松井義樹(H17) 和泉崇(H7) 谷貢司(H2) 川口陽三(H 5)
       水ノ上成彰(S62)
Cチーム 林田賢二(H12) 内村稔(H2) 河村隆史(H8) 那須靖功 (H3)
       澤田隆治(H3)

・男子二部
Aチーム 木下俊一(S55) 鳥井弘行(S53) 太田進也(S53)
Bチーム 天野宏(S54) 宇治田善信(S54) 土田剛規(S53)

●審判
山本重樹(選任:S49) 九鬼温臣(選任:S49) 天野宏(兼任:S54)

●試合結果

男子一部
・Aチーム 4回戦惜敗 ベスト16
・Bチーム 3回戦惜敗
・Cチーム 2回戦惜敗

男子二部
・Aチーム 優勝 (初)
・Bチーム 2回戦惜敗

以上

平成19年度・第18回 学連剣友剣道大会

来る12月16日(日)に東京武道館において、今年度のOB戦が開催されます。
出場される先輩方のご健闘をお祈りし、また審判でご協力いただく先輩に、心より御礼申し上げます。

日時:平成19年12月16日(日) 開会式・午前9時30分、試合開始・午前10時
場所:東京武道館
     東京メトロ千代田線「綾瀬」駅東口下車徒歩5分
     地図はこちら
   
トーナメント表はこちら(Excelファイルがダウンロードされます)


<男子Ⅰ部>(龍王杯)
監督 津村耕作(中央大学剣道部長・昭和37年卒)

Aチ-ム
先鋒 野畑秀之(平成19年卒)
次鋒 中澤圭介(平成17年卒)
三鋒 上原祐二(平成16年卒)
中堅 東永幸浩(平成12年卒)
三将 小田口亨弘(平成 9年卒)
副将 辻村弘毅(昭和57年卒)
大将 西野隆(昭和56年卒)

Bチ-ム
先鋒 鈴木秀和(平成19年卒)
次鋒 岡寿憲(平成13年卒)
三鋒 楢崎喜清(平成13年卒)
中堅 山下忠典(平成 6年卒)
三将 大島朗央(昭和62年卒)
副将 松本良人(昭和58年卒)
大将 生地志朗(昭和52年卒)

<男子Ⅱ部>(鳳凰杯)
監督 古関実(中央大学剣友会会長・昭和30年卒)

Aチ-ム
先鋒 轟木利孝(昭和48年卒)
次鋒 小川忠彦(昭和44年卒)
中堅 坂ノ上正(昭和44年卒)
副将 平野猛(昭和41年卒)
大将 林信雄(昭和40年卒)

Bチ-ム
先鋒 佐々木了三(昭和48年卒)
次鋒 多田隈泰男(昭和48年卒)
中堅 小川宏明(昭和41年卒)
副将 黒田実(昭和41年卒)
大将 川野誠一郎(昭和38年卒)

<女子の部>(飛翔杯)
監督 津村耕作(中央大学剣道部長・昭和37年卒)

先鋒 越田翔子(平成19年卒)
次鋒 関口綾(平成18年卒)
中堅 井上愛理(平成18年卒)
副将 白旗香織(平成10年卒)
大将 北原絵里子(平成10年卒)

<専任審判員>
・鈴木勉(昭和53年卒)
・金田孝行(昭和61年卒)
・川口勝巳(昭和63年卒)

<大会実行役員>
・辻村弘毅(昭和57年卒)*学連理事
・江畑安友(昭和54年卒)*学連評議員

5月6日(日)関東学生剣道選手権大会

5月6日(日)、関東学生剣道選手権大会が日本武道館で開催され、
審判として下記8名の先輩方にご協力いただきました。

轟木先輩(48年)、鈴木勉先輩(53年)、辻村先輩(57年)、金田先輩(61年)
大島先輩(62年)、川口先輩(63年)、高井田先輩(H1年)、小田口先輩(H9年)

なお、北原監督より、結果報告をいただきましたのでご紹介します。

<結果報告>
優勝:田中(4年法政大学・桐蔭学園)
2位:升田(4年中央大学・新田高校)
3位:畠中(3年国士舘・和歌山東)
3位:亀田(1年国士舘・東海大四)

本学の選手達の結果は、以下の通りです。

◎山本健太(4年)・・・ベスト8
×河上幸樹(4年)・・・1回戦敗退
×橋本雄太(4年)・・・1回戦敗退
◎升田良 (4年)・・・準優勝
◎鈴木拓 (4年)・・・ベスト16
◎大亀健太(3年)・・・4回戦敗退
◎飯蓋深水(3年)・・・ベスト16
◎前田智博(1年)・・・4回戦敗退

全日本出場選手は、◎の6名です。

一般生の鈴木君、1年生の前田君は初めての公式戦でありましたが、
堂々とした試合運びで、応援の部員達を感動させる試合をしてくれ
たそうです。引き続き、7月の全日本選手権に期待します。

八段審査 速報

2007年5月2日(水)、京都で行われた八段審査で、
昭和58年卒の大河内鉄彦先輩が見事最年少で合格されました。 

おめでとうございます。